韓国オプショナルツアー予約 「コネスト」 「韓国伝統酒研究所「マッコリ体験プログラム」」の口コミ
KONEST

韓国伝統酒研究所「マッコリ体験プログラム」

共有
お気に入りに追加(76人) 印刷する
5.0/5.0 11

予約の申し込み・変更、空き状況に関する質問は掲示板上では受付できません。 予約の確認・変更は予約確認ページからお願いします。その他予約に関して不明な点はよくある質問をご覧ください。

11件のうち 1~11件を表示
伝統的マッコリは知ってるマッコリとは全く違うもの(返信:0) 投稿者:Makiko29さん 投稿日:2019.12.29

韓国にはたくさんの種類のマッコリが売っていますが、どのマッコリとも違うものでした。伝統的マッコリは日本軍によって奪われたそうですがそれを再現しようと日々努力していらっしゃる研究所の皆さんによって作られています。韓国の伝統文化にとても関心があるので勉強になりました。
今回は自分の作ったマッコリは飲むことができなかったので発酵が終わって熟成された時にまた行って味わってみたいと思います。お土産をくださるのですが日本への持ち帰りも問題ないそうです。(普通は飛行機に持ち込まない)
物腰が柔らかなやさしい先生で通訳の方も丁寧に伝えてくださってとても気持ちよく、楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。

利用日:2019.12.27
楽しいマッコリ作り体験(返信:0) 投稿者:大杉裕美さん 投稿日:2019.05.23

生マッコリが大好きで、どうやって作るのか興味が湧き、やはりマッコリ好きの娘と2人で参加させて頂きました。

可愛い先生と助手の方、通訳をして下さった知的な女性の方、そして東京からいらしていた快活な女性の方と一緒に、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。

作り方はシンプルながら、一回一回微妙に出来上がりの味は違うのが理解出来ました。
思い出に残る体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。

利用日:2019.05.17
質問
当日の予約でも大丈夫でしょうか?(返信:3) 投稿者:猫まんまさん 投稿日:2018.11.14 最新レス:コネスト予約センターさん(2018.11.16)

時間が空けば参加したいのですが、当日予約は無理でしょうか?

投稿者:コネスト予約センターさん投稿日:2018.11.14

​アンニョンハセヨ。コネスト予約センターです。

こちらの体験のお申し込みは催行日3日前までの予約受付となります。

ご参考下さいませ。

コネスト予約センター
tour@konest.com

投稿者:猫まんまさん投稿日:2018.11.16

お返事ありがとうございます。
18日16時の部で参加を希望なのですが、もう予約は無理でしょうか?

投稿者:コネスト予約センターさん投稿日:2018.11.16

​アンニョンハセヨ。コネスト予約センターです。

あいにく11月18日(日)ご参加でのご予約は
お手配が難しくなっております。何卒ご了承下さいませ。

コネスト予約センター
tour@konest.com

質問
一人での予約。(返信:1) 投稿者:M@uさん 投稿日:2017.09.28 最新レス:コネスト予約センターさん(2017.09.29)

一人旅です。
マッコリ作り 体験したいのですが
一人での 予約は ダメでしょうか?

投稿者:コネスト予約センターさん投稿日:2017.09.29

​アンニョンハセヨ。コネスト予約センターです。

こちらツアーは最少催行人員が2名となり、
お申し込みも2名様より可能となっております。
予めご了承くださいませ。

コネスト予約センター
tour@konest.com

もっと韓国酒が好きになりました!(返信:0) 投稿者:yuzumikaさん 投稿日:2016.03.28

3月18日から3日間、韓国に行ってきました。いつものことながら、旅の目的は「地元飯&酒を楽しむ」です。しかも今回の旅は、飲み友達夫婦2組も一緒ということもあり、以前から興味があった「マッコリ体験プログラム」に夫婦3組計6名で参加させていただきました。

建物の3階にあるお教室には、さまざまな素材で漬けた古酒の標本が並んでいたり、酒器やお酒をつくる道具などが飾られていたりと、目にするものすべてに興味が沸き、初めから先生を質問攻めに。

肝心のマッコリづくりは、こちらも本格的!というのも、韓国でもなかなか飲むことができない「ドンドンシュ」(浮蟻酒)というお酒をつくります。ぜひみなさんにも体験していただきたいので、手順等の説明は省略させていただきますが、材料もつくり方もいたってシンプル。素材同士が旨みを引き出し合って生まれたお酒は、ほんのり甘くてのど越しは少しとろみがあってクリーミー。

2時間ちょっとの時間でしたが、材料をつまみ食いしてみたり、ドンドンシュと先生お手製のお菓子をいただきながらおしゃべりしたり。お友達の家に遊びに来ている感覚で、すっごく楽しい時間を過ごすことができました。

お酒好きの6人がこんなにも満足できたのは、とっても明るくてチャーミングな先生とジェスチャーがかわいい日本人の通訳さんの人柄のおかげです。韓国の食(酒)文化に触れることができる貴重な体験でした。

素晴らしかったです(返信:0) 投稿者:LaPistaさん 投稿日:2015.05.18

 直前の予約でしたが、通訳の方もいてくださり、楽しく受講することができました。5人の韓国の方と私ども2人。ワキアイアイと、時には叫びながら(?)楽しく過ごすことができ、時間がたつのを忘れてしまうほどでした。

 つつじの季節です。韓国の方の生活とつつじが深く関係しているお話し、食べていいつつじとそうでないつつじのお話しなどの座学の後、作業開始です。今回は、マッコリを作る過程で、藤の花を入れました。季節ですからね、素敵です。

 マッコリ作成後、仕込んだ日などを記したラベルをマッコリが入った壺につけます。そして壺はシュラフに包まれて約3日温められ、その後冷たい場所で1~3カ月保存され、やっと飲むことができるようになるそうです。私たちが当日頂いたマッコリは約一ケ月前の体験の方が作成したもの。

 冷やされていた壺から、中身を出し、網でこしたものが濁酒。濾した後のカス(?)に再度水を入れて飲むのがマッコリです。なるほど~、それでアルコールの%が低いわけですね。

 マッコリの他に、白玉粉で餅せんべいをみんなで作りました。つつじを乗せて焼き、蜂蜜をかけていただきました。先生方が、チジミもご用意くださり、出来たての濁酒と餅せんべいとチジミで宴会です。それはそれはそれは楽しく、90分の予定がほぼ倍の時間になってしまったほどでした。

 マッコリを作るだけでなく文化や風習を知ることができ、交流させていただけましたこと、本当に感謝です。最後には1人1瓶(牛乳瓶くらいの大きさ)マッコリを土産として下さいました。楽しかったです。自分で作ったマッコリを飲みに再訪したい気持ちでいっぱいです。

面白くて、美味しくて、貴重な体験ができました♪(返信:0) 投稿者:kchockさん 投稿日:2014.09.23

2014.09.19 にマッコリ体験プログラムに参加してきました♪
これに参加するために日程を組んだので、ウェイティングの間はハラハラでしたが、参加できて本当に良かったです。

韓国語と日本語を自由に操るスウェーデンの車掌さん、酒の知識も飲むことも造形の深い東京から一人旅で来られた女性…と、一緒に参加された方も多彩な面々で、素敵な方々と知り合いになれたのも大きな収穫!

百聞は一見にしかず!
マッコリがどんな風に作られているのか、実際に体験して知ることで、ますますマッコリが身近になってきました。
もち米の蒸し具合、冷やし方、仕込み方、保存の仕方に濾し方、と、とても貴重な体験が出来ました。

''先人'' が醸した2カ月熟成の甕から濾したトンドン酒も、ビックリするくらいの美味しさ♪
その美味しさに、お代りお代りで、ついつい時間を忘れて長居してしまいました…
私たちの仕込んだ甕が、後の方に美味しく味わっていただけるものになれば、嬉しい限りです。

お土産に頂いたトンドン酒は Ziploc に入れて無事持ち帰りました。
開けるのが楽しみです♪

情報
今から ''わくわく'' しています。\(^o^)/(返信:0) 投稿者:kchockさん 投稿日:2014.09.06

今日、2014/9/19の予約しましたが、待ち遠しくて、体験前に投稿してしまいました。(^_^;)
韓国でマッコリの美味しさ楽しさに目覚めてからというもの、「日本でも美味しいマッコリが気軽に飲めるようになるようになるといいなぁ」という気持ちから、いろいろマッコリに関わるようになりました。イベントの企画に参加したり、検定試験の問題を作ったり、冊子を作ったりしていますが、まだ、自分でマッコリを作ったことがありません。
以前からこのプログラムに参加したくてウズウズしてたのですが、日程がなかなか合わず、今回ようやく予約ができました。最少遂行人数のバーを無事クリアすることを天に祈りながら、当日を楽しみに待っています。
無事参加できたら、感想をレポートしますね!(^_^)/

強いお酒が出来上がってました!(返信:2) 投稿者:smappieeさん 投稿日:2012.01.07 最新レス:smappieeさん(2012.01.19)

先月ひとりで参加させていただきましたが、人数ギリギリで開催すら危ぶまれたそうでしたが、参加できてよかったと思います。普段料理すらしない私がお手伝いした蒸し米ちゃんたちは無事おいしいお酒になってくれたのでし.ょうか?謎(笑)
今まで何気なく飲んでたマッコリでしたが、韓国の歴史とお酒の技術を勉強させていただいた意義深いひとときでした。
日本でお酒を作ってる所のイメージしかなかったのですが、こんなに手軽にマッコリが作れるとは思いませんでした!いやぁ~楽しかったぁ
♪~♪ d(⌒o⌒)b ♪~♪

投稿者:sool79さん投稿日:2012.01.09

smappieeさん

無事に帰りましたでしょうか。
あの日は、もう一人の参加者が合流できてよかったですね。
マッコリに関する情報もいっぱい持ってきまして、びっくりでした。
こんなにマッコリが人気があるとは。。^^
smappieeさんのドンドン酒はまだ熟成中であります。
寒い環境では熟成期間も長くなりますので、もっと時間がかかるんですね~

投稿者:smappieeさん投稿日:2012.01.19

美味しいお酒になってどなたかの所に行ったらいいなぁって思ってます!

自分のブログにも記事出しました。ツイッターやってるので、そこから探せるかな?と思います。アカウントはhappy_come_comeです。
ここんちはブログのURLとか出しちゃいけないので…

楽しかったです(返信:1) 投稿者:まっきぃーさん 投稿日:2011.12.30 最新レス:sool79さん(2012.01.06)

あまり降りたことがない地下鉄の駅にあったので不安が少しあったのですが、友達の家のマッコリ作りを手伝いに行った感じがしました。
他で作った経験がないので比べられないのですが、質問にも丁寧に答えていただき、試飲もさせていただきましたが、それもとてもおいしかったです。
自分たちが作ったものは発酵時間があるのですぐには飲めないですが、それを飲む方たちに「おいしい」と言ってもらえればいいなぁと思います。

投稿者:sool79さん投稿日:2012.01.06

まっきぃーさん、
女性のお二人でご訪問して頂いたこと
覚えています。昨年12月の最後の体験者でしたので。。
「壷山春 - ホサンチュン」と言う韓国銘酒が試飲できてラッキーでしたね。
こちらの研究所で美味しい韓国清酒が熟した時点で
ご訪問頂いたラッキーな体験者以外はなかなか試飲できないものですから。。^^
まっきぃーさんが作りましたドンドン酒は完全に熟成されてから
次の体験者が試飲できますが、きっと美味しいはずです。^^

勉強になりました!(返信:1) 投稿者:maronさん 投稿日:2011.10.03 最新レス:sool79さん(2012.01.06)

マッコリ(お酒)好きな母と参加させていただきました。
日本語で説明をしてくださり、母が途中途中、いろいろつっこんだ質問をするのに対し、ちゃんとやさしく返事をしてくださりとても好感がもてました。
試飲で飲んだマッコリがあまりにも新鮮でおいしく、他の売られているマッコリが飲めなくなってしまうかも・・・と思ってしまったほどです。
今回体験させていただいて、とても奥深いなと感じました。
今回の試飲は、私達より前に体験に来た方が作られたものでしたが、いつかは、自分が作ったものを実際に後日うかがって飲んでみたいですね。
お世話になりました。
ありがとうございました。

投稿者:sool79さん投稿日:2012.01.06

maronさん、

この間ご訪問して頂きありがとうございました。
こちらに何方か書き込みして下さるとは想像できませんでしたので
返信が大変遅れてしまい、申し訳ないです。m(_ _)m
お母様と一緒に参加して下さったのは初めてでしたので
今でも覚えています。
あの時、お母様がもって帰りました누룩で醸したドンドン酒は
成功したのか気になりますね。^^
maronさんが作ったドンドン酒は次の体験者の方が
美味しく飲みましたので、もし次回韓国にまたおいでに
なりましたら、こちらのマッコリ1杯を差し上げます。^^

掲載日
14.06.18
最終更新日
19.09.24
(更新履歴) 更新履歴を見る
・主催会社事情により、2019年10月以降の予約受付を一時中断しております。(2019.09.24)
・スケジュールが変更となりました。(2019.05.24)
・主催会社事情により2017年10月31日(火)までの間、予約受付を一時中断しております。2017年11月以降のスケジュールは未定です。(2017.10.12)

※掲載内容は、予告無く変更されている場合があります。掲載内容を保証するものではありませんのでご了承下さい。

このページは言語変更ができません。 このページは通貨変更ができません。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
COPYRIGHT ⓒ 2020 「KONEST INC.」 All rights reserved.