韓国旅行時もスマホでインターネットを使いたい!

ツアー情報を共有
お気に入りに追加(130人) 印刷する
eSIMとWi-Fiレンタルどっちが良い?目的別おすすめ商品をチェック
韓国旅行中も、目的地への行き方検索やSNS更新など、普段通りスマートフォンなどの携帯端末を使いたいですよね?しかし海外では、日本と同じように、という訳にはいきません。

韓国でインターネットに接続するには、いくつかの方法があります。韓国旅行前に、それぞれの特徴を知っておきましょう!
【PR】当日予約OK!コネストでeSIM購入
スマートフォンさえ対応していれば、端末にSIMファイルをダウンロードして(埋め込んで)使用する「eSIM」が便利です。比較的新しい機種のスマートフォンを持っているなら「eSIM」をチェック!
※クリックで移動
ソウルのフリーWi-Fi事情
フリーWi-Fi(公衆無線LAN)とは飲食店やホテル、公共交通機関などで多くの人が利用できるように用意されている無料のWi-Fiです。公共サービスの一環として、自治体が準備したり、ホテルや店舗がサービスとして提供しています。

ソウル市ではフリーWi-Fiスポットが年々拡充・整備され、外国人観光客にも利用できる場所が増加。明洞(ミョンドン)蚕室(チャムシル)弘大(ホンデ)など代表的な代表的な観光スポットに設置されています。
カフェなどで見かけるIDとパスワードの表示
カフェなどで見かけるIDとパスワードの表示
しかし、利用できるエリアが限定されているため、移動中には利用できないこともしばしば。また、多くの人が接続すると通信速度が遅くなったり接続が切れてしまう、というデメリットもあります。

さらに、パスワードの設定が必要、設定ページのポップアップウィンドウがで出てくるなど、韓国語でのコミュニケーションが発生する場合もあります。

●飲食店にWi-Fiがあるかどうか韓国語で聞こう
여기 와이파이 돼요?
ヨギ ワイパイ ドェヨ?
ここでWi-Fiが使えますか?


●Wi-Fiのパスワードが何か韓国語で聞こう
와이파이 비밀번호가 뭐예요?
ワイパイ ピミルボノガ ムォエヨ?
Wi-Fiのパスワードは何ですか?
韓国旅行にeSIMやWi-Fiレンタルは必要?
IT大国韓国ではWi-Fiスポットが日本より豊富で、より快適なインターネット環境を持っていますが、それでもeSIM・SIM・Wi-Fiレンタルは必要です!

韓国のホテルや公共施設、カフェなどでは、利用客なら施設のWi-Fiに無料で接続できますが、主要観光スポットを外れた屋外や地下鉄駅にはフリーWi-Fiが殆どありません。

まれに道端でWi-Fiが繋がることがありますが、韓国の通信会社(KT、LG、SK)の利用者でないと接続できない場合が多く、運よく接続できてもセキュリティ上の問題が発生する可能性があります。

韓国で快適にスマホを使いたいなら、eSIM・SIMやWi-Fiルーターを必ず準備しましょう。
あなたの旅プランに合った接続方法はこちら!
インターネットに接続する方法は、主に4つ。どのタイプも一長一短あるため、韓国旅行中に自身が「どんな状況で」ネットを利用する予定であるか見極めましょう。

それぞれの旅行プランに適した接続方法は以下の通り。

●旅行中は最低限の荷物で移動したい
●韓国でも通話・SMS機能を使用したい
●飲食店予約などで韓国の電話番号が欲しい
→eSIM対応機種ならeSIM購入(通話可能)がおすすめ
→eSIM非対応機種ならSIMカード購入(通話可能)


●通信費は安く済ませたい
●複数人でのグループ旅行である
●パソコン等別の電子機器もネットにつなげたい
Wi-Fiルーターレンタルがおすすめ

●旅行中日本へも頻繁に電話をかける
●韓国でも日本の電話番号で通話・SMS機能を使いたい
海外パケットプラン(通話可能)がおすすめ
4つのネット接続方法 比較表
                                                                                                                                                        
eSIM SIMWi-Fi
レンタル
国際ローミング
料金
コネスト予約特価
1日670円~

コネスト予約特価
1日6,600ウォン~

コネスト予約特価
1日3,300ウォン~
×
1日1,980円~
受け渡し
スマホでダウンロード

要受け取り、返却不要
×
要貸出・返却

なし
スマホ設定
SIMの変更設定

設定+SIMの出し入れ

Wi‐Fi設定

オプション変更設定
荷物の少なさ
SIMとピン要保管
×
ルーターとバッテリー携帯
通話発信プラン有無 ××
010から始まる韓国の電話番号
一部プランで可

一部プランで可
××
日本の番号で繋がる
デュアルSIMなら
×
別途料金

別途料金
グループ使用
テザリング可

テザリング可

テザリング可
※内容は人気商品基準
eSIM:SKテレコムeSIM(通話受信のみ可能プラン)
SIM:KT プリペイドSIM
Wi-Fiレンタル:KT Wi-Fiルーターレンタル
国際ローミング:日本の大手キャリア

※データ無制限での比較(速度制限は商品により異なる)
※記号(◎〇△×)は目安で、感じ方には個人差あり
接続の前に!高額請求の回避も忘れずに
海外パケットプラン以外の方法で韓国でインターネットを接続する場合は、日本のデータローミング設定をオフにしておく必要があります。オンにしたままの状態で使ってしまうと、予想外の通話料金や通信料金が請求されてしまうためです。

それぞれのインターネット利用方法に合わせたスマホ設定方法を確認し、高額請求のリスクを回避しましょう。
身軽に旅行したいなら「SIMカード」を購入
出し入れが多少煩わしいSIMカード
出し入れが多少煩わしいSIMカード
海外現地のキャリア(通信会社)に対応したSIMカードを、自分のスマホに差し込むことで韓国の通信環境を利用できるというもの。

購入した期間やデータ量の限度の範囲内で利用でき、1度で使い切りのプリペイド式が人気です。データ通信だけでなく、音声通話の受信が可能。一部有料で音声通話の発信が可能なタイプもあります。

Wi-Fiルーターを持ち歩くこともなく、充電の心配もなく、空港での返却も不要というメリットがあります。

注意点としては、カントリーロック(SIMロック)をあらかじめ解除しておくこと。出発前に日本の通信会社に確認、解除の依頼が必要です。
機種さえ対応していれば「eSIM」がおすすめ
eSIMならカードの出し入れがないので楽ちん
eSIMならカードの出し入れがないので楽ちん
日本では2018年に端末にSIMが埋め込まれたタイプのスマホが販売されて以来、カードを挿し込む必要のない「eSIM」の需要が高まっています。

eSIMとはSIM実物が存在せず、端末にSIMファイルをダウンロードして(埋め込んで)使用するSIMのことで、従来のSIMカードのようにカードを端末に挿入・取り出す必要がありません。端末内のSIM情報をダウンロードすれば良いため、端末破損やSIM紛失の心配が要りません。

SIMカードと同様データ通信が出来るほか、通話の受信も無料でできます。コネストで販売しているSKテレコムeSIMは通話の発信も可能です。
価格重視なら従来から人気の「Wi-Fiレンタル」
小型化しているが意外に重量を感じることも
小型化しているが意外に重量を感じることも
Wi-Fiルーターのレンタルは、接続方法がシンプルで安価な点が人気。ルーター1台で複数の端末から接続できるので、グループ旅行などでも活躍します。また、パソコン等他の電子機器にもつなげることができるので、パソコンでインターネットを利用する際にも便利です。

ただ、ルーターに加えて予備バッテリーまで荷物に入れなくてはいけないのがデメリット。身軽に旅行を楽しみたい人には向いていません。

また返却の必要があるため、受取・返却時間や場所をチェックすることを忘れずに。紛失の際にはペナルティを支払わなければならないこともあるので注意が必要です。
設定や手続きが面倒なら「携帯電話会社の海外パケットプラン」
定額制だが条件の確認は必要
定額制だが条件の確認は必要
日本で契約している会社(キャリア)の電波が届かない場所(日本国外)へ行った時、各キャリアが提携している現地の携帯会社の電波受信を可能にして通信できるようにする機能のことを「国際ローミング」と言います。

何も設定せずに海外で国内と同様にスマホを利用すると、予想外の通話料金や通信料金が請求されてしまう可能性があります。

自身のスマホをそのまま海外で利用するためには、通信各社が提供している海外パケットプランを利用しましょう。普通、上限額が設定されているので安心して利用できます。面倒な設定や手続きが不要というメリットがありますが、割高な傾向にあります。
このテーマに合うおすすめ韓国ツアー10
掲載日
24.04.23

※掲載内容は、予告無く変更されている場合があります。掲載内容を保証するものではありませんのでご了承下さい。

関連記事