韓国時代劇ロケ地とおすすめツアー

ツアー情報を共有
お気に入りに追加(13人) 印刷する
韓国ドラマの中でも、特に韓国時代劇が好き、という方が多くおられます。
韓国時代劇の魅力のひとつは、美男美女の恋愛ロマンス、権謀術数が飛び交う政治、愛憎渦巻く宮廷、胸をすくアクションなど、壮大なドラマが美しい背景や衣装と共に繰り広げられることではないでしょうか。

時代劇の撮影は、セット場だけでなく、現存する文化財、時には世界遺産でも数多く行なわれています。

韓国旅行でぜひ、訪れてみたい韓国時代劇ゆかりの地と現地ツアーをご紹介しましょう。
韓国時代劇でお馴染みの王宮と言えばココ!
韓国時代劇の舞台となることが多いのが、500年の歴史を持つ朝鮮時代(1392~1910年)です。
宮廷女官チャングムの誓い」「イ・サン」「同伊(トンイ)」「馬医」「オクニョ 運命の女(獄中花)」など、お馴染みのドラマはすべて朝鮮時代の設定です。

王の執務の場であり、住まいでもあった王宮。ソウル市内には5つの王宮(五大宮)があり、韓国時代劇の撮影で実際に使用された王宮もあります。
景福宮
多くの観光客が集まる「景福宮(キョンボックン)」で門をくぐると目に飛び込んでくるのが、ドラマでもしばしば登場する勤政殿(クンジョンジョン、国宝)。「日月五峰図」を背にした玉座は必見です。

時代劇ファンなら、細部にもこだわりたいところなので、日本語無料ガイド、デジタルガイド機器レンタルなどを利用すると、さらに楽しめるでしょう。
再現行事の様子
再現行事の様子
王宮守門将交代儀式は毎日開催
王宮守門将交代儀式は毎日開催
勤政殿の玉座
勤政殿の玉座
昌徳宮
世界遺産昌徳宮(チャンドックン)」。ソウルで必ず訪れたい人気観光スポットであると同時に、多くの時代劇の撮影地でもあります。

「秘苑(ピウォン)」と呼ばれる美しい庭園は、朝鮮時代にタイムスリップしたよう。王が散策するシーンなどがお馴染みで、時代劇ファンなら一度は見たことがあるでしょう。

日本の梨本宮家から嫁いだ李方子妃が暮らした楽善斎(ナッソンジェ)も昌徳宮内にあり、日本でドラマ化(「虹を架ける王妃 ~朝鮮王朝最後の皇太子と方子妃の物語~」)もされました。
ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」はじめ、韓国時代劇頻出の芙蓉池(プヨンジ)
ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」はじめ、韓国時代劇頻出の芙蓉池(プヨンジ)
パク・ボゴム主演「雲が描いた月明かり」のモデル、 孝明世子(ヒョンミョンセジャ)が生まれた大造殿(テジョジョン)
パク・ボゴム主演「雲が描いた月明かり」のモデル、 孝明世子(ヒョンミョンセジャ)が生まれた大造殿(テジョジョン)
李方子妃が晩年を過ごした楽善斎(ナッソンジェ)
李方子妃が晩年を過ごした楽善斎(ナッソンジェ)
徳寿宮
徳寿宮(トクスグン)」は観光地としての人気は「景福宮」「昌徳宮」には及びませんが、時代劇ファンなら、ぜひ訪れたいところ。

ドラマやミュージカルとなった「明成皇后(ミョンソンファンフ)」、イ・ビョンホン主演ドラマ「ミスター・サンシャイン」、ソン・イェジン主演映画「ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女」(韓国語タイトル「徳恵翁主(トッケオンジュ)」)などで描かれた、 近代の幕開けと共に時代に巻き込まれていく朝鮮王朝の歴史をつぶさに感じることができます。

なかでも石造殿(ソッチョジョン)がおすすめ。朝鮮末期に王が住んでいた西洋式の宮殿で観覧は予約制。ただし、外国人は当日受付が可能なので、ちょっと入りづらい構えですが、勇気を出して扉を開けるとすぐ受付があります。
石造殿(ソッチョジョン)は2014年10月に復元工事が完成し、一般公開されることに。
石造殿(ソッチョジョン)は2014年10月に復元工事が完成し、一般公開されることに。
国宝ザクザク!歴オタ垂涎!必ず行きたい博物館
歴史好きを裏切らない充実のおすすめ博物館は「国立中央博物館」と「国立古宮博物館」。館内には日本語の簡単な解説があり、観覧だけでも楽しいですが、どちらも日本語案内(時間制や予約制)や無料アプリ、オーディオガイドなどがありますので、あわせて利用するとより理解が深まるでしょう。
国立中央博物館
「国立中央博物館」は旧石器時代から朝鮮王朝時代までを網羅。韓国時代劇に全対応です。巨大博物館には膨大な展示品があるため、テーマを決めての訪問がおすすめ。

朱蒙(チュモン)」「薯童謡(ソドンヨ)」「善徳女王(ソンドッヨワン)」なら1階古代・先史館へ。「風の絵師」なら2階書画館へ。「火の女神ジョンイ」なら3階彫刻・工芸館へ。「根の深い木」をはじめ世宗(セジョン)大王なら1階中世・近世館へ、などなど。
常設展示の見学だけなら、なんと入場無料!
常設展示の見学だけなら、なんと入場無料!
国立古宮博物館
「景福宮」に隣接する「国立古宮博物館」。王室の美術品や衣装、絵画、家具などの遺物や関連資料が展示されており、時代劇ファンならテンションがアップすること間違いなしです。

「国立中央博物館」が幅広い時代を網羅しているのに対し、「国立古宮博物館」は朝鮮時代の王室にクローズアップ。王室の暮らしをはじめ、王室が重要な役割を担った天文学や科学、祭礼、宮中音楽などをテーマごとに知ることができます。
※現在、 国立古宮博物館に立ち寄るツアーはありません
王室文化を学べる古宮博物館
王室文化を学べる古宮博物館
韓国時代劇ソウル近郊ロケ地BIG4
ソウル近郊には韓国時代劇のロケ地として欠かせない遺跡や施設が点在しています。ソウルから車で1時間程度のため、現地ツアーを利用するのが便利でしょう。

また、最大の魅力は運がよければ実際の撮影が見られること。いつ、どんな撮影が行なわれるかは事前にわかりませんが、目撃情報の口コミは多数なので頻度は高いと言えるでしょう。
華城行宮
世界遺産「水原華城(スウォンファソン)」のすぐ横にある「華城行宮(ファソンヘングン)」は時代劇ファンには見逃せません。「宮廷女官チャングムの誓い」「イ・サン」「雲が描いた月明かり」をはじめ、多くの人気作品が撮影されました。

現在の姿は復元されたもので、1996年から始まった復元工事を経て、2003年から一般に公開されました。撮影地として多く利用されていることもあり、施設内には様々な説明パネルがあるのも嬉しいところ。
撮影されたドラマを紹介するパネルの展示がファンには嬉しい
撮影されたドラマを紹介するパネルの展示がファンには嬉しい
水原華城
世界遺産「水原華城」も「師任堂、色の日記」「猟奇的な彼女」など人気時代劇の撮影地。存在感のある威風堂々とした石造りの城郭は水原市内をぐるりと取り巻き、現代生活と調和している様が美しく、時代劇ファンでなくとも楽しめる景観です。

旅の同行者が韓ドラファンでない場合は、水原華城を含むコース設定にすれば問題なし!

また、水原市は大ヒット韓国映画「極限職業(クッカンチゴッ)」のゆかりの地でもあり、イ・ジュンギはじめイケメン総出演の「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」のロケ地「孝園公園・粤華苑」もあります。
水原のシンボル、華城の八達門(パルタルムン)
水原のシンボル、華城の八達門(パルタルムン)
韓国民俗村
韓国民俗村」は「宮廷女官チャングムの誓い」から「太陽を抱く月」「星から来たあなた」まで、韓国時代劇だけでなく数々の有名な韓国ドラマ・韓国映画の撮影地として知られています。

民俗村内には撮影場所が詳しく表示されており、最新の撮影ドラマの内容が中心に紹介されるよう、定期的に変更されています。

広大な敷地に展示されている韓国の伝統家屋(韓屋、ハノッ)や伝統芸能の公演は見応えがあり、時代劇ファンでなくても楽しめるテーマパークです。
等身大パネルが立つフォトゾーンは記念撮影にもピッタリ
等身大パネルが立つフォトゾーンは記念撮影にもピッタリ
龍仁大長今パーク
ヒット時代劇を生み出してきた韓国の放送局MBCのドラマセット場。時代劇ファンなら一度は訪れたい場所です。ドラミアの愛称で長らく親しまれていましたが、セット場と同時に見学できるテーマパークとして2015年にリニューアルオープンし、一般公開されました。

朝鮮時代以前の新羅や高麗などの時代にも対応しており、「朱蒙」「善徳女王」「武神(ムシン)」「奇皇后(キファンフ)」などの人気作品が撮影されました。現在もドラマ撮影が行なわれており、「100日の朗君様」などは記憶に新しいところです。
ドラマファンなら興奮せずにはいられないアノ場所、コノ場所がいっぱい
ドラマファンなら興奮せずにはいられないアノ場所、コノ場所がいっぱい
時代劇ゆかりの歴史都市は、韓国の世界遺産!
【慶州】最高視聴率43.5%を記録した名作「善徳女王」の舞台
韓国の南東部、慶尚北道(キョンサンプット)に位置する慶州(キョンジュ)は新羅(シルラ)王朝の都があった都市です。数多くの歴史遺産が現存し、慶州市内5エリアが「慶州歴史遺跡地区」として、2000年にユネスコ世界遺産に登録されました。

「善徳女王」の撮影地でもあった「新羅ミレニアムパーク」は残念ながら現在休業中ですが、慶州ではドラマの名場面を起こさせてくれる遺跡や風景に出会えます。ちなみにアイドル総出演で話題になった「花郎(ファラン)」の舞台も新羅・慶州です。
韓国歴史上初の女王・善徳女王を主人公とした大ヒット時代劇ドラマ
韓国歴史上初の女王・善徳女王を主人公とした大ヒット時代劇ドラマ
善徳女王の時代に作られたとされる東洋最古の天文台 「瞻星台(チョムソンデ)」は国宝
善徳女王の時代に作られたとされる東洋最古の天文台 「瞻星台(チョムソンデ)」は国宝
【扶余・公州】韓国ドラマ史上初!百済を舞台に描いた「薯童謡」の世界へ
新羅と共に三国時代の一角をなした百済(ペクチェ)の都は、現在の忠清南道(チュンチョンナムド)公州(コンジュ)扶余(プヨ)にありました。これに全羅北道(チョルラプット)益山(イッサン)が加えた3エリアが2015年に「百済歴史遺跡地区」として世界遺産に登録されました。

ドラマの撮影地としてもしばしば登場する「扶余 宮南池(クンナムジ)」をはじめ、扶余や公州は歴史ドラマの世界に浸れる美しい地方都市です。
韓国版ロミオとジュリエットとして有名な歴史ロマン大作
韓国版ロミオとジュリエットとして有名な歴史ロマン大作
薯童と善花(ソンファ)姫の愛のスポット「扶余 宮南池(クンナムジ)」
薯童と善花(ソンファ)姫の愛のスポット「扶余 宮南池(クンナムジ)」
韓国地方の撮影地
広寒楼苑
ユ・アインキム・テヒ主演の「張玉貞 愛に生きる」、イ・ビョンホン主演の映画「光海 王になった男」などをはじめ、数多くの作品の撮影地です。 朝鮮時代の古典の名作「春香伝(チュニャンジョン)」の舞台でもあります。
仙岩寺
ハ・ジウォン主演のMBCドラマ「チェオクの剣」のロケ地。2018年に世界遺産に指定された山寺、韓国の山地僧院の一つ。
済州民俗村
韓国ドラマ・韓国映画の撮影ロケが数多く行なわれましたが、済州島(チェジュド)が背景の時代劇と言えば、やはり「宮廷女官チャングムの誓い」。
掲載日
19.10.17

※掲載内容は、予告無く変更されている場合があります。掲載内容を保証するものではありませんのでご了承下さい。