「済州島・チャングムの誓い」ツアー 体験レポート

ツアー情報を共有
お気に入りに追加(4人) 印刷する
チャングムの誓い・済州島の名シーンロケ地を巡ろう!
「オナラ オナラ アジュオナ~♪」と聞けば、ピンと来る方も多いはず!日本でも放送され、大人気を呼んだ韓国ドラマチャングムの誓い。朝鮮王朝時代を舞台に、実在の医女チャングムのサクセスストーリーを描いた、韓国の時代劇です。
チャングムの誓いのロケ地と言えば、ソウルの北側に位置する「チャングムの誓いテーマパーク ※閉鎖」が有名ですが、チャングムの幼少時代や、女官時代に島流しにされて医術を学ぶシーンなどは、済州島で撮影されたんですよ。
今回は、コネスト記者Yが、チャングムの誓いの数々の名シーンを生み出したロケ地を巡りながら、大自然を誇る済州島の美しさを満喫できる済州島・チャングムの誓いツアーに参加し、ツアーの魅力をレポートします!


ウェドルゲ
まず最初は、西帰浦(ソギポ)市海岸の沖合に浮かぶ「ウェドルゲ」。ウェドルゲは、周囲約10m、高さ20mの奇岩で、済州島でも指折の海岸絶景スポットなんです。周りにいくつかの島が浮かび、青い海との美しい調和が、観光客をうならせるほど。ここでは、謀反の罪を着せられ済州島に島流しされるチャングムが、 病に倒れた韓尚宮(ハンサングン:ヤン・ミギョン)をおぶって歩く涙のシーンや、韓尚宮を葬った後のチャングムの悲しく切ない後姿など、感動シーンの舞台となっている所なんですよ。

済州民俗村
続いては、1890年代の伝統家屋100棟以上をそのまま保存した済州民俗村。チャングムの誓いの済州ロケのほとんどが、ここ「済州民俗村」で行われたんですよ。こちらの家屋は、実際に済州道民が暮らしていた家を柱から石1つまでそのまま持ってきたもので、ほぼ完璧な状態に復元しています。館内では、サムルノリやタルチュムノリなどの民俗公演も定期的に行われいて、昔の伝統遊びも鑑賞できますよ。

成邑(ソンウッ)民俗村
次に訪れたのが、済州島の昔の民家の特徴をそのまま保っている、主要文化財第188号の「成邑(ソンウッ)民俗村」です。ここでは、実際に成邑民俗村に住んでいるガイドさんが、日本語で丁寧に説明してくれました。成邑民俗村は、かやぶき屋根に石塀や土塀の家が3、000軒余りあり、1500人ほどの人たちが実際に住んでいます。また、成邑民俗村は黒い五味子(オミジャ)茶が特産物。チャングム役のイ・ヨンエさんが、疲れたときに黒い五味子茶を飲んだと言うことで、話題になったそう。

済州島・郷土料理の昼食
気分はすっかりチャングムになりきってきた記者Yですが、腹が減っては戦はできぬということで、ここで昼食タ~イム。成邑民俗村のすぐ隣にある「クェンダンネ食堂(※移転)」で、済州島特産物の黒豚のプルコギ、よもぎのチヂミ、よもぎとじゃがいものうどんなど、済州島の郷土料理を味わうことができます。クェンダンネ食堂は、数え切れないほどテレビで紹介されている超有名店なんですよ。
※写真は移転前の「クェンダンネ食堂」です。現在は成邑民俗村の中にある食堂にて昼食になります。なおメニューに変更はありません。

陣地(チンジ)洞窟
続いては、チャングムの誓いの最終話の撮影が行われた陣地洞窟へ。チャングムとミン・ジョンホ(チ・ジニ)が妊婦を発見し、チャングムが帝王切開を施して赤ん坊と母親の命を救うシーンが、ここで撮影されました。また、チャングムがチャンドクに練習で鍼を打ち、失敗して危うく師匠のチャンドクを死なせてしまいそうになり、罰として閉じ込められていた洞窟もここなんです。洞窟は、全部で6つあるのですが、撮影が行われたのは、右から4番目の洞窟。岩や石で危ないので、足元に気をつけてくださいね。

松岳山(ソンアッサン)
こちらは、陣地洞窟から車で少し登ったところにあり、99つの峰があると言われています。天気がよければ、韓国最南端の島・馬羅島(マラド)が見え、海に浮かぶふたつの島・兄弟島も見えますよ。また陸側に眼を移せば、山房山(サンバンサン)が島のようにこんもりと見えます。ただし、15人以上乗りの車両は、道が狭く急なため松岳山まで登ることができないので、ご注意を。
トッケビ道路(神秘の道路)
このツアーの最後に訪れたのが、済州島市内にある「トッケビ道路(神秘の道路)」。見た目は上り坂なのに、ペットボトルを置いたり、車を停めたりすると、スルスルと上がっていくという不思議な坂なんです。実は、人間の目の錯覚によるもので、道路の脇に生えている木々などの周りの風景のせいで、錯視(視覚的勘違い)を引き起こすという、秘密があったんですよ。道路の脇にある売店に、ペットボトルや自転車が置いてあるので、転がしたり、乗ったりして自由に試してみてくださいね。
※済州市内にご宿泊のお客様のみご案内します。中文・西帰浦地区にご宿泊のお客様は立ち寄りません。
チャングム気分を満喫しながら済州島の魅力を堪能しよう
この「済州島・チャングムの誓いツアー」は、運転手兼ガイドさんがロケ地にまつわるエピソードなど、詳しく丁寧に教えてくれるので、楽しくツアーに参加することができました。大自然を誇る済州島で行なわれた「チャングムの誓い」の撮影地を巡りながら、改めて「チャングムの誓い」のスケールが大きいドラマであったことを再確認した記者Y。ソウルに戻って、もう一度「チャングムの誓い」を見直し、チャングムワールドに浸ろうと心に誓ったのでした。
チャングム気分を満喫しながら、済州島の自然の魅力や文化スポットなど同時に観光できる一石二鳥のツアー。あなたも「チャングムの誓い」の世界に浸りながら、済州島を充分に堪能してくださいね。
※コースの順序は、変動される場合もあります。
掲載日
07.08.14

※掲載内容は、予告無く変更されている場合があります。掲載内容を保証するものではありませんのでご了承下さい。