ついにビザなしで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国の交通

韓国の鉄道の種類

한국철도종류
19
韓国高速鉄道 KTX
2004年4月にソウルと釜山(プサン)を約2時間半で結ぶ「京釜線(キョンブソン)」と、木浦(モッポ)方面を結ぶ「湖南線(ホナムソン)」で運行を開始した韓国の高速鉄道「KTX(ケーティーエックス)」。「Korea Train Express」の略称です。

その後、麗水(ヨス)方面を結ぶ「全羅線(チョルラソン)」。晋州(チンジュ)方面を結ぶ「慶全線(キョンジョンソン)」と路線数が少しずつ拡大。2018年に開催された「平昌(ピョンチャン)オリンピック」に関連して江陵(カンヌン)方面を結ぶ「江陵線(カンヌンソン)」が。2021年には安東(アンドン)方面を結ぶ「中央線(チュンアンソン)」が開業し、利便性がますます高まっています。

「KTX」には車両が複数あるのでチェックしてみましょう。
KTX-I
KTX-I
KTX-I
「初代KTX」とも呼ばれる韓国で初めて導入された高速列車の車両です。最高時速は300㎞を超え、それまでソウル~釜山間が4時間以上かかっていましたが、KTXの導入により2時間台で移動できるようになりました。

車両は、フランスの高速鉄道TGVの技術提供を受けたもので、頻繁に列車の方向が変わるヨーロッパの列車をそのまま導入したため、「一般室」は車両の中央を境にして、進行方向座席とその逆方向座席に分かれています。

「特室」は1列に1席-2席の3席が並び、一般室と比べ座席間隔もゆったり。車両の種類に関わらず座席を回転することができます。
一般室
一般室
特室
特室
KTX-山川(サンチョン)
KTX-山川(サンチョン)
KTX-山川(サンチョン)
2010年3月に運行開始した「KTX-山川(サンチョン)」。「KTX-Ⅰ」に比べ座席面では座席間の間隔がやや広くなり、逆方向座席を無くし全座席が進行方向を向き、さらに回転可能な形態に改良されるなど、より快適に車両となり、現在のKTXの主力車両となっています。
座席間隔がやや広くなった一般室
座席間隔がやや広くなった一般室
入口
入口
KTX-イウム(EUM)
KTX-イウム(EUM)
KTX-イウム(EUM)
2021年、原州(ウォンジュ)や安東(アンドン)を結ぶ中央線の専用車両として導入され、中央線および江陵線の2路線に導入されています(2021年8月時点)。

従来の「特室」よりも安価でモニターがついた「優等室」が設けられているのも特徴です。
一般室
一般室
優等室
優等室
韓国高速鉄道 SRT
SRT
SRT
2016年12月に開通した「SRT」。株式会社SRが運営する高速鉄道で「Super Rapid Train」の略称です。

ソウルの江南(カンナム)エリアにある水西(スソ)駅と、大邱(テグ)、釜山など韓国主要都市を結び、KTXの京釜線と湖南線と同じ高速線を利用して走ります。

KTXより運賃が安く、ソウルから釜山・木浦(モッポ)方面への鉄道運行本数も40%前後増加し、より高速鉄道が利用しやすくなりました。
座席
座席
入口
入口
特急・急行列車
ITX-セマウル号
ITX-セマウル号
ITX-セマウル号
2018年に旧・セマウル号が廃止され、そのアップグレードバージョンの在来線特急列車が「ITX-セマウル号」です。最高運行速度150km。LEDの車内照明やLCDモニターの案内版、バリアフリー設備などは新型列車ならでは。
座席
座席
バリアフリー設備
バリアフリー設備
ムグンファ号
ムグンファ号
ムグンファ号
優等列車(日本の急行列車に近い長距離鈍行列車)で、セマウル号を補完する役割を持っています。ほぼ全路線を網羅しており、時間はかかりますが料金は一番安いので、のんびり旅行したい人にはおすすめ。

1977年から運用されている客車は老朽化が目立ちはじめ、今後「ヌリロ号」へ移行する予定です。
ヌリロ号
ヌリロ号
ヌリロ号
古くなった「ムグンファ号」を代替する目的で、2009年に導入された急行列車「ヌリロ号」。日本の日立製作所が製作受注した車両で、「ヌリ」とは「世界」という意味の韓国語で「世界へ」という意味の列車名です。

ソウル~水原(スウォン)天安(チョナン)~新昌(シンチャン)間をはじめ、全国各地の一部路線で導入されています。
座席
座席
車椅子席
車椅子席
ITX-青春(チョンチュン)
ITX-青春
ITX-青春
2012年2月に運行開始した韓国初の2階建て急行列車「ITX-青春(チョンチュン)」。ソウルと、江原道(カンウォンド)春川(チュンチョン)を約1時間で結びます。

春川旅行や、南怡島(ナミソム)旅行の際に乗車してみたい列車です。

※大田発着のITX-青春(京釜線)は2018年3月に運行廃止になりました。
4~5号車が2階建て車両
4~5号車が2階建て車両
2階席
2階席
観光列車
観光列車は、乗ること自体が旅行の目的になるような列車です。美しい景色を走ったり、有名な観光地を訪れたり、車内でユニークなイベントに参加するなどさまざまな楽しみ方があります。
平和列車 DMZトレイン
DMZトレイン
DMZトレイン
KORAILの「DMZトレイン」は、坡州(パジュ)方面の「京義線(キョンイソン)」と、江原道・鉄原(チョロン)方面の「京元線(キョンウォンソン)」に朝と夕方の往復で走る観光列車です。

「京義線」終着駅の「都羅山(トラサン)駅」は、本来一般鉄道では行くことができません。

「京元線」終着駅の「白馬高地(ペンマコジ)駅」は、京畿道・東豆川(トンドゥチョン)との近距離通勤列車が1日往復数本走っているのみで、こちらもソウル直行の一般鉄道は走っていません。
機関車のデザインが目を引きます
機関車のデザインが目を引きます
大きい車窓が特徴
大きい車窓が特徴
車内でDMZグッズも販売
車内でDMZグッズも販売
各路線のDMZトレイン往復券を購入・乗車すれば、これらの駅に行くことができ、列車到着時刻に合わせて各終着駅で連携されているKORAIL運営の「安保観光ツアー」(有料、各駅にて現地申請、韓国語、要パスポート)にも参加可能です。

※「都羅山駅」の場合は、坡州市が運営する「臨津閣国民観光地」発着の「安保観光ツアー」、「白馬高地駅」の場合は鉄原郡が運営する「白馬高地駅」発着の「安保観光ツアー」もあり、KORAIL運営の「安保観光ツアー」とは内容が異なります。
海列車(パダヨルチャ)
海列車
海列車
韓国の東海岸沿いを走る観光列車。江原道(カンウォンド)・江陵(カンヌン)駅から、東洋最大の洞窟がある街・三陟海岸(サムチョクヘアン)駅までの約40kmを、片道約1時間15分で結びます。
絶景の海を一望
絶景の海を一望
マリンテイストの客室
マリンテイストの客室
その他
韓国を代表する観光地を、1泊2日または2泊3日の日程で周遊する車内宿泊つきクルーズ観光列車「ヘラン」、「東海(トンヘ)サンタ列車」、「西海(ソヘ)クムピッ列車(West Gold-Train)」、「白頭大幹(ペットゥデガン)渓谷列車(V-Train)」、「南道(ナムド)海洋列車(S-Train)」、「旌善(チョンソン)アリラン列車(A-Train)」などがあり、国内の観光客に人気です。
地下鉄・広域電鉄
ソウルや釜山(プサン)などの大都市圏には地下鉄網が発達し、2都市以上を連結する広域電鉄になっています。「T-moneyカード」などの交通カードで気軽に乗車でき、地元住民はもちろん、日本からの観光客にも良く利用されています。
地下鉄
ソウル、釜山、大邱(テグ)大田(テジョン)光州(クァンジュ)の5都市と、隣接する衛星都市に地下鉄・広域電鉄があります。
空港鉄道A'REX(エーレックス)
仁川(インチョン)国際空港金浦(キンポ)国際空港ソウル駅を結ぶ鉄道。リムジンバスと並び、ソウルの代表的な空港アクセス手段です。

各駅停車の一般列車は、金浦国際空港、デジタルメディアシティ(DMC)弘大(ホンデ)孔徳(コンドッ)といった人気エリアに停車します。直通列車は、仁川国際空港とソウル駅をノンストップでつなぎます。

韓国旅行おトク情報

この情報を共有

  最終更新日:21.08.17

更新履歴を見る

※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
設定