検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
韓国の交通

ソウルの市内バス

ポス / 버스
547
ソウル中に張り巡らされたバス網は、旅行者など初心者が乗りこなすには難しいもの。でも種類も路線も豊富なバスなら、地下鉄ではカバーできない場所へも簡単に行けてしまいます。
※空港から市内へのアクセスは、空港バスのページを参照ください。

バスの種類
ブルーバス(青)

ソウル市内の中でも長距離を走る幹線バス
ブルーバス(青)
ソウル市内の中でも長距離を走る幹線バス
グリーンバス(緑)

幹線バスや地下鉄との連結、乗換えをより便利にし、地域と地域を結ぶ支線バス。
グリーンバス(緑)
幹線バスや地下鉄との連結、乗換えをより便利にし、地域と地域を結ぶ支線バス。
マウルバス(緑)

支線バスの中でも走行距離が短く、低料金制のマウルバス。
マウルバス(緑)
支線バスの中でも走行距離が短く、低料金制のマウルバス。
イエローバス(黄)

ソウルの都心・副都心を循環するバス。
イエローバス(黄)
ソウルの都心・副都心を循環するバス。
レッドバス(赤)

首都圏とソウル都心部を急行で結ぶ広域バス。独立料金体系をとる。
レッドバス(赤)
首都圏とソウル都心部を急行で結ぶ広域バス。独立料金体系をとる。

料金体系
基本料金(10km以内)、単位:ウォン
バスの種類 交通カード「T-money」 現金
一般 一般 青少年 子ども
ブルー(幹線)・グリーン(支線)バス 1,200 1,300 1,000 450
イエロー(循環)バス 1,100 1,200 800 350
レッド(広域)バス 2,300 2,650 1,800 1,200
マウル(近距離)バス 900 1,000 550 300
※一般は満19歳以上、青少年は満13~18歳、子どもは満6~12歳(満6歳未満の乳幼児は、乗客1人が同伴すれば3人まで無料乗車可能)
※2016年12月31日料金改定
実際にバスに乗ってみよう!
1.バスの番号を確認して乗車!
ソウルのバスは、停留所で止まるのはもちろんですが、停留所がバスで混み合っていると少し離れて止まることがしばしばあります。そういう時は、走って乗り込まなければ行ってしまうこともあります。飛び出す路線番号板などしっかりチェックしましょう。また停留所に人が少ないと、運転手が見落として素通りしてしまうこともあるので気をつけましょう。
なお、ソウル市内バスでカフェなどのテイクアウト用のコップ飲料を持ったまま乗車すると、運転手さんに乗車禁止を告げられる条例が2017年12月から制定されました。運転手さんから注意・乗車禁止を受けないよう、バス乗車前にテイクアウト用のコップ飲料は処分しておくようにしましょう。
乗車は前の人に続いて
乗車は前の人に続いて
乗車口に注目。飛び出す路線番号板
乗車口に注目。飛び出す路線番号板
ソウル市内はテイクアウト用コップを持っての乗車はNG!
ソウル市内はテイクアウト用コップを持っての乗車はNG!

2.お金を払う
前乗り、後ろ降りが基本。乗ってすぐに運賃を払いましょう。ソウルのバスでは、空港バスを除き、5,000ウォン、10,000ウォン札がほとんど使えません。乗るときはできるだけ、小銭または1,000ウォン札を準備しましょう。

※「T-money」カードの場合
カードを当てるセンサーが用意してあるので、その機械にカードを「ピッ」という音が鳴るまで当てます。カバンや財布に入れたまま当ててもかまいません。
1,000ウォン札を準備
1,000ウォン札を準備
便利なT-moneyカード
便利なT-moneyカード

3.乗車中
韓国のバスの運転は、日本に比べると少々荒めで揺れが激しい方です。座っている時はいいですが、立っている時は危ないので手すりやつり革にしっかりつかまりましょう。

4.バスから降りる
降りる前に、ブザーを押して知らせます。素早く降りないとドアが閉まりかねないので、バスが停車する前に降りる準備をしておくのが良いでしょう。車内アナウンスはまもなく到着する直近の停留所と次の停留所まで案内してくれるので、韓国語の分かる人は降りる際の参考にしましょう。

※注意!「T-money」カードの場合
下車後別のバスや地下鉄に乗り換えする人、あるいはすでに別のバスや地下鉄から乗り換えした人は、下車するときも必ず機械に「ピッ」と当てましょう。もしセンサーに当てずに降りた場合、乗り換えと認識されず、次回乗車時にもう一度基本料金が引き落とされるので気をつけましょう。なおセンサーに当てること自体は費用がかからないので、乗り換えるかどうか予定がはっきりしていない場合は、ひとまず降りる時もセンサーに当てておく方が無難でしょう。
降車時はブザーで知らせます
降車時はブザーで知らせます
T-moneyカードは降りる時もピッ
T-moneyカードは降りる時もピッ
賢い旅行者は使ってる!「T-money」
ソウル市民の大半が利用している「T-money」カード。購入後、そのカードに希望の金額をチャージするだけで地下鉄、バスの乗り降りがワンタッチでOK!小銭の心配や料金の確認、切符購入など、面倒な事をすべて解消してくれるんです。旅行の間、地下鉄やバスをたくさん利用する人や、ソウル旅行のリピーターなどは、買っておくと断然便利ですよ。現金で乗車券を買うより料金もお得です。
※「T-money」使用可能地域(バスの場合)
・ソウル、京畿道(キョンギド)、仁川(インチョン)など首都圏の市内バス、マウルバス、広域バス
済州道(チェジュド)の市内・市外バス
・天安(チョナン)、牙山(アサン)、浦項(ポハン)、統営(トンヨン)、安東(アンドン)、巨済(コジェ)、原州(ウォンジュ)、蜜陽(ミリャン)、泗川(サチョン)、梁山(ヤンサン)、咸安(ハマン)、木浦(モッポ)、麗水(ヨス)、光陽(クァンヤン)、羅州(ナジュ)、釜山(プサン)の市内バス
・蔚山(ウルサン)の市内バス、マウルバス
関連記事
バスマスターになろう!
ショッピングのはしごにぴったり!

明洞~東大門編
ショッピングのはしごにぴったり!
明洞~東大門編
乗り換えなしでらくらくソウル観光!

仁寺洞~梨大編
乗り換えなしでらくらくソウル観光!
仁寺洞~梨大編
漢江を眺めながらソウルを縦断!

明洞~カロスキル編
漢江を眺めながらソウルを縦断!
明洞~カロスキル編
韓国のバスに挑戦!

143番・COEX~明洞~広蔵市場編
韓国のバスに挑戦!
143番・COEX~明洞~広蔵市場編

韓国旅行おトク情報

ユーザー投稿写真

この情報を共有

掲載日:16.12.30

更新履歴を見る

※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
設定