ついにビザなしで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧
ちょっと気になる今日の韓国
    • 大流行中の「一文字眉」がメイクの肝

    • エリア仁寺洞・鐘路
    • 北村遠足を抜け出してサムジキルにいた女子高生!
    • 1.メイクで一番気をつかっているのは「一文字眉(イルチャヌンソッ)」。ETUDE HOUSEアイブロウマスカラ(4,600ウォン)で眉色を薄くしたあと、ドローイングアイブロウペンシル(2,500ウォン・写真)を使って眉をひたすら平らに書きます。こうすると印象がやわらかくなるし、何より幼く見えるんです!
      2.これはリピート愛用中のETUDE HOUSEフレッシュチェリーリップティント(6,000ウォン)。派手なぐらいのピンクカラーが今の気分です。
      3.マスカラもETUDE HOUSEのものでアイロングラッシュマスカラ(9,000ウォン)。安いマスカラって粉が落ちてくるものが多いんですが、これはそんな心配もなくて合格!

      仁寺洞(インサドン)サムジキルで友達とショッピングをしていた女子高生のユジさん。「学校は?」という質問に「学校の遠足で北村(プッチョン)韓屋(ハノッ)マウルに来てたんですが、抜け出してきちゃいました♪」といたずらっぽい笑顔で答えてくれました。
      ユジさん(17歳・高校生)
    この情報を共有
        関連記事
            バックナンバー
              設定