検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国語 > K-POP韓国語

  • K-POPで実践♪ひとことハングル
    「Holiday」は、全世界のK-POPファンに愛されているガールグループ少女時代のデビュー10周年アルバムのタイトル曲。
    エネルギー溢れるボーカルと爽やかな楽器のサウンドが合わさった、少女時代の個性あふれる曲になっています。10周年の少女時代の気持ちを表現した、メンバーのソヒョンが手がけた歌詞にも注目してみてください。

    一方、一部メンバーが脱退の意向を示したことで、8人体制では最後のアルバムとなってしまいました。

    ※記事提供:CROSS OVERskype韓国語教室

    ※アルバムイメージをクリックするとアルバムの詳細を確認できます。
    少女時代「Holiday」のMVを見る >>
    今日の歌詞フレーズ
    I’m feeling good

    이날을 기다려왔어
    イナルル キダリョワッソ
    この日を待っていたわ

    처음 만난 그 순간처럼 다시 만난 너와 나
    チョウム マンナン ク スンガンチョロム タシ マンナン ノワ ナ
    初めて出会ったその瞬間と同じようにまた巡り逢えたあなたと私

    I’m feeling cool

    이제야 완벽해졌어
    イジェヤ ワンビョケジョッソ
    やっと完璧になったね

    네 곁에 있는 이 순간 모든 게 달라졌어
    ネ キョテ インヌン イ スンガン モドゥン ゲ タルラジョッソ
    あなたのそばにいるこの瞬間 全てが変わったよ

    Yeah
    実践向け最重要表現(文法)
    動詞、形容詞の語幹+~아/어 오다(~ア/オ オダ):~してくる
    「~してくる」の意味で、状態が変化してくることを表します。動詞や形容詞の語幹に「~아/어 오다(~ア/オ オダ)」が付きます。
    反対の意味としては、「~していく」という意味の「~아/어 가다(~ア/オ ガダ)」などがあります。

    내일까지 숙제 해 오세요.
    ネイルカジ スッチェ ヘ オセヨ
    明日までに宿題をしてきなさい。

    생일만을 기다려왔어요.
    センイルマヌル キダリョワッソヨ
    誕生日だけを待っていました。

    語彙
    기다리다(キダリダ):待つ
    처음(チョウム):初め、始め、最初
    순간(スンガン):瞬間
    완벽하다(ワンビョカダ):完璧だ、パーフェクト
    달라지다(タルラジダ):変わる、変化する
    実践例文会話
    (一人暮らしする友だちに)
    A:이거 먹어요.
    イゴ モゴヨ。
    これ食べてくださいね。

    B:고마워요.그런데 이게 뭐예요?
    コマウォヨ。クロンデ イゲ ムォイェヨ?
    ありがとうございます。ところでこれは何ですか?

    A:고향에 있는 엄마가 보내준 야채예요.많아서 가져왔어요.
    コヒャンエ インヌン オンマガ ポネジュン ヤチェイェヨ。マナソ カジョワッソヨ。
    地元の母からもらった野菜です。たくさんあったので、持ってきました。

    B:이렇게 귀한 걸 받아도 돼요?
    イロッケ クィハン ゴル パダド テヨ?
    こんな大切なものをもらってもいいんですか?

    「おかず(パンチャン)の韓国語名」を見る >>
    先生のワンポイント
    今日の歌詞に「곁(キョッ)」が出てきましたね。これは、「隣(となり)、横、側(そば)」という意味です。また、「곁」に似た言葉で、「옆(ヨッ)」があります。これも日本語に訳すと「곁」と同じ意味になりますが、ニュアンスに少し違いがあります。

    「곁」は、(1)方向に関係なく、(2)心理的な近さを表す場合に使う反面、「옆」は、(1)左右方向だけを表す、(2)物理的な近さを表現する場合に使います。

    それでは、「곁」と「옆」がどう違うのか例文を見てみましょう。

    例文1)
    언니는 항상 옆으로 누워서 자요. (正)
    オンニヌン ハンサン ヨプロ ヌウォソ チャヨ
    姉はいつも(私の)隣で寝ます。

    언니는 항상 곁으로 누워서 자요. (誤)
    オンニヌン ハンサン キョトゥロ ヌウォソ チャヨ
    姉はいつも(私の)隣へと寝ます。

    解説)
    この場合は方向としての「横、隣」の意味ですので、「곁」は使えません。

    例文2)
    그는 늘 어머니 곁을 지킵니다. (正)
    クヌン ヌル オモニ キョトゥル チキム二ダ
    (心理的に)彼はいつもお母さんの側を守っています。 

    그는 늘 어머니 옆을 지킵니다. (正)
    クヌン ヌル オモニ ヨプル チキム二ダ
    (心理的に)彼はいつもお母さんの側を守っています。

    解説)
    もともとこの場合は、「곁」を使うのが正しいですが、最近は、「옆」でも使う場合が増えてきています。ただ、例文1のように「옆」を「곁」に変えることが出来ない場合もありますので、使う時は注意してくださいね。

    (チェ・ギュリ)
    先生紹介
    パク・ダウン 
    CROSS OVERskype韓国語教室講師

    韓国語を勉強している皆さん、こんにちは。
    私は日本に住んでいます。
    そして、皆さんと同じようにほかの国の言葉を勉強することが大好きです。
    このK-POPの記事を通して楽しくてためになる韓国語をお伝えしていきます。
    チェ・ギュリ 
    CROSS OVERskype韓国語教室講師

    日本語が大好きで、日本に留学したことがあります。
    その経験から学んだのは、楽しんで勉強することは大事だということです。
    K-POPと韓国語にご興味をお持ちの方の記憶に残れるような記事を書きたいです。
    より良い曲を韓国語とともに紹介しますので、今日の歌詞フレーズからワンポイントまで、是非チェックしてみてください。
    この情報を共有
      設定