検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国語 > K-POP韓国語

  • K-POPで実践♪ひとことハングル
    2016年11月に発売されたアルバム「GOOD TIMING」からのタイトル曲「嘘だ」は、恋人と別れた男性の揺れ動く気持ちを歌っています。「嘘だ」というサビが綺麗なリズムで繰り返され、印象的な曲になっています。
    MVは韓国最南端の済州島(チェジュド)で撮影され、美しい景色と少し大人になったB1A4の演技を見ることができます。

    ※記事提供:CROSS OVERskype韓国語教室
    ※アルバムイメージをクリックするとアルバムの詳細を確認できます。
    B1A4「嘘だ」のMVを見る>>
    今日の歌詞フレーズ
    언제나 힘없이 처져 있던 너의 그림자
    オンジェナ ヒモプシ チョジョ イットン ノエ クリムジャ
    いつも元気なく沈んでいた君の影

    항상 입술을 깨물며 고독하게 너는 혼자
    ハンサン イッスルル ケムルミョ コドカゲ ノヌン ホンジャ
    いつも唇を噛んで 孤独に君は一人で

    고통을 참으며 눈물 삼키며
    コトンウル チャムミョ ヌンムル サムキミョ
    苦しみを我慢して 涙を抑えながら

    하루하루를 넌 괴롭게 보내잖아
    ハルハルルル ノン クェロッケ ポネジャナ
    一日一日を君は辛い気持ちで過ごしているじゃないか

    내가 했던 말은 거짓말이야
    ネガ ヘットン マルン コジンマリヤ
    俺が言ったのは嘘さ

    제발 가지마 다 거짓말이야
    チェバル カジマ タ コジンマリヤ
    頼むから行かないでくれ 全部嘘なんだ

    a lie a lie

    나를 떠나가 행복해 제발 더 행복해
    ナルル トナガ ヘンボッケ チェバル ト ヘンボッケ
    俺のもとを離れて幸せになってくれ 頼むから今よりも幸せになってくれ
    実践向け最重要表現(文法)
    명사 + (이)야 : 名詞 + だ(だよ)

    반말(パンマル)という、目下でも目上でもない相手に使われる言葉、非丁寧語について勉強します。いわゆる「タメ口」「タメ語」です。

    나야(ナヤ)→私だ(だよ)
    내 여동생이야(ネ ヨドンセンイヤ)→私の妹だ(だよ)
    내 전화번호야(ネ チョナボノヤ)→私の電話番号だ(だよ)
    우리 선생님이야(ウリ ソンセンニミヤ)→私の先生だ(だよ)

    語彙
    처져 있다(チョジョ イッタ):(感情などが)沈む、(気分が)下がる
    깨물다(ケムルダ):かむ、かみしめる
    입술을 깨물다(イッスルル ケムルダ):(悔しいときや苦しいときに)唇をかむ
    고독하다(コドカダ):孤独だ
    참다(チャムタ):我慢する、こらえる
    삼키다(サムキダ):こらえる、抑える
    괴롭다(クェロッタ):つらい、苦しい
    実践例文会話
    (ビデオ通話) 
    A : 언니, 내 친구야. 소개할게. 우리는 같은 반이야.
    オンニ、ネ チングヤ。ソゲハルケ。ウリヌン カトゥン バニヤ
    お姉ちゃん、私の友達よ。紹介するね。私たち同じクラスなの。

    B : 반가워. 나는 유리 언니야. 잘 부탁해.나는 2학년이야.
    パンガウォ。ナヌン ユリ オンニヤ。チャル ブタケ。ナヌン イハンニョニヤ
    会えて嬉しいわ。私はゆりの姉よ。よろしく。私は2年生よ。
    先生のワンポイント
    「깨물다(ケムルダ)」と「물다(ムルダ)」の違い

    どちらもともに噛むという意味ですが、「물다」に「깨」がついている「깨물다」は、「물다」とどう違うのでしょうか?
    「물다」噛むという動作を広く一般的に表現します。
    これに対して、「깨물다」は、さらに力を入れて噛む場合を表現します。

    例えば、「물다」は、
    공원에서 모기가 내 다리를 물었다.(コンウォネソ モギガ ネ タリルル ムロッタ)
    →公園で蚊が私の足をさした。
    のように、噛む行為一般に使われます。

    一方、「깨물다」は、
    입술을 깨물다(イッスルル ケムルダ)
    →唇を噛む
    のように、力を入れるニュアンスが入ってきます。
    先生紹介
    パク・ダウン 
    CROSS OVERskype韓国語教室講師

    韓国語を勉強している皆さん、こんにちは。
    私は日本に住んでいます。
    そして、皆さんと同じようにほかの国の言葉を勉強することが大好きです。
    このK-POPの記事を通して楽しくてためになる韓国語をお伝えしていきます。
    チェ・ギュリ 
    CROSS OVERskype韓国語教室講師

    日本語が大好きで、日本に留学したことがあります。
    その経験から学んだのは、楽しんで勉強することは大事だということです。
    K-POPと韓国語にご興味をお持ちの方の記憶に残れるような記事を書きたいです。
    より良い曲を韓国語とともに紹介しますので、今日の歌詞フレーズからワンポイントまで、是非チェックしてみてください。
    この情報を共有
      設定