検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

弥勒里寺址

ミルンニサジ / 미륵리사지 *登録日時点の情報のため、変更する可能性があります。
3
L o a d i n g ...
/
忠州 クチコミなし
忠清北道、高麗初期の貴重な仏教遺跡 弥勒里石仏如来立像は、新羅第56代国王である敬順王(キョンスンワン、?~978年)の息子、麻衣太子(マイテジャ)が高麗への降伏に反対して金剛山に行くときに夢に観音菩薩が現れ、仏像建立をすすめられて造ったと言われています。 高麗初期の石窟寺院の跡である中原(チュンウォン)弥勒寺址(史蹟第317号)の中にあり、高さは10.6メートル、5つの石を積み上げたもので、薄い石板を頭に載せています。中原弥勒寺址にはこのほか弥勒里五重石塔(宝物第95号)、灯篭など見どころも多く、高麗初期の重要な遺跡として訪れる人を魅了します。

基本データ

店名 弥勒里寺址
ジャンル 寺・史跡・名所
観覧時間の目安 1.0時間
電話番号 043-850-5982
営業時間 なし
休業日 なし
日本語 不可
その他外国語 不可
Eメール なし
関連サイト なし
バリアフリー施設 車椅子用トイレ、スロープ
  • 無料
  • 散策
  • 夜景・ムード
  • 文化財
  • 世界遺産
  • ファミリー

地図

  • 忠清北道 忠州市 水安堡面 弥勒里 58
    (충청북도 충주시 수안보면 미륵리 58)
    [道路名住所]
    忠清北道 忠州市 弥勒里寺址キル
    (충청북도 충주시 미륵리사지길 )

韓国旅行おトク情報

お店情報を共有

  最終更新日:16.09.19
※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
設定