Now!ソウル

          • 1「食欲の秋」におすすめ、韓国の秋旬グルメをご紹介します。まずはカニの旨みと甘さが醤油に絶妙にマッチするワタリガニの醤油漬け(カンジャンケジャン)。とろけるような食感で、韓国人のみならず外国人観光客も虜にしています。

          • 2大正エビ(テハ)はクルマエビの一種で、旬のこの時期は海老の醤油漬け(カンジャンセウ)など生で食べるのがおすすめです。またイイダコ(チュクミ)と一緒に甘辛く炒めて食べるのも韓国スタイル。屋台メニューの天ぷらも幅広い世代から支持を受けています。

          • 3日本ではあまり見かけないムール貝(ムラサキイガイ)は、韓国ではこの時期の定番メニューです。ムール貝鍋(ホンハッタン)はおつまみとしても人気で、辛めのスープはお酒との相性抜群です。

          • 4韓国でも高級食材として知られるアワビ(チョンボッ)は、刺身や焼いて食べるのが基本。酢入り唐辛子味噌(チョコチュジャン)につけるのが韓国流です。またアワビ粥は外国人観光客の朝食メニューとして根強い人気を誇ります。

          • 5永登浦(ヨンドゥンポ)にある鷺梁津水産市場(ノリャンジンスサンシジャン)では市場内に食堂が多数あり、獲れたての海鮮物を刺身や鍋などで味わえます。10月中旬からは紅葉も見ごろを迎える予定で、秋の韓国は魅力がいっぱいです。

          韓国旅行おトク情報

          関連記事

          バックナンバー