Now!ソウル
          • 2015 08 13
          • お気に入り5
          • 砂浜まで登場!夏全開の漢江サマーフェスティバル


          • 1夏になりより賑わいが増している漢江(ハンガン)。家族連れや友人同士がピクニックやチメッ(チキン&ビール)、市民プールを利用しに多く訪れています。漢江沿いに点在する市民公園では、7月末から「漢江サマーフェスティバル」が開催され、夏ムードを盛り上げています。

          • 2夏になるとバナナボートやカヌーなどの本格ウォータースポーツも楽しめる漢江。中でも韓国の定番レジャーは、巨大な浮きから水上に勢いよく飛び出す「プロップジャンプ」。今なら1回1,000ウォンの格安価格で体験可能!(汝矣島地区にて、23日(日)まで)。

          • 3蚕室(チャムシル)地区には、目にもまぶしい砂浜がお目見えし大好評!ヤシの木も植えられ、まるで南国のリゾートビーチのよう。パラソルやサンベットも無料貸し出し中。海に行かずとも極上のヒーリングタイムが過ごせそうです(11~19時まで開場、23日(日)まで)。

          • 4人気の涼みスポット・橋の下でも、常時イベントが行なわれています。16日(日)までは韓国の小説やマンガ、雑誌が揃う古本市を開催中(汝矣島地区にて、11時~22時)。夕方頃にはギター演奏なども行なわれ、漢江の風にあたりながらロマンチックなひと時を楽しめます。

          • 5橋から降り注ぐ噴水と夜景が美しい盤浦(パンポ)漢江公園では、ナイトプログラムが充実。15日(土)はフリーマーケットとコンサート(16~21時)、22日(土)にはライトアップされた水上舞台でファッションショーが開催される予定です。子どもから大人まで、夏の漢江を丸ごと満喫できるサマーフィスティバルに出かけてみてはいかがでしょうか。

          韓国旅行おトク情報

          関連記事

          バックナンバー