Now!ソウル
          • 2015 02 03
          • お気に入り2
          • 暖かな陽が差す漢江。この後姿は・・・?

          • 撮影エリア:汝矣島・永登浦・麻浦

          • 1最高気温が5度近くまで上がり、極寒の世界からは脱したように感じられる近ごろのソウル。まだまだ寒さは残りますが、ソウルの中心を流れる漢江(ハンガン)には柔らかい陽が差しはじめ、暖かい季節が少しずつ近づいてきていることが感じられます。

          • 2冬の間には人気が感じられなかった川ぞいの散歩道ですが、愛犬と一緒に散歩をする人たちも少しずつ見られるようになりました。冬の漢江散策必須アイテム、顔を覆う大きなマスクやマフラーはもう必要ない様子。犬の足取りもどこか軽やかです。

          • 3自転車好きのライダーたちはサイクリングロードを疾走中。自転車に乗るとまだまだ川からの冷たい風が感じられるよう。レンタサイクルは来月からが良さそうですね。

          • 4漢江公園汝矣島(ヨイド)地区の芝生の一角では、若い女性たちが集まって悲鳴や笑い声をあげながら何かを楽しそうに撮影しています。どこか見覚えのあるこの後姿は・・・。

          • 5正体は2006年に公開された映画「グエムル-漢江の怪物-」に登場した怪物グエムル!今年1月1日に高さ3メートル、長さ10メートルに及ぶ巨大グエムルが突如設置され、そのあまりのリアルさに市民たちは喜んだり困惑したり。漢江の新しい名物になるのでしょうか。

          • 6ソウル市ではこれからも、グエムルの銅像のように映画やドラマに登場する漢江の姿を生かしたオブジェやアトラクションを制作していく予定だそう。市民の憩いである場である漢江の景色を楽しみながら、今度はどんなオブジェが飛び出すのか期待してみましょう。

          韓国旅行おトク情報

          関連記事

          バックナンバー