Now!ソウル
          • 2014 11 17
          • お気に入り2
          • 冬がやってくる!スキー場が続々オープン


          • 1先週14日にはソウルでも初雪が降り、徐々に冬支度を始めている韓国ですが、韓国・北東部にあり雪の多い地域として知られる江原道(カンウォンド)では早くもスキー場がオープン!冬本番を待ちきれない多くの人で賑わっています。

          • 213日には2018年冬季五輪開催地である平昌(ピョンチャン)の普光(ポグァン)フェニックスパークスキー場と「冬のソナタ」ロケ地として知られる龍平(ヨンピョン)リゾートが、14日にはソウルから1時間半のヴィバルディパークスキー場がオープン。今週末には五輪メイン会場のひとつ、アルペンシアリゾートも営業開始予定です。

          • 3スキー場では、個性の出せるウェアや小物などのファッションアイテムも重要!スキー場やその周辺にあるレンタルショップで揃えることもできますが、お気に入りを見つけたい人は江南(カンナム)エリア・鶴洞(ハクトン)や、東大門(トンデムン)などに集まるスキー・スノーボード用品の専門店でコーディネートするのもおすすめです。

          • 4子ども用ウェアの品揃えも多い韓国。キッズフロアが充実した永登浦(ヨンドゥンポ)のショッピングモール「TIMES SQUARE」や南大門(ナンデムン)市場の子ども服店街では、豊富なサイズやデザインから選ぶことができます。

          • 5江原道のほか、11月末には京畿道(キョンギド)のベアースタウンスキー場などソウル近郊のスポットもオープン予定。ソウル市内からスキー場までは無料シャトルバスが運行されているところも多く、日帰りも可能です。今年の冬、韓国旅行でゲレンデ体験はいかがですか?

          韓国旅行おトク情報

          関連記事

          バックナンバー