Now!ソウル
          • 2014 04 09
          • お気に入り10
          • ビールによく合う「ヤンコチ」って?

          • 撮影エリア:ソウル東部

          • 1多くの飲食店がひしめきあう建大入口(コンデイック)。ここに10年以上前、ラム肉を串に刺して焼いた日本の焼き鳥のような中国料理、「ヤンコチ(羊肉串)」の専門店が登場しました。以来、その通りには次々と同業のお店がオープン。「ヤンコチ通り」とよばれています。

          • 2通りを歩くと、ヤンコチを焼くにおいと香辛料特有のスパイシーな香りが鼻孔を刺激し、食欲をそそります。およそ800m続くヤンコチ通りに軒を連ねるヤンコチ専門店は70軒以上!チャイナタウンのような雰囲気を醸し出しています。

          • 3お店の主人たちによると、お客さんの大部分は韓国人だそう。以前はその独特の匂いのために敬遠されがちだったラム肉ですが、韓国人たちがその魅力に気づき始めたきっかけはなんだったのでしょうか?

          • 4昨年、世界最高齢の可能性があるとされる123歳のボリビアの男性が韓国メディアのインタビューに応じました。杖を使わず歩き、眼鏡も必要がないという彼が長寿の秘訣として挙げたのが、まさにラム肉!

          • 5ラム肉はカルシウムが豊富で、カロリーやコレステロールは牛肉や豚肉に比べて低め!細胞内の脂肪燃焼を促進するカルニチンも多く含み、ダイエットの味方にも。ヤンコチに中国ビールで一杯!チキンにビールの組み合わせ、「チメッ」に続く定番となるかもしれません。

          韓国旅行おトク情報

          関連記事

          バックナンバー