Now!ソウル
          • 2013 07 24
          • お気に入り8
          • 夏の夜、古宮で楽しむ伝統芸能

          • 撮影エリア:仁寺洞・鍾路

          • 1地下鉄3号線安国(アングッ)駅近くの雲峴宮(ウニョングン)。ドラマ「宮~Love in Palace」のロケ地としても有名な古宮で、8月30日まで毎週金曜日のみ夜間開場が行われています。

          • 2二老堂(イロダン)では19:00から公演がスタート。パンソリのほか伽椰琴(カヤグム)・大琴(テグム)といった弦楽、杖鼓(チャンゴ)などの打楽に加え、伝統舞踊も楽しむことができます。

          • 3公演の途中にはイベントが行われることも。韓国の伝統衣装・チマチョゴリ(韓服、ハンボッ)を着たパンソリ歌手が司会として登場し、パンソリの合いの手を上手に入れた観客にCDをプレゼント!

          • 4入場無料ということもあり観客席はぎっしり。写真を撮る外国人や立ち見している人の姿も見かけます。公演開始1時間前から入場できるので早めに席を確保しておくとよさそうです。

          • 5公演は20:20頃まで、夜間開場は21:00まで行われます。夜が深まるにつれ美しくライトアップされる雲峴宮。幻想的な雰囲気の中、特別な夏の夜を過ごしてみてはいかがでしょうか。

          韓国旅行おトク情報

          関連記事