Now!ソウル
          • 撮影エリア:南大門・ソウル駅

          • 12008年2月11日、火災に見舞われ全焼してしまった国宝第一号の崇礼門(スンネムン)。これまで復元工事が進められてきましたが、昨日14日に囲いがはずされ全体の姿を現しました。

          • 2今回の工事では崇礼門とともに、日本植民地時代に撤去された城郭も復元。東側に53m、西側に16mの城郭が作られ、ソウルの都城の南門(正門)としての姿を取り戻しました。

          • 3屋根は1961年に行なわれた補修工事前の図面や過去の写真などを参考に復元。変形していた屋根の棟のゆがみを直し、魔除けの飾りである雑像(チャプサン)の数を1階7体、2階9体で調整しました。

          • 42012年12月に完成予定でしたが、大雪などの影響で工事が遅れ、現在までに全工程の約96%が完了。今後は芝や植木で広場を造成したり、石を敷き詰めて歩道を作ったり仕上げの段階に入っていくそう。

          • 5一般公開は2013年4月の予定。新しく生まれ変わった崇礼門の姿を目にする日まで、あと少しです。

          韓国旅行おトク情報

          関連記事