Now!ソウル

          • 18月18日、金大中(キム・デジュン)韓国元大統領が死去したと伝えられました。肺炎を患って先月から入院、容態の急変を繰り返していた金元大統領。18日の午後1時43分に多発性臓器不全のため心停止、死去が公式に発表されました。

          • 2元大統領の死を新聞各紙は1面で報道、インターネットサイト上でも特集が組まれるなど韓国国内は追悼ムード一色。19日午前からは全国各地に弔問所が設けられました。ソウル市内では市庁のソウル市民広場に加え、各区区庁などに設置。

          • 3元大統領の遺影の前には献花台が設けられ、死を悼む人々の姿が。

          • 4弔問客は長い列をつくり、絶えることなく続いています。

          • 5金元大統領は、1998年訪日の際に「未来志向」の日韓関係を打ち出し、日本の大衆文化の段階的開放や日韓ワールドカップ共催など、日本とのつながりにおいても重要な役割を果たした人物でした。
            金元大統領、どうぞ安らかにお眠りください。

          韓国旅行おトク情報

          関連記事