Now!ソウル
          • 2008 08 08
          • お気に入り1
          • 「末伏」は、滋養にいい料理を!


          • 1真夏に3回ある「伏日」は、陰陽五行説に基づいて「凶」と考えられている日です。今日はその3回目である「末伏(マルボッ)」。伏日には暑気払いに滋養のある食べ物を食べる習慣があり、いつもより50%以上もの鶏肉が消費されるというほど鶏料理が人気です。とくに滋養たっぷりの「参鶏湯(サムゲタン)」は、定番!

          • 2韓国語で「鶏1羽」という意味の「タッカンマリ」は、鶏肉と野菜、ニンニク、唐辛子がたっぷり入った栄養満点の鍋料理。伏日に食べることもあるようです。

          • 3こちらは安東の郷土料理である、鶏と野菜の蒸し煮「チムタク」。ピリ辛醤油ベースの煮汁がよく染み込んでいて、白いご飯がよくすすみます。伏日にちょっと趣向を変えた料理を、という時にもオススメです。

          • 4鶏肉ではありませんが、「栄養湯」「四節湯」とも呼ばれる犬肉のスープ「補身湯(ポシンタン)」も、伏日の定番料理のひとつ。最近は食べる人も減ったようですが、滋養のある食べ物の代表格です。

          • 5独特の風味があるカルシウムたっぷりのドジョウ鍋「鰍魚湯(チュオタン)」も、滋養があり伏日に向いています。丸ごと入れてもすり身にしてもOKですよ。

          • 6今年最後の伏日である今日、ランチタイムのサムゲタン屋は、どこも行列のできる大盛況っぷり!また、伏日はアツアツの汁物料理を食べることが多いですが、時には鶏肉の入った冷たい麺などを食べることもあるんだそうですよ。
            さあ、アナタはどんな料理で、夏のピークの暑さに打ち勝ちますか?
            関連記事:伏日

          韓国旅行おトク情報

          関連記事