Now!ソウル
          • 2020 02 06
          • お気に入り3
          • まだまだ零下続くソウル!バス停に温熱ベンチ

          • 撮影エリア:蚕室(ロッテワールド)

          • 1市民の足として、毎日多くの人が利用しているバス。しかし、寒さ厳しい冬には、バスを待つのも一苦労ですよね。

          • 2少しの時間でも温かくいられる「温熱ベンチ」が一部のバス停に登場!韓国伝統の暖房・オンドルや、自動車のシート温熱機能に似ていることから「オンドル椅子」や、「オンタ(おしりが温かい)椅子」とも呼ばれています。

          • 3ベンチは、設定温度以下になると自動過熱される仕組みで、常に38度から40度に維持されています。冷えやすい腰回りから暖をとることができ、体全体が温まります。

          • 4バスの運行時間に合わせて稼動しているので、特に寒さが厳しくなる朝晩には、とても重宝しそうです。

          • 5暖冬と言われていますが、まだまだ最低気温はマイナスが続く韓国。厚手のコートを着たり、防寒対策はもちろんのこと、「温熱ベンチ」など防寒施設を見かけたら、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

          韓国旅行おトク情報

          関連記事

          バックナンバー