Now!ソウル

          • 1コネスト読者のみなさん、こんにちは。最近韓国では私たち10ウォン硬貨の存在価値がないのではないかと囁かれ始め、“道端に10ウォン硬貨が落ちていても誰も拾わない”だなんてひどいことを言う人もいるんです。こんなのってあんまりですよね?

          • 2確かに、韓国のコンビニや大型マートでは100ウォン以下の単位を見ることはなくなってきました。ここでの私たちの出番と言えばビニール袋代を払う時くらいでしょうか。

          • 3そうそう、街中にある公衆電話で使えるじゃない!ここは私たちに任せて!と思いきや…2006年に誕生した新・10ウォン硬貨は規格外で、電話に投入してもはじきだされてしまうんです。なんという冷遇なのでしょうか。(泣)

          • 4そんな私たちにも世の中の役に立つことがあるんです!なんと花瓶の中に私たちを入れておくとお花が長持ちするんです!その他にも冷蔵庫や靴の中に入れておくと消臭効果があるとか…ってお金としての活用がされてないじゃないですか!!

          • 5ちなみに私たちを作るのに1枚あたり40ウォンのコストがかかってるんですよ!どうか、税金の無駄遣いだなんて言わないでください。塵も積もれば…なんて言葉もありますし。お財布の隅っこで眠らせておくだなんて事はしないで、お買い物の際にはどんどん「つかって」やってくださいね!

          韓国旅行おトク情報

          関連記事