Now!ソウル
          • 2017 12 15
          • お気に入り16
          • 仁寺洞の食べ歩きのお供はコレ!韓国定番あったかおやつ

          • 撮影エリア:仁寺洞・鍾路

          • 1韓国伝統工芸品や伝統家屋の韓屋(ハノッ)が並ぶ街として、観光客に人気のエリア・仁寺洞(インサドン)。メインストリートには、冬の街歩きのお供にしたい定番の屋台フードが点在しています。

          • 2仁寺洞を代表するおやつ「トオン(ウンチ)パン」(1個1,000ウォン)。サクッと香ばしい生地の中には、あんこやチョコが詰まっています。ショッピングモール「サムジキル」4階の「トオンカフェ」で販売中。

          • 3甘い蜜や胡桃などが入った韓国定番のおやつ「ホットッ(ホットク)」(1個約1,000ウォン)も欠かせません。たっぷりの油でカリッと揚げられた生地が特徴で、出来たてを頬張るのが美味。

          • 4小判型の生地に卵が乗っている「ケランパン」(約2,000ウォン)もお決まりの韓国屋台グルメ。こんがり焼かれた卵とほんのり甘いほかほかパンのハーモニーが絶妙です。

          • 5長い串に刺さっている「オデン(練り物)」は、1本約1,000ウォン。優しい味わいのアツアツスープと一緒に楽しみます。

          • 6寒い冬は、あたたかい屋台フードを求める人たちでお店の前は賑わいます。おやつを片手に、仁寺洞の街歩きを楽しんでみるのはいかがですか?

          韓国旅行おトク情報

          関連記事

          バックナンバー