Now!ソウル
          • 2017 08 10
          • お気に入り4
          • 明日は「末伏」!鶏料理を食べて韓国式に夏バテ対策


          • 1韓国版の土用丑の日・伏日(ポンナル)は夏の間に3回あり、明日はいよいよ最終日の末伏(マルボッ)。夏バテ予防に滋養料理を食べる習慣があります。伏日の代表料理とされる参鶏湯(サムゲタン)は、若鶏の腹に高麗人参(朝鮮人参)やなつめなどを詰めた煮込み料理。優しい味わいのスープは子どもから大人まで楽しめます。

          • 2一年を通して楽しまれる韓国チキンも、若者を中心に伏日料理として好評です。カリカリに揚げたフライドチキンや甘辛タレ(ヤンニョム)に絡めたジューシーなヤンニョムチキン、オーブンで焼いたヘルシー志向のベイクドチキンなど多様な種類があります。

          • 3日本の観光客にも人気の「タッカンマリ」は、名前の通り鶏一羽を煮込みます。コラーゲンたっぷりの鶏出汁スープには、ニンニクや生姜、ネギなどが入っており栄養満点。唐辛子やお酢を混ぜた「タテギ(薬味)」とまろやかなスープを一緒にいただきます。

          • 4日本では馴染みが薄い「アヒル肉(オリコギ)」も栄養価が高いスタミナ料理として知られています。燻製アヒル(フンジェオリ)やアヒル鍋(オリタン)などで食べるのが一般的。弾力のある肉は噛むほど味が出ます。今年の夏は、韓国式の夏バテ予防料理を試してみるのはいかがでしょうか?

          韓国旅行おトク情報

          関連記事

          バックナンバー