Now!ソウル
          • 2017 08 23
          • お気に入り27
          • 韓国発祥スイーツ「ボンボン」を現地で食べるならコレ!

          • 撮影エリア:明洞

          • 1フルーツとクリームたっぷりのシェイクやパフェが、韓国スイーツ「ボンボン」として近頃日本でも注目を浴びています。明洞(ミョンドン)など観光地に店舗を置く人気韓国カフェ「Cafe de paris(カフェドパリ)」は、ボンボンブーム発祥のお店。「マンゴーボンボン」(16,000 ウォン)は食べておきたい王道ボンボンです!

          • 2同じく「Cafe de paris」の「チェリーボンボン」(16,000 ウォン)は、20~30粒の色鮮やかなチェリーが、贅沢に使用されています。旬のフルーツが乗った、季節限定メニューを試してみるのも良いですね!

          • 3さっぱりとした後味が好きな人なら、自家製ヨーグルトが人気のカフェチェーン「YOGER PRESSO」の「メリーイチゴ」(6,000ウォン)がおすすめ。容器の中には底からスムージー、ヨーグルトアイスクリーム、新鮮なフルーツがたっぷりと重ねられています。

          • 4フォトジェニックな「マスカットT.O.P」(7,000ウォン)はカフェチェーン「U:DALLY」の人気商品。ジャムやスムージーを重ね、生クリームとフルーツでデコレーションされています。持ち帰りOKのボトルは、フタ付きなので普段使いも可能です。

          • 5弘大(ホンデ)などに店舗のある人気タルト専門店「TARR TARR」でも「マスカットボンボン」(6,500ウォン)を販売中。当日入荷した新鮮な果物を使っているフルーツタルトで有名で、フルーツ好きに評判のお店です。ぜひお試しください!(※紹介したボンボンは、季節によって提供される果物が変わることがあります)

          韓国旅行おトク情報

          関連記事

          バックナンバー