韓国HOTニュース
  • 「少女時代ユナもやられた」女性警護員の行動…カンヌ映画祭で人種差別論争

  • 芸能 2024年05月28日 09:01
  • 第77回カンヌ国際映画祭レッドカーペットに出席した歌手で女優のユナが女性警護員から人種差別を受けたという疑惑が浮上した。

    19日(現地時間)、第77回カンヌ国際映画祭に招待されてレッドカーペットを踏んだユナは、ピンク色のドレスを着て登場して外信の集中的な注目を集めてグローバル・パワーを立証した。

    このような中、ポーズを取ろうとするユナを女性警護員が遮って立つ映像がネット上に広まって論争になった。映像の中のユナは取材陣カメラを眺めて手で挨拶をしているが、これを見た女性警護員が腕で遮って早く中に入るよう促す。

    女性警護員の行動が人種差別論争につながったのは、該当警護員が有色人種のスターに限って早く入場するように催促したことが分かったためだ。

    26日(現地時間)、インド日刊紙のヒンドゥスタン・タイムズはカンヌ映画祭レッドカーペット警護を担当した女性警護員がアフリカ系米国歌手であるケリー・ローランド、ドミニカ共和国出身女優マシエル・タヴェラスに続いて、ユナに対して人種差別的な待遇をして、激しい批判に直面したと報じた。

    メディアは「ユナは表には出さなかったものの、表情は不快そうだった。ユナは反応しないで静かに耐えて中に入った」と当時の状況を説明した。

    議論になった女性警護員は白人俳優たちがレッドカーペットに立った時は写真撮影を邪魔しなかった。だが、有色人種であるローランドとタヴェラス、ユナには早く会場に入るように促し、腕で彼らの上半身を阻んで写真撮影を妨害した。

    これに対してローランドは該当警護員に自身の身体に触れないように警告し、タヴェラスは警護員の肩を押し退けて怒りをあらわにした。

    動画を見たネットユーザーは「本当に無礼だ」「1回や2回でもないのに、あの警護員をずっと使う理由は何?」「有色人種だけ遮って立つ行動、あきれる」「本当に白人俳優は何も妨害しない」などの反応を寄せた。

  • 19日(現地時間)、第77回カンヌ国際映画祭レッドカーペットでユナを遮って立つ女性警護員の様子。[写真 X キャプチャー]