韓国HOTニュース
  • 東アジア文化都市の韓国・金海市 17日から日韓中陶芸家の特別展

  • 社会・文化 2024年05月16日 09:05
  • 2024年「東アジア文化都市」の韓国南部・慶尚南道金海市で、韓中日の陶芸家14人による特別展「金の海(金海)、アジアをノックする」が17日から11月3日まで開催される。会場はクレイアーク金海美術館キュービックハウス。昨年から今年にかけて陶磁器ワークショップに参加した陶芸家が、互いの文化の理解、材料や技法の交流の中から生み出した作品を披露する。金海文化財団クレイアーク金海美術館が16日、伝えた。

    金海の東アジア文化都市選定を記念したワークショップは、昨年10~11月と今年3月から最近までの2回催された。韓中日の陶芸家が美術館に常駐し、交流しながら新たな作品づくりに取り組んだ。

    特別展は「平穏」「調和」「動と静」のセクションに分かれる。作品から共通して伝わってくるのは「東アジアの美意識」であり、展示空間の特性を生かした配置になっているという。

    クレイアーク金海美術館の崔禎恩(チェ・ジョンウン)館長は「韓中日の文化の多様性尊重という価値で『東アジアの意識、文化交流と融合、相手の文化の理解』の精神を実践するため、今後も東アジアの工芸文化交流を持続的に進めていく」と述べた。

    韓中日は2014年から、東アジア文化都市を毎年新たに選定し、文化交流行事を行ってきた。今年は金海市、中国の大連市・○(○=さんずいに維)坊市、日本の石川県が選ばれた。

  • 特別展の案内(金海市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫