韓国HOTニュース
  • 米国で「1兆匹のセミの大群」出現予告…NYシェフは「セミキムチ」公開

  • 社会・文化 2024年05月10日 09:30
  • 米国で221年ぶりに最大規模のセミの大群が出現することが予告されていて、セミを使った各種料理が現地で注目を集めている。

    8日(現地時間)、米国日刊紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)は「食用昆虫好きにとってセミは木にいる騒々しいロブスターだ」というタイトルの記事で、セミを使ったレシピとこれを開発するシェフにスポットライトを当てた。

    まず数年間昆虫料理を開発してきたニューヨークのシェフ、ジョセフ・ユン氏の「セミキムチ」が紹介された。韓国系米国人のユン氏はセミをまるごと調味料(ヤンニョム)と混ぜ合わせて、発酵液が徐々にセミの皮の中に染み込むようにする方法でキムチを作る。

    スペイン式トルティーヤにセミを炒めた後タマネギとジャガイモを入れて作った料理、中身をセミで詰めたパスタを使ったチーズキャセロールもユン氏の料理だ。

    今後6週間のうちに米国中西部と南東部に1兆匹ほどのセミが大発生するという予告にユン氏は「本当に素晴らしい時間」と話した。あわせてセミは「ロブスターや海老のようなもの」としながら「私はぜひともセミを一つの食材と捉えたい」と話した。

    実際セミはロブスターと非常に密接な関連がある昆虫で、米食品医薬品局(FDA)は甲殻類アレルギーがある場合、セミを食べないように勧告したとNYTは伝えた。

    バッタやアリなど昆虫を利用して料理するシカゴのシェフ、アンドリュー・ジャック氏も食材としてセミの可能性に注目している。

    ジャック氏は、セミがタンパク質はもちろん、脂肪や炭水化物など他の栄養分も均一に含有されていると強調した。

    今回のセミの大群の出現を新鮮で高品質のセミを確保する機会として、セミをすりつぶした後に塩を入れて発酵させた料理を試みる計画だ。

    科学者はセミが殺虫剤など化学物質に汚染された土壌で育っていない場合には安全に食べることができると話す。米国で昆虫摂取は衝撃的なこととみなされているが、全世界の約20億人の人口はすでに昆虫を一般的な食物として食べてきたとNYTは説明した。

    一方、現地外信は今年夏までに周期性のセミ2種が同時に地上に出てきて活動することが予想されると伝えた。コネチカット大学の昆虫学者ジョン・クーリー氏は今回現れる現象をセミとアルマゲドンを合わせた「セミゲドン」と呼んで全体個体数が最大1000兆匹に達すると予測した。

  • セミを使った料理。[写真 AP=聯合ニュース]