韓国HOTニュース
  • 尹大統領、支持率23%で就任後最低…次期指導者1位は李在明氏=韓国ギャラップ

  • 政治 2024年04月19日 15:45
  • 韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領の国政遂行肯定評価が就任後最低の23%を記録したという世論調査結果が19日、発表された。

    韓国ギャラップが16~18日全国満18歳以上の男女1000人を対象に調査した結果、尹大統領に対する否定評価は68%で就任後で最高を記録した。肯定評価は直前の3月第4週比11%ポイント下落した23%だった。

    該当機関の調査で尹大統領職務に対する肯定評価は就任後最低となる。従来の最低値は2022年8月第1週当時の24%だった。

    現在、尹大統領を肯定的に評価したのは与党「国民の力」支持者(59%)、70代以上(47%)などで、否定的に評価したのは野党「共に民主党支持者」(93%)、30・40代(80%台)等だった。

    志向別の職務肯定率は保守層で45%、中道層19%、進歩層7%だった。

    大統領職務遂行を評価する理由(複数回答)は「医大定員拡大」(13%)、「外交」(13%)、「経済・民生」(6%)、「主観・所信」(5%)、「決断力・推進力・粘り強さ」(4%)の順だった。

    否定評価者は「経済・民生・物価」(18%)、「コミュニケーション不足」(17%)、「独断的・一方的」(10%)、「医大定員拡大」(5%)、「全般的にうまくできていない」(4%)、「経験・資質不足・無能」(4%)、「外交」(3%)、「金建希(キム・ゴンヒ)夫人問題」(3%)、「統合・協力政治不足」(3%)などを理由に挙げた。

    一方、政党支持度は国民の力30%、共に民主党31%、祖国革新党14%、改革新党3%、緑色正義党・自由統一党それぞれ1%、支持する政党のない無党層18%となった。

    将来の政治指導者選好度(自由回答)は李在明(イ・ジェミョン)「共に民主党」代表24%、韓東勲(ハン・ドンフン)前「国民の力」非常対策委員長15%、曺国(チョ・グク)「祖国革新党」代表7%、李俊錫(イ・ジュンソク)「改革新党」代表・洪準杓(ホン・ジュンピョ)大邱(テグ)市長3%、元喜龍(ウォン・ヒリョン)元国土部長官2%、呉世勲(オ・セフン)ソウル市長・安哲秀(アン・チョルス)「国民の力」議員1%だった。

    今回の調査は移動通信3社が提供する無線電話仮想番号を使った電話面接調査によって実施された。回答率は12.1%(総通話8276人中1000人回答完了)だ。標本誤差は95%信頼水準に±3.1%。詳しい内容は中央選挙世論調査審議委員会または韓国ギャラップ公式サイトで確認することができる。

  • 韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領

注目のニュース