韓国HOTニュース
  • 韓国ドラマ「涙の女王」で登場する「龍頭里(ヨンドゥリ)」はどこにある?

  • 芸能 2024年04月16日 12:19
  • ©tvN
    ©tvN
  • 2024年4月14日に放送した第12話が韓国で最高視聴率25.2%(tvN歴代視聴率2位)を記録し、人気上昇中の韓国ドラマ「涙の女王」。Netflixでも世界同時配信されているため、日本でも話題となっている。

    ドラマは、クイーンズグループの財閥3世ホン・ヘイン(キム・ジウォン扮)と龍頭里(ヨンドゥンリ)里長の息子ペク・ヒョヌ (キム・スヒョン扮)の結婚3年目の夫婦の危機と、奇跡のように再び始まる愛の物語。その中でヒョヌの実家として描かれた「龍頭里」という場所が注目を集めている。

    財閥と農家というミスマッチから来る面白さで魅力的なシーンが生まれている「龍頭里」。果樹園が広がる穏やかな村は実際に存在するのか?

    「龍頭里」と検索すると、韓国内約20カ所が出てくる。里の名前として「龍頭里」はよく使われる地名のようだ。ただし、これらの場所ではドラマに出て来る「龍頭里」の撮影は行われていない。

    ドラマで登場する「龍頭里」は実在する里ではなく、韓国内複数個所で撮影されている架空の里だ。その中でも一番比重が多く撮影されているのが 慶尚北道(キョンサンプット) 聞慶(ムンギョン)市の龍淵里(ヨンヨンリ)という場所。ヒョヌが自転車に乗っていなくなってしまったヘインを探した道も、「龍頭里スーパー」もここで撮影されている。

    なお、聞慶市は「涙の女王」のドラマ制作に正式に撮影協力をしているので、 龍淵里以外にも、聞慶の観光地や特産品がドラマ中に登場。情に溢れる美しい聞慶の風景に魅了されている人が多く、今後ロケ地巡りをしに訪問する人が増えることが予想される。

注目のニュース