韓国HOTニュース
  • 韓国の1人当たり国民総所得 23年は2.6%増の3万3745ドル

  • 経済 2024年03月05日 09:03
  • 韓国銀行(中央銀行)が5日発表した国民所得統計によると、2023年の1人当たり国民総所得(GNI、暫定値)は3万3745ドル(約508万円)で前年比2.6%増加した。22年はウォン安ドル高が響き7.4%減少したが、昨年はプラス転換した。ウォン換算でも4405万1000ウォンと、前年比3.7%増加した。

    1人当たりGNIは17年(3万1734ドル)に初めて3万ドルを超え、18年(3万3564ドル)も増加した後、19年(3万2204ドル)と20年(3万2004ドル)は連続して減少した。21年(3万5523ドル)は新型コロナウイルスショックからの持ち直しとウォン高を追い風に3年ぶりのプラスとなったが、22年(3万2886ドル)は急激なウォン安に伴い再び後退した。

    23年は名目国内総生産(GDP)がウォンベースで前年比3.4%、ドルベースで2.4%それぞれ増加した上、22年に比べると為替レートも安定的だったことが1人当たりGNIの増加につながったと分析される。

    韓国銀行がこの日発表した23年の実質GDP成長率(暫定値)は1.4%で、今年1月に発表した速報値と同じだった。23年10~12月期の実質GDPも前期比0.6%増で変動なし。建設投資(4.5%減)が下方修正された一方、輸出(3.5%増)と輸入(1.4%増)、設備投資(3.3%増)はそれぞれ上方修正された。

  • 23年の1人当たりGNIがプラス転換した(資料写真)=(聯合ニュース)

注目のニュース