韓国HOTニュース
  • ピアニスト辻井伸行がソウルで独奏会 満場の観客を魅了

  • 社会・文化 2024年03月04日 11:21
  • 世界で活躍する日本のピアニスト、辻井伸行が3日、韓国・ソウルの芸術の殿堂コンサートホールでリサイタルを開き、会場を埋めた約2000人の観衆から拍手と喝采を浴びた。

    辻井は2011年に韓国人ピアニストのソン・ヨルムと共にコンサートを開いているが、韓国でのリサイタル開催はこれが初めて。

    韓国の観客の前に登場するのは13年ぶりとなる。バッハのフランス組曲第5番から演奏を始めると、繊細で豊かな音色で瞬く間に観客を引き込んだ。続いてショパンの4つの即興曲を、第2部ではドビュッシー「版画」とラフマニノフ「楽興の時」を奏でた。圧倒的な技量はもちろん、音楽が織りなす光景をより情感豊かに映し出す演奏に、観客は熱い拍手を送った。

    辻井は曲を終えるごとに笑みを浮かべて観客にあいさつ。リサイタルを前に韓国メディアのインタビューで語った通り、演奏中の表情は音楽の楽しさに満ちていた。

  • 全ての演奏を終え、観客にあいさつする辻井伸行=3日、ソウル(聯合ニュース)

注目のニュース