韓国HOTニュース
  • 韓国人77%「SNSによって政治両極化が深刻化」…先進国の中で3番目

  • 社会・文化 2022年12月07日 08:20
  • 韓国国民10人のうち7人以上がソーシャルメディアによって政治的両極化が深刻化したと考えていることが調査で分かった。

    米世論調査機関のピューリサーチセンターが韓国、米国、英国、ドイツ、日本、イタリア、カナダなど先進国19カ国の国民を対象にソーシャルメディアおよびインターネットと民主主義に対する調査を実施した結果、このような結果が出たと6日(現地時間)公開した。

    調査によると、韓国国民の77%はソーシャルメディアとインターネットが政治的分裂を深化させると答えた。これは調査対象国19か国のうち、米国(79%)、オランダ(78%)などに次いで3番目に高い数値だ。調査対象国の平均回答は韓国より12%ポイント低い65%だった。

    それでも韓国回答者の61%はソーシャルメディアが民主主義に肯定的だと答えた。民主主義に対するソーシャルメディアの影響を最も肯定的に評価した国はシンガポール(76%)だった。一方、米国は回答者64%が民主主義運営でソーシャルメディアの影響を否定的に評価した。

    現在、自国内の民主主義制度の満足度に関する質問に対し、韓国国民の50%は「満足」、49%は「不満足」と答えた。満足度が最も高い国はスウェーデン(79%)で、スペインは満足度が31%で最下位だった。

    政治システム上、自分の意見が政治にどの程度反映されると考えるかを尋ねる質問には、韓国回答者の53%が「全く、またはあまり反映されない」と答えた。「自分の意見が反映される」という回答は45%だった。これは19カ国で平均65%が反映されないと答えたものよりは高い数値だ。

    調査対象国19か国はまたソーシャルメディアが情報習得のレベルで肯定的だと評価(平均73%)した。

    インターネットとソーシャルメディアで人種と宗教など背景が異なる人々に対する受容性が増大したのかという質問に対しては、国別に回答に差があった。全体調査対象国家の平均が45%にとどまった中、韓国(62%)は受容性の面でソーシャルメディアの影響を19カ国の中で最も肯定的に評価した。韓国の次はシンガポール(51%)で、フランスが25%で肯定的な評価率が最も低かった。

    ピューリサーチは全体アンケートの中で主要質問6つに対する否定的な回答を0点から6点に計量化した結果、インターネットとソーシャルメディアが社会に否定的な影響を及ぼしているという回答指数は米国が3.05で最も高かった。続いてオランダ2.90、ハンガリー2.80などで、韓国は2.30となった。

    今回の調査は米国成人3581人、韓国をはじめとする米国外地域の成人2万944人を対象に2月~6月に電話、面談、オンラインアンケートなどの方式で実施された。

  • [写真 シャッターストック]