韓国HOTニュース
  • <W杯サッカー>試合終わったのに韓国監督退場させた…外信も注目したその瞬間

  • スポーツ 2022年11月29日 07:24
  • 指令塔が試合直後に退場させられる異例な状況が発生した。特に韓国サッカーを率いるベント監督が自身の祖国を相手にする次の試合に欠場することになり、各国外信も今回の事案を注目している。

    韓国は28日にカタールのアルラヤンで行われたワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦の対ガーナ戦に2-3で敗れた。前半に2点を許した後、後半に趙圭誠(チョ・ギュソン)の連続ヘディングで2-2の同点に持ち込んだが、後半23分にモハメド・クドゥスに決勝ゴールを決められ勝ち点を1点も得られなかった。

    結果ほどに残念な場面は後半アディショナルタイムで出た。韓国は追加時間10分間にガーナのゴールを攻め同点を狙った。しかしなかなか得点につながらず、その間に10分ほどの時間が流れた。

    韓国はコーナーキックを通じて最後のチャンスをとつかんだ。ところがアンソニー・テイラー主審はこの時、終了を告げるホイッスルを鳴らした。追加の10分が過ぎたとはいえ追加時間にガーナの選手らが続けて試合を遅延させた点を考慮すると最後のコーナーキックは十分に行える状況だった。韓国は主将の孫興民(ソン・フンミン)をはじめとする選手らがテイラー主審に近付き抗議した。

    ベンチで試合を指揮したベント監督もじっとしていられなかった。すぐに主審に駆け寄り烈火のごとく怒ってアピールした。周囲の引き止めにも抗議は続いた。

    するとテイラー主審はベント監督にレッドカードを出した。すでに試合は終わっていたが、次の試合への出場が不可能な退場宣言だった。もしこのレッドカードが取り消されなければ、ベント監督は12月3日に予定されたポルトガルとのグループリーグ最終戦でベンチを守ることはできない。

    これに対して各国外信も速報を打電して現地の状況を知らせた。英BBCは「ベント監督がコーナーキック問題で抗議し退場させられた。韓国選手は失望したままグラウンドに倒れ込んだ。これと対照的にガーナ選手らは踊りながらグラウンドを駆け回った」と報道した。

    米ヤフースポーツは「怒ったベント監督がテイラー主審からレッドカードを受けた。もうベント監督は自身の祖国であるポルトガルとの最終戦に出られなくなった」と伝えた。

    英デイリーメールも「韓国は試合終盤にコーナーキックのチャンスをつかんだ。しかしテイラー主審は終了のホイッスルを吹いてベント監督の抗議をあおり、最終的にポルトガル出身の監督を退場させた」と報道した。

  • パウロ・ベント韓国サッカー国家代表チーム監督