韓国HOTニュース
  • 「耳に問題…地獄のような時間」歌手IU、コンサートで告白した病気

  • 芸能 2022年09月20日 08:53
  • 歌手兼女優のIUが耳管開放症を治療中だと明らかにした。

    18日午後7時、ソウル松坡区(ソンパク)蚕室(チャムシル)総合運動場オリンピックメインスタジアムではIUコンサート「ザ・ゴールデン・アワー:オレンジ太陽の下」の2日目の公演が開かれた。

    この日、IUはアンコール曲『Love poem』で舞台に上がり「実は今日の公演は正直少し難しかった」と打ち明けた。

    また「普通は初公演がはるかに難しく、2日目は声が少しかれてもはるかに楽な雰囲気だったが、私が実は耳に少し問題があってはらはらしながら公演を準備した」と明らかにした。

    さらに「深刻なものではないが、耳をうまくコントロールすることができない状況が1年前から続いた」として「『今回の公演は本当に私だけがうまくやれば良い』『当日、私の耳さえ問題がなければ良い』と思った」と話した。

    同時に「幸いに喉の調子はよかったが、昨日の公演の最後から耳が少し悪くなって昨夜から今日のリハーサルまで地獄のように過ごした」として「それで最初の曲を始めて『どうなるか分からない』という気持ちで上がってきたが、今日の公演は本当に皆さんが全部やってくれたと思う」と付け加えた。

    IUはこれに先立って公開されたコンサートティーザー映像でも「耳もどうなるか分からないので耳を塞いで歌う練習をした」と告白したりもした。

    これに先立って、IUは3月発売したIUドキュメンタリー『彫刻屋 : 29歳の冬』でコンサート準備過程を紹介し、耳の調子に問題が生じたことを言及したことがある。

    ドキュメンタリーで歌の練習をしていたIUは「耳が少し良くない」として「あくびをする時のように耳が開く」と話した。さらに、「耳が開くと私の中の音が聞こえるが、歌を歌うとさらに大きく聞こえるようになるので響く」と話した。

    病院を訪れたIUの姿も公開された。医師は「現在、イ・ジウン(IU、本名)さんの症状は開放性耳管開放症だ」とし「これは本当に(発病する)理由がない。歌う時に圧力が上がるが、そうなれば開く可能性がある」と話した。

    「聴力は落ちないように努力するが、予期せぬ変数が生じる可能性がある」とし「だからなるべく危険性に伴う手術をせず、外来的な段階で施術をするのだ」と述べた。

    IUは「これは緊張感と関係があるようだ」とし「緊張しても圧が上がり、そのような状態で歌を歌うと簡単に圧が上がり耳からそのような症状が現れるようだ」と吐露した。

    一方、耳管開放症は耳の鼓膜の裏に中耳という空間と鼻をつなぐ管である耳管の連結部が異常に開かれて問題になる状態をいう。耳管開放症があると呼吸音や話す時に自分の声が響く音が聞こえる。拍動する音が聞こえる「拍動性耳鳴り」や耳障りが激しい「耳充満感」が生じる場合もある。

  • 歌手IU