韓国HOTニュース
  • ビキニの女性をオートバイの後ろに乗せてソウル市内を走行した男性「処罰? 気にしない」

  • 社会・文化 2022年08月02日 13:58
  • 韓国警察がソウル市内で上着を脱いだままオートバイを運転していた男性と後部座席にビキニ姿で座っていた女性を調べている。これに対して該当の男性は「内面の自由を表現したもの」としながら「処罰するということに対して、それほど気にしていない」と話した。

    2日、警察によると、ソウル江南(カンナム)警察署はオートバイ運転者の男性と後部座席に座っていた女性に軽犯罪処罰法上過多露出容疑適用の可能性を検討中だ。

    軽犯罪処罰法第3条第1項第33号によると、「公の場所で公然と性器や臀部など身体の重要な部位を露出して他の人に羞恥を感じさせたり少しでも不快感を与えたりした人」は過多露出罪で処罰される。

    警察関係者は「女性がこの軽犯罪処罰法に該当する部分がある」とし「男性は上着だけを脱いだ状態だったが、教唆犯や正犯(罪を実行した者)と判断できる部分がある」と明らかにした。

    先月31日、各種オンライン掲示板には上着を脱いだ男性とビキニ姿の女性が雨に降られながらオートバイに乗っているところを見たという目撃談が投稿された。ヘルメットを被った2人は雨に降られながらソウル江南一帯などを疾走した。

    オートバイを運転していた男性はチャンネル登録者数1万9000人余りを保有するオートバイユーチューバー「BOSS J」だ。同乗していた女性もインフルエンサーだという。

    BOSS Jは2日、中央日報の電話取材に対して警察の調査に対して「処罰を受けたところで軽微な水準なのであまり気を使っていない」と述べた。

    BOSS Jは「(私にとっては)自然な日常だったが、これほど(反応がある)とは思わなかった」とし「少しの間だけでも自由を感じてストレスを解消しようという意味でパフォーマンス的にやったことだった」と話した。

    また「私が言いたかったのは内面の自由で、これが法に反しているとは考えていなかった」とし、ビキニの水着を海水浴場だけで着なければならないというわけでもないのでは」と話した。

    あわせて「犯罪だと考えられるような部分はないと思う」とし「ある人は痛快だったとも言った。好き嫌いが分かれるところ」と付け加えた。

  • 上半身裸の男性がビキニ姿の女性をオートバイの後ろに乗せてソウル市内を走行している様子。[写真 オンライン掲示板 キャプチャー]