韓国HOTニュース
  • コロナ飲み薬 投薬対象を65歳以上から60歳以上に拡大

  • 社会・文化 2022年01月21日 09:51
  • 韓国政府は21日、新型コロナウイルスの経口治療薬(飲み薬)の投薬対象を65歳以上から60歳以上に拡大する方針を明らかにした。また、これまで在宅治療(自宅療養)者と生活治療センターに供給していた飲み薬を今後は療養型病院と療養型施設、感染症専用病院にも供給する。

    金富謙(キム・ブギョム)首相は新型コロナへの対応を話し合う中央災難(災害)安全対策本部の会議で、「(変異株の)オミクロン株により効果的に対処するため、既存の医療対応体系でいくつかの変化を試みる」と説明した。

    飲み薬の投薬対象の拡大のほか、迅速抗原検査の方式を新型コロナ専用検査所にも導入し、オミクロン株の感染が急増している地域を対象に地域の医療機関中心の検査治療システムを優先的に適用すると明らかにした。

    また、感染が確認される入国者が増えていることを受け、入国後の隔離期間にPCR検査に加え迅速抗原検査を実施し、隔離免除書の有効期限を1カ月から14日に短縮するなど、入国管理を強化する。

  • 米製薬大手ファイザーの新型コロナ飲み薬「パクスロビド」(資料写真)=(聯合ニュース)

注目のニュース