韓国HOTニュース
  • 「6億ウォンの損害賠償求める」…歌手パク・ユチョン、元マネージャーが提訴

  • 芸能 2021年12月23日 14:56
  • 歌手パク・ユチョンが元マネージャーから6億ウォン相当の損害賠償請求訴訟を提訴された。パク・ユチョンが放送出演禁止仮処分申請が認容された状態であるにも関わらず個別に活動を続けたというのが訴訟の理由だ。

    23日、法曹界によると、リシエロ代表のA氏は最近、法的代理人を通じてパク・ユチョンを相手に6億ウォン(約5769万円)規模の損害賠償を請求する民事訴訟の訴状をソウル東部地裁に提出した。

    現在、パク・ユチョンは放送出演・芸能活動禁止仮処分申請が裁判所に認容され、芸能活動ができない状態だ。しかし、パク・ユチョンが今も個別に活動を続けているというのが、A氏側が主張する訴訟の背景だ。損害賠償請求金額は、リシエロとパク・ユチョンの契約期限である2026年に準じて策定した。

    A氏はグループJYJ時代からパク・ユチョンの専任マネージャーとして活動した。パク・ユチョンが麻薬波紋後、以前の所属事務所と契約が終了した後もパク・ユチョンと共に独立し、2020年にリシエロを設立した。

    しかし、今年8月、パク・ユチョンがリシエロからまともに精算を受けられなかったと主張し、A氏とパク・ユチョンの間の亀裂が明るみになった。リシエロ側は2020年末、年間売り上げ基準で10億ウォンを上回り、収益金を正常に精算してきたとパク・ユチョンの主張に反論し、パク・ユチョンが日本の事務所と二重契約を締結したとしてパク・ユチョンの契約違反を指摘した。

    一方、パク・ユチョンはA氏をリシエロ代表から解任するための臨時株主総会の開催を通知したことが確認された。A氏側は臨時株主総会代表解任決議禁止に対する仮処分申請を出した。これに対する審理は今月27日、ソウル東部地方裁判所で開かれる。

  • 歌手兼俳優パク・ユチョンさん