韓国HOTニュース
  • 外信が見た韓国「モンテリギ」の悲しい理由…「コロナ・住居価格暴騰で」

  • 社会・文化 2021年11月29日 08:45
  • 最近韓国では「何もせず何も考えない自由」である「モンテリギ(ぼーっとする、Hitting Mung)」が流行っていると紹介する外信報道が登場した。

    25日(現地時間)、米紙ワシントン・ポスト(WP)ソウル発記事で、韓国のモンテリギ現象についてスポットライトを当てた。WPは韓国社会について「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)感染者の増加、高騰する不動産価格、長く苦痛の業務時間、世界で最も速い変化のスピードなどを経験できる場所」と紹介した後、「韓国でまともな成人として生きていくためには激しい圧迫感に苦しめられ、人々は必死に避難所を探している」と説明した。

    最近韓国人が選んだ「避難所」がこの「モンテリギ」だ。WPは「モン」は何も考えない状態を意味する俗語だと説明しながら、「モンテリギ」は業務など日常から逃避する一種の行動だと表現した。WPは韓国人が楽しむモンテリギの種類として、最近のような秋に木々や空をぼーっと眺める「スッ(林)モン」や焚き火を見つめる「プル(火)モン」、川べりなどに座って流れる水を静かに眺める「ムル(水)モン」などがあると伝えた。

    モンテリギを目的として誕生した空間についても紹介した。ソウル城東区(ソンドング)ソウルスッ(ソウルの森)の近くにあるカフェは大きな全面ガラス窓の前に一人用の座席を間隔を開けて配置した。一人でここを訪れた人々は一人席に座ってお茶を飲みながら森を無心に眺め、落ち着くと帰っていく。このカフェによく利用するという客は「心の安定を取り戻すためにピラテスやヨガをやってみたが、それもまたストレスだった」としながら「何もせずに素敵な空間で頭を空っぽにしたまま静かに時間を過ごしたらとても気持ちがすっきりした」と話した。

    別の常連客は「会社の仕事が終わったら家事をしなければならない。少し隙間時間ができると携帯電話だけを見てしまう。実際の睡眠時間は1時間ほどの時が多い」とし「いつも『何かしなければならない』という気持ちに捕われて停止ボタンがうまく押すことができない。だが、ここに来るとただ休息を取ることだけに集中することができるのでよい」と話した。

    他の地域にも似たような空間がオープンしている。済州島(チェジュド)ではコーヒーを飲みながら自分に手紙を書くことができるカフェが「モンテリギにぴったり」として有名になった。釜山(プサン)には片方の壁面のスクリーンに焚き火の映像を流し、「プルモン」の気分を味わえるカフェに客が殺到している。江華島(カンファド)のあるカフェには鏡の中の自身を眺めながら「コウル(鏡)モン」ができる席を用意した。江華島のカフェを訪問したキム・ダジョンさん(32)はWPに「一人でひっそりと、心にゆとりを持ちながら景色を見て、コーヒーを飲んで『モンテリギ』をしながら時間を過ごした」とし「頭の中を占めていた雑念が消えると、心のつかえが取れて前向きな元気が湧いてくるような感じだった」と話した。