韓国HOTニュース
  • 「鶏肉のないタッポックムタン」今度は一般兵士、韓国軍の逆差別配食を暴露

  • 社会・文化 2021年06月18日 09:56
  • 軍隊で新型コロナによる隔離将兵の配食問題が論議を呼んだと思えば、今度は一般将兵が隔離将兵に比べて差別を受けたという、いわゆる「逆差別配食」が炎上している。

    17日、第28師団所属のある兵士はフェイスブックページ「陸軍訓練所の代わりにお伝えします」に夕方配食の写真を掲載し、「15日、夕食として一般兵士たちに肉一つもないタッポックムタン(鶏炒め煮)を提供した」として「コダリカンジョン(タラ煮付け)は量が少なく一個をはさみで2~4回切って小さい2切れずつ与え、海苔一つを添えた」と明らかにした。

    この兵士は「隔離者の食事は2人が食べても十分といえるほど豊かに与え、さらにはサムギョプサルまで提供した」として「(上部に)報告を上げるべきだとして常に先に隔離者の食事を分配して写真を撮るが、隔離者だけがご飯らしいご飯を食べている」と指摘した。さらに、「最近のような熱い天気に苦労する一般将兵は何か」として「毎度このような見せかけの状況に腹が立つ」とした。

    この情報提供に関連し、陸軍第28師団は「立場」を通じて「15日の夕食メニューはタッポックムタン、コダリガンジョン、味付けの海苔、キュウリ玉ネギ漬け、白菜キムチだった」として「当時、給養管理官が現場で料理と配食の全過程を管理監督した」と明らかにした。

    同時に、「メニューの中でコダリガンジョンは配食組(2人)が配食し、残りのメニューは自律配食で運営した」として「配食後にもご飯やタッポックムタン、コダリガンジョンなどすべてのおかずが残った」と主張した。

    部隊は「サムギョプサルの場合、部隊の隔離人員35人に限って追加のおかずとして提供された」として「メニュー別給食量の差があったかは追加で確認し、補完する部分はないか検討する」とした。

  • [フェイスブック「陸軍訓練所の代わりにお伝えします」 キャプチャー]