韓国HOTニュース
  • 韓国大学生4人に1人は仮想通貨に投資、男性・4年生が多い

  • 経済 2021年05月25日 10:17
  • 韓国の大学生4人に1人(24%)は仮想通貨を取り引きしているという調査結果が発表された。就業情報サイト「アルバ天国」は最近、大学生1750人を対象にアンケート調査を実施した結果を24日、公開した。仮想通貨に投資する大学生の割合は、男性(34%)が女性(14%)より20%ポイント高かった。学年別には4年生(31%)が最も多く、3年生(26%)・2年生(24%)・1年生(19%)の順だった。

    アルバ天国を運営するメディアウォールネットワークスのクォン・ヒョンギョン・マーケティング室長は「(質問回答者の仮想通貨)投資期間は平均3.7カ月」とし「ほとんどは今年初めに仮想通貨ブームが再び広がり、投資を始めたとみられる」と伝えた。

    質問に答えた大学生は仮想通貨への投資を始めた理由に「比較的に小額で投資が可能な点」(25%)を挙げた。回答者の元金は平均141万ウォン(約14万円)だった。投資金はアルバイトの収入(66%)で用意したという回答が最も多かった。親から受けたお小遣(16%)や預金・積立金を解約した資金(11%)で仮想通貨に投資したという回答もあった。

    仮想通貨を取り引きする大学生3人に2人(68%)は各種副作用を訴えた。最も多い大学生が挙げた副作用は、仮想通貨の相場が上下するたびに感情起伏が激しくなる点(35%)だった。また▼日常生活で集中力が落ちる▼既存の生活パターンを維持することが難しくなる▼中毒症状を見せる--などを副作用に選んだ。

    大学生の中で仮想通貨の他に財テクをしていると答えた割合は61%だった。財テク方法の中には株式投資(43%)が最も多かった。

  • ビットコイン