韓国HOTニュース
  • 韓国裁判所、T.O.Pに懲役10月執行猶予2年宣告 「初犯で反省中」

  • 芸能 2017年07月20日 14:56
  • BIGBANGのT.O.P(トップ、本名チェ・スンヒョン)が懲役10月執行猶予2年を言い渡された。

    20日午後、ソウル中央地裁で麻薬類管理に関する法律違反容疑を受けていたT.O.Pの宣告期日が開かれた。裁判所はT.O.Pに懲役10月執行猶予2年に追徴金1万2000ウォン(約1194円)を言い渡した。

    裁判所は「被告人は大麻を4回使用している事実に対して犯行をすべて認めており、同事件の公訴事実は適法に採択した証拠を総合するとすべて有罪であると認めることができる。量刑に関しては、麻薬類関連の犯罪は個人の肉体と精神を疲弊させるだけでなく、社会全般に悪影響を及ぼす可能性が高いので厳しく処罰する必要がある。被告人が数多くのファンに愛されていた公人として、家族やファンを失望させた。この法廷で犯行をすべて認めて深く反省をしている点や被告人が再び同じ犯行を繰り返さないことを誓っている点、初犯と認められる点などを勘案した」とその宣告理由を明らかにした。

    一方、T.O.Pは昨年10月、ソウルの自宅で歌手練習生Aさんと計4回にわたって大麻を使用した容疑で起訴された。

  • 大麻使用容疑で起訴されたBIGBANGのT.O.Pが20日、宣告公判のためにソウル地裁に出頭している。

注目のニュース