韓国HOTニュース
  • ドラマ「雲が描いた月明かり」の視聴率 自己最高を更新

  • 芸能 2016年10月18日 11:23
  • 【ソウル聯合ニュース】韓国のKBS第2で毎週月、火曜日に放送されるドラマ「雲が描いた月明かり」(原題)の視聴率が自己最高を更新した。

     視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、17日に放送された同ドラマの第17話の視聴率は全国で23.3%、首都圏で23.6%を記録した。第7話で全国の視聴率が初めて20%を超えたが、13~16話は17~18%台が続いていた。

     17日はSBSで同じ時間帯に放送されるイ・ジュンギ主演のドラマ「麗<レイ> 花萌ゆる8人の皇子たち」がプロ野球中継の延長により休止になった上、最終回(第18話)を控え目まぐるしいストーリー展開を見せたことが視聴率上昇につながった。

     同ドラマは、ハンサムでぶっきらぼうな王子、イ・ヨン(パク・ボゴム)と宮中の宦官だが実は男装しているホン・ラオン(キム・ユジョン)とのロマンスを描く時代劇。第17話はイ・ヨンが毒薬を飲んで倒れるシーンで終わった。最終回は18日に放送される。

  • ドラマ「雲が描いた月明かり」のポスター=(聯合ニュース)

注目のニュース