韓国HOTニュース
  • ドラマ「雲が描いた月明かり」 首都圏で視聴率20%

  • 芸能 2016年09月06日 10:11
  • 【ソウル聯合ニュース】韓国のKBS第2で毎週月、火曜日に放送されるドラマ「雲が描いた月明かり」(原題)の視聴率が首都圏で20%を超えた。

     視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、5日に放送された同ドラマの第5話の視聴率は全国で19.3%、首都圏で20.0%を記録した。

    先月22日に放送がスタートし、全国の視聴率は第1、2話が8%台、第3、4話が16%台と上昇を続け20%にあと一歩に迫った。

     同ドラマは、ハンサムでぶっきらぼうな王子、イ・ヨンと宮中の宦官だが実は男装しているホン・ラオンとのロマンスを描く時代劇。俳優のパク・ボゴムがイ・ヨンを、女優のキム・ユジョンがホン・ラオンを演じる。

     2010年に同局で放送されたドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」に似ているという指摘もあるが、23歳のパク・ボゴムと16歳のキム・ユジョンの初々しさや2人の息の合った演技が視聴者を引き付けている。

     一方、同じ時間帯に放送されたSBSの「麗<レイ> 花萌ゆる8人の皇子たち」の第4話の視聴率は全国で5.7%、首都圏で6.3%だった。7~9%台を記録した第1~3話に比べ落ち込んだ。

  • ドラマ「雲が描いた月明かり」の一部シーン=(聯合ニュース)

注目のニュース