検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国文化と生活

  • 今や韓国内の酒類消費量No.1!韓国ビール(メッチュ)とは?
    韓国のお酒と言えば焼酎(ソジュ)マッコリが有名ですが、実際に韓国内で最も消費されているのはビールです。

    韓国産ビールの価格は2,000ウォン程度(缶ビール、350ml)、アルコール度数は4.5~5%程度。コンビニをはじめ、スーパーなどで手軽に購入できます。飲食店では生ビール、瓶ビールで提供されるのが主で、クラフトビールや輸入ビールも人気で専門店もあります。
    韓国語でビールはメッチュ(맥주、麦酒)と言い、韓国旅行でよく使うフレーズのひとつは「メッチュ ジュセヨ(맥주 주세요,ビール下さい)」ではないでしょうか?

    韓国ビールにはどんな銘柄があるのか?韓国社会ではどんな存在なのか?韓国ビールの様々に迫ります!
    ※クリックで移動
    韓国ビールの代表メーカーと銘柄
    OBビール
    OBビールの前身は1933年創業の昭和麒麟麦酒。代表商品は「CASS(カス)」、実にビール市場のシェア40%に迫る圧倒的な人気を得ています。

    またカスチョロム(카스처럼)という言葉があるようにソメッ(焼酎とビールを混ぜて飲むこと)にも欠かせない庶民のお供。

    サントリーの「プレミアムモルツ」他、海外ビールブランドの提携販売やクラフトビール、発泡酒なども手掛ける韓国を代表するビールメーカーです。
    CASS(カス)フレッシュ (ラガー:4.5%)

1994年発売開始。100%非熱処理工法で作られ、爽やかな清涼感が特徴
    CASS(カス)フレッシュ (ラガー:4.5%)
    1994年発売開始。100%非熱処理工法で作られ、爽やかな清涼感が特徴
    OB(オービー)プレミア(ラガー:5.2%) 

2015年発売開始。ドイツ産のオールモルトを使用した深い味わいと香りがウリ
    OB(オービー)プレミア(ラガー:5.2%)
    2015年発売開始。ドイツ産のオールモルトを使用した深い味わいと香りがウリ
    ハイト真露
    ハイト真露(ジンロ)の前身は、1924年創業の真泉醸酒商会で焼酎製造からスタート、1933年にビール製造のために朝鮮麦酒株式会社が設立されました。

    韓国のビール市場はハイト真露とOBビールの2強ですが、近年はOBビールの「CASS」が優位。ところが2019年に発売された「TERRA(テラ)」が大ヒット。更に2023年には新製品、「Kelly(ケリー)」を発売しました。

    「TERRA」の「ピリッと強い炭酸」に対し、「Kelly」は「まろやかなのに強烈な味」で、正反対のコンセプトで作られた2商品ともに、売り上げは上々です。
    TERRA(テラ) (ラガー:4.6%) 

2019年発売開始。オーストラリアの100%清浄麦芽と発酵過程で出た炭酸を使用。素材へのこだわりが特徴
    TERRA(テラ) (ラガー:4.6%)
    2019年発売開始。オーストラリアの100%清浄麦芽と発酵過程で出た炭酸を使用。素材へのこだわりが特徴
    Kelly(ケリー) (ラガー:4.5%)

2023年発売開始。デンマークの柔らかいプレミアム麦芽を100%使用。ダブル熟成工法により、まろやかなのに強烈な味を実現
    Kelly(ケリー) (ラガー:4.5%)
    2023年発売開始。デンマークの柔らかいプレミアム麦芽を100%使用。ダブル熟成工法により、まろやかなのに強烈な味を実現
    hite(ハイト) (ラガー:4.5%) 

1993年発売開始。すべての製造工程を零下で行うエクストラコールド(2017年~)で喉ごしとスッキリ感がアップ
    hite(ハイト) (ラガー:4.5%)
    1993年発売開始。すべての製造工程を零下で行うエクストラコールド(2017年~)で喉ごしとスッキリ感がアップ
    他には「Max(メクス)」や黒ビールの「stout(スタウト)」などの商品がありますが、2006年から17年間、韓国で初めてのオールモルトビールとして愛されてきた「Max」は、家庭用は2023年5月を最後に、生産を終了しました。飲食店などで提供される生ビールについては、2023年末まで楽しめます。

    ハイト真露は「TERRA」と「Kelly」の2本立て戦略で、韓国ビール市場の1位奪還を狙っています。
    ロッテチルソン飲料
    Kloud(クラウド)(ラガー:5.0%) 

2014年発売開始。ビール発酵原液に水を混ぜない製法で、まろやかな泡とほろ苦い味わいが特徴
    Kloud(クラウド)(ラガー:5.0%)
    2014年発売開始。ビール発酵原液に水を混ぜない製法で、まろやかな泡とほろ苦い味わいが特徴
    1950年創業のロッテグループ系列会社。サイダーやコーヒー、お茶などでお馴染みの総合飲料メーカーで、酒類は焼酎の「チョウムチョロム」が代表商品として有名です。

    「Kloud(クラウド)」はロッテ飲料がビール市場に初めて参入したことで大きな話題となった商品。2015年に発売されたOBビールの「OBプレミア」同様、「薄味の韓国ビール」のイメージを覆すべく登場した商品で、「Kloud」以降、韓国ビールが多様になったと言えるでしょう。
    韓国ビールのモデルがイケメン俳優の訳
    TERRA(テラ)のモデル、コン・ユ(2020年)
    TERRA(テラ)のモデル、コン・ユ(2020年)
    各ビールブランドのモデルは、「TERRA」がコン・ユ(2023年時点)を起用するなどイケメン俳優が名を連ねます。

    「hite」の歴代モデルはカン・ダニエル、ソン・ジュンギ、ヒョンビン、ハ・ジョンウ、クォン・サンウなど。

    「CASS」の歴代モデルはキム・ウビン、キム・スヒョン、イ・ジョンソク、イ・ミンホ、チョ・インソン、チ・チャンウクなど。

    「Kloud」は、2020年にパク・ソジュン、2021年に防弾少年団(BTS)をモデルに起用しました。

    2023年に発売されたKellyは、映画「犯罪都市2」やドラマ「私の解放日誌」などでもお馴染みのソン・ソックを起用して話題になりました。

    いずれも劣らぬイケメン揃いです。ビールの広告に登場することで、「スター」に認定されると言っても過言ではないでしょう。
    今や韓国焼酎「チョウムチョロム」の顔となったスジ(元missA)
    今や韓国焼酎「チョウムチョロム」の顔となったスジ(元missA)
    一方で、焼酎のモデルはほとんどが女性。それはなぜか?

    焼酎は男性のお酒だから。そしてビールは度数も低く、爽やかな飲み口なので、女性をターゲットにしているからというのが、広告モデルの性別がくっきり分かれている理由のようです。

    そのため「Kloud」発売時に女優のチョン・ジヒョンがモデルになった時は、ビール業界がざわついたとか、ざわつかなかったとか…。しかしビールが女性のお酒、焼酎が男性のお酒というのも、もはや時代にそぐわなくなってきました。

    そうした世相を反映してか、「CASS」は2017年にミシュランの三ツ星シェフゴードン・ラムゼイ、2020年に料理研究家のペク・ジョンウォンを起用。有名料理人が認めたビール、というイメージを印象付けました。

    その後コロナ禍によってすっかり変化した消費者意識を反映し、2022年、「CASS」は芸能人を一切起用せず、コロナ禍で疲弊した消費者を癒すストーリーで広告を制作し話題に。若い世代から大きな共感を得ました。広告モデルの変遷も興味深いところです。
    「韓国のビールは味が薄い」の理由は?
    韓国のビールは苦味が少なく、炭酸を感じるスッキリとしたのど越しが特徴です。ゆえに「味が薄い」と言われ、時には「まずい」という不名誉な評判も。

    韓国ビールは日本ビールと同じ、麦芽とホップが主原料です。違いは酒税法。日本では麦芽比率が約50%であるものをビールと定義しているのに対し、韓国では麦芽比率10%以上であればビールとされます。
    麦芽
    麦芽
    ホップ
    ホップ
    しかし、韓国の酒税法の改正は1999年のこと。それ以前は麦芽比率が66.7%と定められていたので、法の改正とは関係なく、現在まで約60~70%の麦芽比率を維持しているとは各ビールメーカーの弁。ちなみにこの酒税法改正の背景には韓国での日本の発泡酒人気が絡んでいるとか。

    いずれにしても、韓国のビールは麦芽を使っていないから味が薄い、まずいという噂が立ってしまったのは、酒税法改正の影響が少なからずあるようです。
    爆弾酒
    爆弾酒
    そもそも、苦みが強くコクがある味より、軽くて喉ごしのよいスッキリとした味が韓国の消費者の好みであり、ビールと焼酎を混ぜ合わせる爆弾酒文化の影響が、今日の韓国ビールの味を作ってきた要因であり、OBビールとハイト眞露の2社独占でビールの商品開発に多様性が乏しかったという見方が有力です。
    韓国社会におけるビール事情の変遷
    韓国国税庁の統計によれば、1966年の酒類消費に占める割合はマッコリ73.7%、焼酎14%、ビール5%と続いていたのが、2021年にはビールが41.0%、焼酎40.1%、マッコリ5.8%と約50年で大きく変化しています。
    転換期はソウルオリンピックと日韓ワールドカップ
    最初の大きな転換期は1988年のソウルオリンピック。ビールの消費が一気に増加しました。現在の定番商品が相次いで登場したのは90年代。1993年に「hite」、1994年に「CASS」が発売されます。

    IMF通貨危機による不景気でビールの消費は落ち込んだものの、2002年の日韓ワールドカップの頃には再び人気を盛り返します。
    輸入ビールとクラフトビールがブームに
    2010年代に入ると輸入ビールが隆盛を誇ります。特に日本のビールが大人気、2009年から2019年まで輸入量が1位という人気ぶりで、韓国の消費者にPRするためのポップアップストアなども話題を呼びました。
    飲食店の看板でも日本ビール取り扱いをPR
    飲食店の看板でも日本ビール取り扱いをPR
    2010年代のもう一つのトピックは、酒税法改正により小規模醸造所の設置基準が緩和されたことにより、いわゆるクラフトビールがブームになりました。専門店も増加すると同時に、コンビニやスーパーなどでも手に入るようになり、既存のメーカーだけでなく、多様な韓国産ビールが味わえるようになりました。
    韓国クラフトビールを牽引した梨泰院の「Magpie Brewing」
    韓国クラフトビールを牽引した梨泰院の「Magpie Brewing
    韓国ビールの多様化
    発泡酒
    発泡酒
    こうした輸入ビールやクラフトビールに対抗すべく、韓国ビールに「Kloud」や「OBプレミア」などの新商品が続々と登場したのは2014年、2015年頃。韓国ビールにも苦味やコクのある味のブランドが増えていきます。

    また2017年以降には発泡酒も登場。ハイト真露の「FiLite(フィルライト)」に続き、OBビールの「FiLGOOD(フィルグッド)」が発売されるや価格の安い発泡酒は存在感を増していきます。
    ノンアルコールビール
    ノンアルコールビール
    発泡酒と同時期にノンアルコールビールも各メーカーから発売されます。ノンアルコールだけでなく、低カロリーなども登場。酔わない、体に良いことなどが求められるようになり、消費者の嗜好は多様化。強いお酒を好むというイメージが強かった韓国の飲酒文化の変化の表れと言えるでしょう。
    個性的なコンビニビールが人気
    こうして多様性を帯びていった韓国のビール文化は、コンビニのビール売り場を見てもよく分かります。

    近年では韓国産のビールだけでなく、日本をはじめとした世界中の輸入ビールの500ml缶が冷蔵庫にずらりと並んでいます。

    1本2,500ウォン~4,000ウォンするこれらのビールのうち、好きな銘柄を選んで4~5本セットでまとめ買いすると、10,000~12,000ウォンの割引価格になるという販売方法は、今や韓国のコンビニでは日常の光景になりました。

    コンビニで販売されるPBクラフトビールも人気を集めています。
    (COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版)

サドンアタック・パン・クリームエール

(エール:4.7%、CU)
    (COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版)
    サドンアタック・パン・クリームエール
    (エール:4.7%、CU)
    CUは、上下に振ってから缶の蓋を開けると「パンッ」と音がする「サドンアタック・パン・クリームエール」、別称「手榴弾ビール」を2023年6月から発売。トロピカルな風味と炭酸、泡が調和したまろやかな喉越しが魅力です。

    コンビニの主な消費層である20~30代が主に利用する、ネクソンゲームズの人気シューティングゲーム「サドンアタック」とコラボした商品です。
    済州ウィットエール(エール:5.3%、済州ビール)
    済州ウィットエール(エール:5.3%、済州ビール)
    GS25、CU、セブンイレブンで販売されている「済州ウィットエール(Jeju Wit Ale)」は、2017年の発売以来、コンビニクラフトビールのベストセラー商品として人気を集めてきました。

    2023年には「広蔵市場(クァンジャンシジャン)」や「ザ・現代 ソウル」で「市場バー」スタイルのポップアップストアを展開、長い行列を作り、更に話題を呼びました。

    材料に済州島産みかんの皮を使用し、爽やかで飲みやすい口あたりです。
    ブールビール(ラガー:4.5~5.2%、GSリテール)
    ブールビール(ラガー:4.5~5.2%、GSリテール)
    GS25で2022年から販売されている「ブール(BEURRE)ビール」は、通称「バタービール」。一風変わったバター風味の味わいがヒットし、2023年には東京・渋谷でもポップアップストアが開催されました。

    バター風味にそれぞれバニラ・キャラメル・アーモンド・ヘーゼルナッツという4種類のフレーバーを加え、濃厚なコクを堪能できます。

    コンビニ発、差別化されたビールが次々と販売される理由は、ビールがコンビニの酒類全体の約6割の売り上げを占めるほど人気だからだとか。今後もどのような商品が出てくるのか楽しみです。
    韓国ビール文化いろいろ
    生ビールの注文は容量で
    生ビールを飲食店で注文する場合、日本では大・中など大きさで頼むのに対し、韓国は容量で注文します。

    「500(オベッ)ハンジャンチュセヨ(500を一杯ください)」と、「ml」をとった数字で頼むのが韓国流。ちなみに生ビールは韓国語で생맥주(センメッチュ)。
    生ビールを確実に飲みたいなら「HOF(ホプ)」へ
    日本ではたいていの飲食店で楽しめる生ビールですが、韓国では韓国式ビアガーデン「HOF(ホプ)」で飲むのが確実。

    最近は生ビールを出すお店も増えましたが、普通の飲食店では意外に「生」がないこともあります。
    ビールと焼酎を混ぜる「爆弾酒」またの名を「ソメッ」
    韓国ビールの味が薄いと言われる理由に、「爆弾酒」を楽しみたいから、という説がまことしやかに流れています。

    「爆弾酒」とは、種類の違うお酒を混ぜる飲み方のことで、ビールに韓国焼酎を入れた「爆弾酒」を「ソメッ(ソジュ(焼酎)とメッチュ(ビール)の略称) 」と言います。焼酎は強すぎるけど、ビールだけなら酔えない、そんな人に好まれます。
    韓国ビールはペットボトルでも販売
    日本ではペットボトルのビールが一般的ではないので、韓国でペットボトルのビールを見て新鮮に感じたことはありませんか?

    日本では賞味期限が短いことを主な理由にあまり利用されていませんが、韓国では1.6リットルの大容量ペットボトルビールがあります。実は諸外国でもよくあるタイプ。

    ちなみに出前(韓国語でペダル)文化が発達している韓国では、チキンの出前を頼む際に生ビールも出前可能。ペットボトルに入れられてやってきます。
    韓国の外飲みはコンビニもあり
    韓国コンビニの店先に簡易イスとテーブルがセッティングされているのを見たことはありませんか?誰でも利用できますが、とりわけ中高年男性が軽く一杯、時には昼からビールなどのお酒を楽しんでいる姿を見かけます。

    気候の良い時には若者からお年寄りまで、手軽な道端ビアガーデンがコンビニの店先で繰り広げられています。
    野球観戦にはビール
    マウンドのグリーンと黄金色のビールがよく似合う
    マウンドのグリーンと黄金色のビールがよく似合う
    球場内外はもとより、競技中もビールの売り子がやってくる韓国野球。野球観戦はもちろんですが、球場内には飲んだり食べたりピクニックのようなムードが流れます。ビールのお供の人気NO.1はチメク(チキンとビール)。
    韓国でもビールサーバーを背負った売り子さんがお馴染み
    韓国でもビールサーバーを背負った売り子さんがお馴染み
    球場前には屋台がいっぱい
    球場前には屋台がいっぱい
    韓国ビールにあう韓国グルメ
    どんな食べ物とも相性の良いビールですが、韓国ではいわゆる食べ合わせ(궁합、クンハッ)に意外にこだわる傾向があり、ビールにあうのはコレという食べ物があります。
    韓国チキン
    韓国でビールのつまみといえばこれしかない!と、ほとんどの人が口を揃えて支持する定番のおつまみがチキン。チキンとメッチュ(ビールの韓国語)を意味する「チメク」という言葉があるほど。

    韓国チキンは日本人をはじめ外国人にも人気で、今や韓国グルメの代表メニューに昇格しています。
    コルベンイ(つぶ貝)の和え物
    つぶ貝をにんじん、きゅうりなどの野菜と酢コチュジャンで甘辛く和えたもの。添えられた素麺と混ぜて食べます。昔ながらの味ですが、老若男女を問わず人気メニュー。

    主にお酒のおつまみなので、飲み屋で食べられます。乙支路(ウルチロ)には「コルベンイ通り」と呼ばれるコルベンイの専門店が集まっている通りもあります。
    乾きもの
    ノガリ」というスケトウダラの幼魚の干物から、イカやビーフジャーキー、ナッツなどの盛り合わせまで様々。

    乙支路(ウルチロ)3街駅付近の裏路地には、ノガリと生ビールを提供する居酒屋が集まる「ノガリ横丁」があり、大衆的な情緒たっぷりの雰囲気の中、ビールを味わえます。

    ノガリは他にホプ(ビアホール)飲み屋屋台、バーなどでもビールのお供の定番です。
    ピザ
    ビールのおつまみのニューフェイス。「チメク(チキン+ビール)」の次なる黄金の組み合わせとして、 「ピメク(ピザ+ビール)」という言葉も登場しました。もともと韓国で人気のピザ。ピメクという言葉と共に、ピメク専門店も現れました。
    韓国旅行でビールが飲めるグルメのお店を予約したい!
    基本的にどんな料理とも相性の良いビール。とっておきの韓国グルメのお店を予約して、ビールをお供においしい料理を堪能すれば、旅行の楽しさも倍増です!

    コネストでは韓国の食堂・レストランの事前予約を承っています。お店はコネストで紹介していないお店でもOK!韓国語ができない旅行客でも安心して韓国旅行の準備ができるようサポートします。

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        注目のトピックス
          韓国旅行の予算はおいくら?
          406人に聞きました!日本から韓国へ旅費の相場を大調査
          韓国旅行持ち物チェック
          韓国旅行が再開!もう一度確認しよう
          SIMカードとどう違う?eSIMのメリットや使い方を解説
          韓国旅行での使い方を徹底解説!
          ソウルのおすすめひとりごはんガイド
          利用しやすいメニューからチャレンジしたい鍋、焼肉まで
            最新記事
              韓国の焼酎(ソジュ)文化
              韓国の国民酒!ソウルのチャミスルはじめ、地域ごとの種類を一挙紹介
              韓国人のソウルドリンク・バナナ牛乳
              子供も大人も好きな韓国国民的乳飲料バナナ牛乳とは?
              韓国の食文化と食事マナー
              韓国料理の特徴や知っておきたい食事マナーをご紹介!
              賞味期限はいつ?韓国の食品表示の見方
              カロリーやアレルギー成分は?お土産探しの参考に!
              掲載日:23.06.20

              更新履歴を見る

              ※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
              ※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
              設定