検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国文化と生活

  • プゴク(プゴグッ)とは?
    プゴクとは、プゴ(干しスケトウダラ)を入れて煮込んだあっさり味のスープで家庭料理として親しまれており、一般食堂の定番メニューでもあります。豊富な栄養素を含んでいるプゴクは、酔い覚ましに効果的で、二日酔いの際に食べられるヘジャングッ(へジャンは解酲、解腸と書くことも)としても人気です。

    ちなみに、スケトウダラは韓国語でミョンテ(明太)、加工していない生の状態のものはセンテ(生太)と言い、その卵はおなじみの明太子で韓国でもよく食べられる食材です。
    干しスケトウダラは2種類ある!?
    1.干しミョンテ 2.獲りたてのミョンテ 3.干されたファンテ 4.保存されたファンテ 5.明太子
    1.干しミョンテ 2.獲りたてのミョンテ 3.干されたファンテ 4.保存されたファンテ 5.明太子
    日本語に訳すと同じ干しスケトウダラですが、加工方法によってプゴ(北魚)、ファンテ(黄太)と呼び方が異なります。

    プゴ:獲りたてのスケトウダラの内臓をきれいに取り除き、比較的温かい海風にさらして、水分がなくなって硬くなるまで1ヶ月ほど干したもの。

    ファンテ:産卵期(4~12月)に獲ったスケトウダラを氷水につけて、真冬の雪の中で風にさらしながら、長期間凍らせては溶かす過程を20回ほど繰り返して干したもの。やわらかく香ばしい味が特徴で、肉質と香りが山で獲れるトドッ(ツルニンジン)に似ていることから、トドップゴとも呼ばれています。
    ※写真(左)提供:明太&冬の海祭り http://www.myeongtae.com
    気になるプゴの栄養価は?
    さきプゴ
    さきプゴ
    高たんぱく質なプゴは、生の状態であるセンテよりも2倍も多くのたんぱく質を含んでいます。熱を加えると身がほぐれやすく消化にも良く、豊富なビタミンやカルシウム、脂肪、鉄分も含まれており、美容や健康にもグッド。低カロリーのためダイエット食としてもぴったりです。また、二日酔いに効果的なアミノ酸が、センテよりも5倍も多く含まれているのが特徴です。
    プゴクは二日酔いの特効薬
    二日酔いでつらい朝には…
    二日酔いでつらい朝には…
    プゴに含まれているたんぱく質には、アルコールを分解するのに重要な役割を果たすアミノ酸のアスパラギン酸、アラニン、グルタミン酸、グリシン、リシン、メチオニンなどが豊富に含まれています。肝臓に十分なアミノ酸が補給されることで肝臓の機能を高め、アルコール代謝を促進する働きをします。そのため、アルコールを分解してくれる栄養素が豊富なプゴクは、二日酔いの特効薬として人々に愛されています。
    プゴクの作り方
    韓国の家庭でもよく食べられるプゴク。プゴをそのまま沸騰したお湯に入れて味付けするシンプルな調理法から、先にプゴをごま油で炒めてから作るもの、醤油やごま油で和えたものに水を入れて煮込むものなど、作り方も多様です。お好みで、豆腐、溶きタマゴ、ネギ、ダイコン、モヤシなどを入れてもOK。今回は、家でも簡単にできるプゴクの作り方をご紹介します。
    材料(1人分)
    プゴ、またはさきプゴ…30g
    タシダ…大さじ1杯
    ごま油…小さじ1杯
    水…400cc

    作り方
    1.食べやすい大きさに切ったプゴ、またはさきプゴを、ごま油を入れて鍋で軽く炒めます。
    2.プゴに火が通ったら、鍋に水を入れ汁が白くなるまで沸騰させます。
    3.タシダを入れて、味を調節します。
    4.お好みでネギや溶きタマゴなどを入れます。
    5.出来上がり
    ※味が薄い場合は、塩などを入れて調節してください。
    タシダってなあに?
    「タシダ」はCJ第一製糖株式会社から発売されている調味料の商品名です。インマスル タシダ(舌鼓を打つ)という表現から転じたネーミングで1975年に発売されて以来、現在まで家庭用調味料のロングセラー商品として高い人気を得ており、商標登録もされています。

    「タシダ」は顆粒状のうまみ調味料で、チゲなどのスープ類の味付け、煮物や炒め物の風味付けに使われます。牛肉、たまねぎ、にんにくなどの抽出成分の他に、ブドウ糖やL-グルタミン酸ナトリウムなどが含まれています。牛肉の他に、カタクチイワシ、貝の風味のタシダもあります。
    韓国土産にぴったりのプゴク
    インスタント食品なら家でも手軽にプゴクを味わえます。コンビニ、スーパーで販売されているので、お土産にもよいでしょう。箱の中には具とスープ(メーカーによって異なる)が入っているので、水を加えて煮込めばOK。お好みでネギや豆腐、卵を入れてもいいでしょう。

    プゴクは韓国の家庭料理として一般的なので、手作りにチャレンジする方はスーパーに行けば必要な食材はすべて揃います。
    プゴクが買えるお店
    「プゴク」CJ食品 1,950ウォン
    「プゴク」CJ食品 1,950ウォン
    「プゴク」オットゥギ

1,930ウォン
    「プゴク」オットゥギ
    1,930ウォン
    「さきプゴ(ファンテ)」へウォン流通 80g 3,000ウォン
    「さきプゴ(ファンテ)」へウォン流通 80g 3,000ウォン
    「タシダ」CJ第一製糖

10g×12 2,450ウォン
    「タシダ」CJ第一製糖
    10g×12 2,450ウォン
    ※価格は小売店によって若干異なります。
    ソウルでプゴクを食べられるお店
    ムギョドン・ブゴグッチッ
    市庁の裏で約40年、地元で人気のプゴク専門店。プゴやうるち米などでダシをとり、12時間煮込んでつくる白濁スープは滋味あふれる味。薄味のスープはエビの塩辛を入れて調節します。

    「武橋洞 プゴグッチッ」の参考記事はこちら >>
    テンジャン芸術と酒
    居酒屋が多い鍾路(チョンノ)において韓屋(ハノッ)の伝統的な雰囲気があるテンジャン(味噌)ビビンバの有名店。外国人や若者に人気。プゴのスープと蒸し焼きがあります。

    「テンジャン芸術と酒」参考記事はこちら >>
    木蓮食堂
    ヌルンジ(おこげ)定食が人気の家庭料理店。ファッショナブルな街狎鴎亭(アックジョン)にあるが飾り気のない普通の食堂。が、その家庭の味を求めて多くの有名芸能人が訪れます。プゴクの他に餃子スープなども。

    「木蓮食堂」参考記事はこちら >>
    漢南プゴク
    漢南洞(ハンナムドン)に位置する専門店。家族で切り盛りしており、家で食べるご飯のようにおいしく体にもよい料理の提供を心がけているお店です。牛骨を煮込んだスープをブレンドしており独特のコクのある味が楽しめます。

    「漢南プゴク」参考記事はこちら >>
    シゴルヤチェテンジャン
    テンジャン(味噌)ビビンバで人気の庶民派定食屋。ビジネス街である江南(カンナム)にあるので、二日酔いのサラリーマンのためか?!プゴクは朝だけのメニュー。

    「シゴルヤチェテンジャン」参考記事はこちら >>
    おまけ~プゴ(ファンテ)クイ
    韓定食でもプゴ(もしくはファンテ)は定番の食材。焼いたものに甘辛いヤンニョム(薬味)がかかった一品がおかずとして出てくることがあります。プゴクとはまったく雰囲気の異なる味なので、こちらも一度試してみてください。

    江陵イェンナルチッ
    江原道(カンウォンド)・江陵の食材と味付けにこだわった家庭式韓定食を堪能することが韓定食専門店。定食(A)のメイン料理の1つとしてプゴクイが味わえます。

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        注目のトピックス
          レンタサイクル(ソウル自転車「タルンイ」)
          旅行者もOK!公共自転車の借り方は?利用方法と注意点を確認!
          初めての韓国旅行で気をつけたい13のこと
          知っておけば慌てない!韓国旅行初心者の注意点をご紹介
          旅行前に必見!韓国料理人気ランキング
          定番から流行メニューまで日本人が好きな韓国の食べ物といえば?
          韓国の先生の日(ススンエ ナル)
          5月15日は「先生の日」!恩人に感謝の気持ちを伝えよう
            最新記事
              キムジャン(韓国のキムチ漬け文化)
              初冬の風物詩!ユネスコ世界無形文化遺産のキムチ作りに迫る
              お土産の定番!韓国のインスタントラーメン
              どんな種類があるの?売れ筋、トレンド、美味しい作り方など
              キムチの種類
              その種類200以上。韓国の代表的なキムチを紹介
              韓国の激辛インスタントラーメンランキング
              「辛ラーメン」が10位!?韓国の激辛ラーメンが大集合!
              設定