ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国文化と生活

  • 韓国最大規模のデジタルミュージックアワード!
    「2011 MelOn MUSIC AWARDS(メロンミュージックアワード)」は、デジタル音源では最大規模に数えられる音楽配信サイト「MelOn(メロン)」が主催する、年末歌謡アワード。デジタル音源を基盤として集計されることに最大の意味を持つK-POPアワードです。3回目を迎える今年は、寒風の吹きすさぶ11月24日、ソウル東部オリンピック公園にある体操競技場にて開催されました。2011年のデジタルミュージックシーンを彩ったK-POPの星たちが、一同に会します!
    MelOn MUSIC AWARDS 「MelOn MUSIC AWARDS」の審査方法
    授賞式に先立って実施される1次審査を通じて、「TOP10(トップテン)」を決定します(デジタル音源80%+オンライン投票20%)。その一方で各部門別に2次審査があり、その集計結果が受賞式で発表されます(主要部門はほぼすべて、デジタル音源80%+オンライン投票20%)。
    デジタル音源の人気度の忠実な反映に努める、新しいタイプのアワードです。
    主催:MelOn  協賛:SKプラネット  後援:文化体育観光部、韓国コンテンツ振興院
    スターが大集合のレッドカーペット!
    授賞式に匹敵するメインイベントが、スターたちの入場イベントであるレッドカーペット!この日も国内外の報道陣をはじめ、多くのファンがつめかけました。
    イトゥク(SUPER JUNIOR)
    Secret
    ホ・ガク
    Sunny Hill
    パク・ジョンヒョン(リナ・パーク)
    プレゼンターたち
    BADA
    ジン・ボラ
    ウリ
    イ・ヒジン
    キ・テヨン
    (左から)ヤン・ペチュ、ナム・チャンヒ
    キム・ソンオ
    キム・ウビン
    (左から)イム・テギョン、チャ・ジヨン

    グローバルな雰囲気!
    レッドカーペットの前は、人種のるつぼ!韓国はもちろん、日本、中華圏、欧米と、さまざまな肌の色の人々がさまざまな言語で話していました。日本の方もたくさんいましたが、昨年のアワードに比べて今年特に目を引いたのは、欧米のファンが多かったこと!
    From Seoul(ソウル)
    受験戦争から解放されて遊びに来たという、大学生予備軍の男の子たち。特にガールズグループのステージが楽しみとのこと。
    From Taiwan(台湾)
    冬休みを利用してSUPER JUNIORのコンサートを見に来たという台湾の女子大生組!寒空の中1時に来て、レッドカーペットの最前列をゲット!
    From Germany(ドイツ)
    まだ18歳というドイツ人の女の子。友達が韓国で働いていて、旅行で来たのだとか。BEASTやB1A4が好きとのこと。
    授賞式がスタート!各部門の受賞者は!?
    約15,000人のキャパシティを誇る体操競技場。とどろく大歓声のなか、午後7時、今年最初の年末歌謡アワードが華々しくスタートしました。今年は「MBC Drama」「MBC every1」という2つのケーブルチャンネルで生放送!進行は、最近MCとして頭角を現しているSUPER JUNIORのイトゥク、人気アイドルグループBEASTのユン・ドゥジュン、「美男<イケメン>ですね」「オレのことスキでしょ。」の主演女優パク・シネの3人です。
    (左から)ユン・ドゥジュン、パク・シネ、イトゥク
    和気あいあいとした進行
    MC席は客席とも近い!
    キム・ボムス
    (R&Bバラード部門ミュージックスタイル賞)
    イ・スンファン(公演文化賞)
    ペク・チヨン(MBCミュージックスター賞)
    SUPER JUNIOR(TOP10、ネチズン人気賞)
    GD&TOP(BIGBANG)
    (TOP10、ラップ&ヒップホップ部門
    ミュージックスタイル賞)
    BEAST(TOP10、アーティスト賞)
    IU(TOP10、SKプラネット ベストソング賞)
    ホ・ガク(新人賞)
    Sunny Hill(OST部門ミュージックスター賞)
    2NE1(TOP10、アルバム賞)
    「無限に挑戦」西海岸高速道路歌謡祭
    (ホットトレンド賞)
    ノミネートしたスターたちによる豪華なK-POPフェスティバル!
    K-POPスターたちが繰り広げる華やかなステージ。バラードやダンスミュージックなど、さまざまなジャンルの今年の話題曲が一度に楽しめる、なんとも贅沢なひと時でした。
    <パク・ジョンヒョン(リナ・パーク) 「それだけが私の世界」>
    <ホ・ガク with ジン・ボラ 「hello」>
    <f(x) 「PINOCCHIO(ピノキオ)」「HOT SUMMER」などメドレー>
    <IU with キム・ギョンジン 「私だけ知らなかった話」「いい日」 >
    BEAST
    「FICTION」「ピガオヌンナレン ~雨が降る日には~」
    SISTAR
    「Ma Boy」「あなたなんて」「So Cool」
    Secret
    「Shy Boy」「星の光 月の光」「愛はMOVE」
    イ・スンファン
    「千日の間」「スーパーヒーロー」
    ペク・チヨン with イム・テギョン
    その女」「その男
    Sunny Hill
    「ドキドキ」「Midnight Circus」
    ご時世を反映したK-POPアワード
    2011年のK-POPシーンは、多様性のあった年でした。アイドルグループの勢いはより増し、新人グループが次々とデビューするかと思えば、大型グループがこぞってアルバムをリリースしました。ヒップホップやロック、R&B、そしてリバイバルソングやリメイクソングもデジタルチャートの上位にランキング。また、ドラマやバラエティ番組から誕生した曲が話題になるなど、さまざまなジャンルの音楽が人気を得ました。
    今回は欠席者が多かったものの、「2011 MelOn MUSIC AWARDS」の受賞者ラインナップは、そんな一年を再確認できるものでした。
    ※一部授賞式の写真は、主催社側の提供によります。
    <受賞者一覧>
    TOP10 パク・ジョンヒョン、BEAST、f(x)、IU、Leessang、Secret、SISTAR、SUPERJUNIOR、2NE1
    アルバム賞 2NE1 ミュージック
    スタイル賞
    R&Bバラード部門:キムボムス
    ロック部門:CNBLUE
    ラップ&ヒップホップ部門:GD&TOP
    OST部門:Sunny Hill「ドキドキ」(「最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」OST)
    SKプラネット ベストソング賞 IU ミュージックスター賞 ペク・チヨン
    アーティスト賞 BEAST ネチズン人気賞 SUPERJUNIOR
    2011グローバルアーティスト賞 少女時代 ミュージックビデオ賞 T-ARA「Roly-Poly」
    ホットトレンド賞 「無限に挑戦」西海岸高速道路歌謡祭 ソングライター賞 チョン・ヘソン

    NaRoのK-POP入門バックナンバー

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        注目のトピックス
          ついにビザなしで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
          隔離は?観光ビザの取得は?手続きの流れを紹介
          WOWPASS
          両替&カード決済機能で便利にキャッシュレス韓国旅行
          韓国・冬の寒さ対策マニュアル
          凍てつく!?痛い!?極寒シーズンにおすすめの服装!
          韓国旅行とコロナウイルスの状況(毎日更新)
          韓国旅行にいつから行ける?韓国のコロナの最新状況
            最新記事
              第26回 ソウル歌謡大賞
              伝統あるK-POPアワード!EXOが史上初4連覇の快挙!
              第25回 ソウル歌謡大賞
              恒例のK-POPアワード!2015年はあの人気グループが3連覇
              GAON CHART K-POP AWARDS 2014
              旬のK-POPスターが集結!今年栄光を手にしたのは?
              2014 THE SHILLA DUTY FREE FAN FESTIVAL with TVXQ!
              新羅免税店主催!東方神起ファンミレポート
              設定