ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国文化と生活

  • 歌番組を観覧しよう!~LIVE POWER MUSIC編~
  • お気に入り40
  • この歌手をCheckしよう!~ヒップホップ編
    エンタメ系ケーブルチャンネルy-starの「LIVE POWER MUSIC(ライブパワーミュージック)」は、観客が無料で入場できる公開録画形式を取り入れていて、外国人旅行者も比較的行きやすい歌番組の1つです。公開録画は、ソウルをはじめとした首都圏、地方都市など各地で不定期に行なわれます。ヒットチャートにとらわれないイベント性の強い歌番組で、幅広いジャンルのK-POPを気軽にエンジョイしちゃいましょう!
    外国人も観覧しやすい、「開かれた」歌番組!
    ケーブル番組の中では長寿にあたる歌番組「LIVE POWER MUSIC」。大型イベントやフェスティバルなどの協賛で収録が組まれる、いわば特番形式の歌番組です。ソウルをはじめ韓国各地の屋内外会場で収録されるため、「Mカウントダウン」など他の歌番組のように日時、会場、収容人数などが一定していません。けれど、応募などの事前ステップがなく、入場にともなう観客の資格条件もないので、当日は先着順で入場が進行されます。つまり詳細さえ分かれば、外国人旅行者も無料で観覧できる確率が高い歌番組!「見れるなら何とか行ってみたい」「地方だって自力でがんばっちゃうわ!」という方におススメです!
    「LIVE POWER MUSIC」の詳細
    放送日:y-star チャンネル 日曜日18:00~  番組ホームページ
    収録日時・会場:その時によって異なる
    詳細発表日:その時によって異なる ※5日~1ヶ月前
    入場開始時間:収録の約2時間前から ※収録開始後の入退場は、制限されることもある
    ★事前チェック:詳細は毎回、「y-star」ホームページに!
    収録日時、会場、出演歌手といった詳細は、毎回y-starホームページ「公示事項」コーナーにアップされます(韓国語。内容翻訳は、コネストの韓-日テキスト・ウェブ翻訳機能をご利用ください)。「LIVE POWER MUSIC」の詳細は「重要」扱いでリスト内の上の方にあり、探しやすくなっています。アップ当初は出演歌手(毎回15~20組程度)情報がないこともままありますが、徐々に更新されるので、気長に公示事項コーナーをチェックしましょう。
    会場までのアクセスや位置を調べる時は、日本語と韓国語で韓国の地図が検索できるコネスト韓国地図をご利用ください!
    ★当日の留意点
    <入場は先着順>
    当日係員はいますが、入場資格条件、整理券配布などは特になく、基本的には「先に並んだ者勝ち」のムードです。人気のK-POPアイドルが出演する場合は、早朝や前日から列を作ることもあるので、前の方で観覧したい方は早めに現場に到着しておく方が安全でしょう。
    <食事は先に済ませよう>
    コネスト取材時は、会場周辺に焼き鳥やホットドッグ、トッポッキ、オデン(練り物)など定番B級グルメの屋台がたくさん並んでいました。しかし会場によるので、あらかじめ食べておくか、買って入るかが無難でしょう。
    旬のK-POPから、会場だけのスペシャル・ソングまで堪能できる!
    コネスト取材時の会場は、ソウルから車で1時間弱、地下鉄も通っている首都圏・東豆川(トンドゥチョン)市の補助運動場でした。毎年ここで開催される東豆川市の「青少年ミュージックフェスティバル」のラストコーナーを飾っており、会場が変わると言っても地方の場合は同じイベントであることが多いようです。ソウルなら、蚕室(チャムシル)東大門(トンデムン)汝矣島(ヨイド)市庁(シチョン)など、比較的アクセスがいい場所でも開催されます。
    天候が悪くても中止になることがほとんどない ▶

    チャート付けがないため出演歌手の幅が広く、旬のアイドルからビッグネーム、新人歌手が一堂に会する、めずらしい歌番組です。この日も、ダンスからR&B、バラード、ロックまで19組もの歌手が登場し、3時間に渡って収録を行ないました。子どもから大人まで気楽に楽しめるのがポイントですね!また、収録現場ならでは、本放送ではカットされてしまう未放送スペシャルステージが見られるのも魅力です!
    ※収録中の飲食制限は特にありません。
    ※撮影に支障を来たす中途入退場は制限されることがあります。
    ◀ 取材時は専属MCのデニー・アンが進行(イベントによってはMC変更もあり)

    <f(x) 「PINOCCIO(Danger)」「Gangsta Boy」>
    ダンスグループのf(x)(エフエックス)は、地上波歌番組で3週連続1位に輝いたヒット曲「PINOCCIO(ピノキオ)」と、アルバム収録曲の「Gansta Boy」のステージを華やかに演出!
    <Monday Kiz 「ヒュルル」「胸の痛み」> 
    メンバーの1人が事故死し現在男性3人組のR&Bバラードヴォーカルグループ、Monday Kiz(マンデーキッズ)。この日記者は、彼らを見に来たというカップルや男性グループにも遭遇し、幅広いファン層を持つグループと実感しました!
    <ナ・ユングォン 「あなたがいるから笑う」「僕だったら」> 
    「マイダス」など韓国ドラマや映画のサウンドトラックにも名を連ねる、バラード歌手のナ・ユングォン。代表曲「僕だったら」と、2011年にリリースされたデジタルシングル「あなたがいるから笑う」を披露しました。
    <HANDSOME PEOPLE 「Shall We Dance」「Crazy」> 
    バラード歌手tei(テイ)が、ロックバンドHANDSOME PEOPLE(ハンサムピープル)を結成!一見似合わなさそうですが、実は学生バンド出身という隠れた(?)過去も。
    キム・テウ
    【R&B、バラード】
    チョンイン
    【R&B、アーバン】
    Urban Zakapa(アーバン・ザカパ)
    【R&B、アーバン】
    ミジュ・キム
    【R&B、バラード】
    DIA(ディア)
    【バラード】
    コブギ(TURTLES)
    【ダンス】
    キム・ジョンミン(KOYOTE)
    【ダンス】
    ALi
    【ロックバラード】
    CHICHI(チチ)
    【ダンス】
    カン・ハニ
    【ポップバラード】
    ヤン・ウンソン
    【バラード】
    Swincle(スウィンクル)
    【ダンス】
    SpinEL(スピネル)
    【バラード、フォーク】
    アンド・ユー
    【バラード】
    Unina(ユニナ)
    【ダンス】
    観客の生の声が聞きたい!突撃インタビュー
    何回も参加しているという学生から、地元の家族連れまで、たくさんの観客が来場。コネストの突撃インタビューには、元気いっぱいの地元の中高生が応じてくれました!
    初参加ですか?
    はい、初めて来ました!日本に私たちの顔が出るなんて面白い~!
    高校生ですか?
    実は中3なんです。忙しい時期ですが…今日は遊びにきちゃいました。
    今日のお目当ては?
    一番はf(x)です!でも、キム・テウとキム・ジョンミンも楽しみです。
    初参加ですか?
    地元で「LIVE POWER MUSIC」を収録する時は、いつも来ています!今まで見た歌手は、SS5012AMBrown Eyed Girls、元H.O.Tのムン・ヒジュンなどたくさんいますよ!
    今日のお目当ては?
    コブギ、ALi、それからf(x)かな!
    今日は何時に会場に?
    今日は夜7時半からなので5時頃来ました。熱烈なファンはすごく早くから来るみたいですが、まあまあいい席をキープできたのでラッキーでした!
    歌番組観覧と一緒に周辺観光もできる
    時にアツく、時にしっとりとK-POPを感じられる「LIVE POWER MUSIC」。ソウルであれ地方であれ、余裕があれば周辺を観光できる楽しみもあります。夏や冬はリゾートで行なわれることもあるので、旅行スケジュールに合わせて情報をチェックしてみてください!

    ★NaRoのおすすめK-POP★
    コブギ(Turtles)4集(CD)韓国盤
    コブギは、2001年にデビューした、現在のK-POPシーンではかなり先輩格のダンスグループです。きれいなお姉さん2人と太ったお兄さん(失礼…)というインパクトのある組み合わせで、明るくさわやかで希望にあふれた歌詞のダンスミュージックが多かったようです。けれど太ったお兄さん…もといコブギのリーダーでヴィジュアル担当(?)の「タートルマン」イム・ソンフン氏が、2008年に心臓麻痺でまさかの急死!コブギのプロデューサーでもあったようで、そのまま活動中止になるかと思いましたが…3年の空白を経て、何と新メンバー加入&カム
    バックですって!けれど2代目「タートルマン」は痩身のフンナム(癒し系男子)と、何かが根本的に違う…。今回代表曲の「飛行機(ピヘンギ)」のステージもありましたがやっぱり力不足で、逆にちょっと切なくなってしまいました。
    …ということで、今回は元祖コブギの「飛行機」が入った4thアルバムをチョイス!

    NaRoのK-POP入門バックナンバー


韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        注目のトピックス
          韓国の電子渡航認証システム(K-ETA)
          遂にノービザ入国再開で新しい手続きが必須に!
          韓国の世界遺産をめぐろう
          昌徳宮、水原華城などの行き方やおすすめはどこ?
          ついにビザなしで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
          隔離は?観光ビザの取得は?手続きの流れを紹介
          韓国旅行持ち物チェック
          韓国旅行が再開!もういちど予習・復習を
            最新記事
              K-POPファン必見!韓国歌番組の収録を観に行くコツ
              せっかく韓国に来たから!月曜から日曜までK-POP観覧
              ミュージックビデオのロケ地を探そう!2
              NaRoのK-POP入門第39回★「行ける」MVのロケ地特集!
              韓国歌番組の観覧方法
              K-POPを生で聴きたい!アーティストに会いたい!そんなアナタは必見。
              ミュージックビデオのロケ地を探そう!
              NaRoのK-POP入門第10回★あの歌のMVは、どこで撮ったの!?
              設定