検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国文化と生活

  • 韓国ドラマ座談会VOL.6
    韓国ドラマ好きのコネスト韓ドラ女子部が、2010年11月から2011年3月までの人気ドラマについてあれこれオシャベリ!今回は、最高潮の人気を呼んだ時の男、ヒョンビンの魅力がつまった大ヒット作「シークレット・ガーデン」や今をときめくアイドル大集結の「ドリーム・ハイ」、日本でも大人気のチャン・グンソク主演の「メリは外泊中」など、イケメン出演のドラマが多く座談会はいつも以上にヒートアップ!すでに日本で放送中のものや、これから日本で放送予定の作品もあるので、ぜひ参考にしてくださいね。
    ※ネタバレあり

    <社会現象になるほどの大ヒット!ヒョンビンブームも再到来!>
    シークレット・ガーデン
    シークレット・ガーデン
    出演:ヒョンビン、ハ・ジウォン、ユン・サンヒョン、キム・サラン、イ・フィリップ
    あらすじ:ひょんなことから、気難しくわがままな財閥2世のデパート社長と、貧しい家庭環境で育った気の強いアクション女優の魂が入れ代わる風変わりなラブロマンス。
    *ドラマ人気でヒョンビンブーム再燃
    *豪華メンバーが歌うOSTも人気、コンサートも開催
    *ドラマのセリフが流行語に
    キャスト 
    C代: シークレット・ガーデン」 ハマった~!久しぶりの大ヒットだね!
    D香: とにかくヒョンビンが最高だった!
    A子: 強引なオレ様キャラと、とろけるような甘いセリフに私も完全ノックアウトしちゃった。
    E里: インタビューで、ハ・ジウォンも実際に演じながらトキめいたって言っていたよね。
    F奈: 起き上がる度に顔を間近に寄せてする腹筋シーンとか、口についたカプチーノの泡をキスしながらとってあげるコプン(泡)キスとか、女の子ならとろけないわけがない!
    B美: ドラマ人気とともにヒョンビンの人気も最高潮に。入隊したけど、今でもまだまだCMに出まくりだし。早くも2年後の除隊が楽しみ。
    ヒョンビン
    ヒョンビン
    ハ・ジウォン
    ハ・ジウォン
    E里: ジュウォン(ヒョンビン)のセリフも流行語になったよね。「最善ですか?確実ですか?」「いつからそんなにきれいだったの?」「イタリアの匠人がひと針ひと針丹精込めて作った」「社会指導層の」とか。
    D香: 挿入歌の「あの男(クナムジャ)」もヒョンビンが歌っていたよね。俳優なのに歌がうまい!
    F奈: 終盤は毎回流れていたね。ドラマ人気で街を歩くとあちこちで流れていて、歌自体は好きだったのに聴きすぎてちょっとうんざりしちゃった。
    ペク・チヨン ユン・サンヒョン キム秘書がアヨンに告白したレストラン 1.OSTコンサートで熱唱するペク・チヨン
    2.韓流スター役のユン・サンヒョン
    3.キム秘書がアヨンに告白したレストラン
    A子: ペク・チヨンが歌う「あの男」も切なくてドラマにマッチしていたな。
    C代: そのほか、キム・ボムスソン・シギョンOSTに参加して超豪華だよね。ドラマ人気で「シークレット・ガーデンOSTコンサート」も開催したし。
    E里: ジュウォンのいとこの韓流スターオスカー役のユン・サンヒョンは、演技やキャラクターは悪くなかったけど、今回は完全にヒョンビンに人気取られちゃったね。
    B美: キム・サランは助演ながらも、主人公のライムに対抗したり、ナイスバディを披露したり、インパクト大だった。
    C代: イ・フィリップもなかなか良かったよね。在米コリアンだから、英語のセリフも完璧だったし。
    F奈: ジュウォンの秘書(キム・ソンオ)とライムの友達のアヨン(ユ・インナ)のカップルもかわいくて微笑ましかった。
    B美: 最終回はソン・イェジンがトップスター役でカメオ(特別)出演してびっくりしたよ。
    ストーリー、見どころ ※ネタバレあり
    D香: 内容は、財閥男と貧乏女のラブストーリーで親に反対されるっていうありがちなパターンだけど、女の子はこういうの好きだよね。
    A子: 脚本家は、「パリの恋人」「プラハの恋人」「オンエアー」と、多くのヒット作を誕生させた有名な作家らしいよ。
    C代: 主人公の二人の魂が入れ代わるドラマだって聞いて見たけど、ドラマが始まって随分長い間入れ代わらなかったっけ。
    F奈: 私も、観月ありさ、いしだ壱成主演の昔の日本ドラマ「放課後」をイメージしていたけど、ずっと入れ代わったままじゃなく、途中何回も入れ代わったり、雨が降ったら元に戻ったり、オリジナリティがあっておもしろかった。
    B美: 途中までは笑える要素が多くておもしろかったけど、後半はメロドラマ要素が強くキスシーンも多くて、ちょっとしつこかったかな。たくましいはずのライムが毎回泣いてたし。
    E里: 最後、ジュウォンが脳死のライムを助けるために入れ代わって自分が犠牲になろうとするシーンは感動ものだった。なかなかそこまでできないよ。
    D香: エンディングも結構騒がれたよね。「パリの恋人」のようにすべてが主人公の夢だったのではとか、ハ・ジウォンの今までのドラマの相手役がほとんど死んでいるからジュウォンも死ぬのではとか。
    A子: ひとつ気に食わなかったのは、入れ代わったあと、真剣なシーンのときは本当はこうだよって見せるために本来の姿に戻ったこと。ヒョンビンの女性の演技ももっと見たかったのに。
    B美: かわいかった!
    D香: 今回も韓国ドラマお決まりの男性主人公による上半身露出シーンもちゃんとあったね。ヒョンビンとユン・サンヒョンのシャワーシーンが何回もあったり。
    C代: 見ながらロケ地も気になった。清凉里(チョンニャンニ)ロッテ百貨店はジュウォンが社長を務めるデパートとしてよく登場したし、明洞(ミョンドン)弘大(ホンデ)も出たり。
    E里: 超豪華でおしゃれなジュウォンの家も、コネストに問い合わせがあったっけ。「ベートーベン・ウィルス」のロケ地でもあるプチフランスも出てきたり。
    A子: 日本でもヒットしそうだね。内容も重くないから気軽に見やすいし。
    ジュウォンが社長を務めた清凉里のロッテ百貨店
    ジュウォンが社長を務めた
    清凉里のロッテ百貨店

    <チャン・グンソクとムン・グニョンが仮想結婚!?おしゃれスポットの弘大が舞台に>
    メリは外泊中
    メリは外泊中
    出演:ムン・グニョン、チャン・グンソク、キム・ジェウク、キム・ヒョジン、パク・サンミョン、パク・ジュンギュ
    あらすじ:同名漫画が原作。恋愛とは縁遠かった主人公がインディーズバンドのイケメンボーカルと財閥のハンサム御曹司の2人と仮想結婚をして巻き起こるラブコメディ。
    *美男(イケメン)ですね」に続き、チャン・グンソクが再びバンドボーカル役に
    *帰ってきた!ムン・グニョンのチャーミングでキュートな国民の妹キャラ
    *若者に人気のおしゃれスポット、弘大が舞台に
    キャスト、ストーリー、見どころ ※ネタバレあり
    D香: メリは外泊中」はとにかくチャン・グンソクがかわいくてハマった!
    E里: グンソクファンにはぜひ見てほしいよね。歌手役だから、「美男(イケメン)ですね」みたいに歌声も聞けるし。
    F奈: チャン・グンソクの古着ファションも「コッコジ(花乞食)ファッション」って呼ばれて、話題になったよね。
    B美: 助演だからあんまり目立たないけど、私はキム・ジェウク派!日本語の発音がちょっと落ちたように感じたけど…。
    C代: ムン・グニョンもかわいかったな。前回の「シンデレラのお姉さん」で悪役に初挑戦したけど、また明るくチャーミングなキャラクターに戻って、やっぱりぴったりだよね。
    A子: ゆるふわパーマとか森ガール風のタドニョファッションも似合っていたし。
    チャン・グンソク
    チャン・グンソク
    ムン・グニョン
    ムン・グニョン
    B美: 原作がインターネット漫画だから、展開も少女漫画っぽく単純で気軽に見られたよね。
    D香: でも、メリ(ムン・グニョン)とムギョル(チャン・グンソク)が相思相愛になるのが早すぎて、その後、大きな危機もなく話が進んでちょっと物足りなかったな。
    B美: メリを思うジョン・イン(キム・ジェウク)もムギョルからメリを奪うこともなく、結局恋は実らずで終わってしまうかわいそうなキャラクターだったし。
    E里: 弘大のアーティスティックな若いエネルギー溢れる雰囲気は、ドラマによくマッチしていた。
    C代: ドラマに登場した公園、ライブハウス、お父さんのトッポッキ屋、ムギョルの家、行きつけの居酒屋とかも、ロケ地巡りで人気出そう。
    D香: 韓国にもチャン・グンソクファンが多いけど、視聴率は残念ながら伸びなかったね。
    F奈: SBSの「ジャイアント」「アテナ」、MBCの「逆転の女王」が裏番組だったから、運が悪かったな。
    行きつけの居酒屋 1.行きつけの居酒屋
    2.アーティスティックな街の弘大
    3.ストリートライブした公園
    4.ムギョルのバンドが演奏したライブハウス
    アーティスティックな街の弘大 ストリートライブした公園 ムギョルのバンドが演奏したライブハウス

    <アイドル総出陣!スターを夢見る若者たちの甘酸っぱい学園ドラマ>
    ドリーム・ハイ
    ドリーム・ハイ
    出演:スジ(miss A)、テギョン(2PM)、ウヨン(2PM)、ウンジョン(T-ara)、キム・スヒョン、IU
    あらすじ:スター養成学校を舞台に繰り広げられる学園ドラマ。スターを夢見る高校生の情熱、歌やダンスバトル、そして複雑な恋模様が描かれる。【制作発表会の様子
    *アイドルたちが主役に抜擢
    *ペ・ヨンジュンとパク・チニョンが企画・製作した話題作
    *アイドルの人気ソングもドラマで登場
    キャスト、ストーリー、見どころ ※ネタバレあり
    E里: 放送前から、「ドリーム・ハイ」を大御所のペ・ヨンジュンとパク・チニョンが企画・製作を手がけたと騒がれていたよね。
    B美: 4話くらいまでヨン様本人も出ていたね。みんなに崇拝される何もかもお見通しの神様みたいな理事長役で。
    D香: 最後にまた出るっていう話もあったけど、「太王四神記」で痛めた首が悪化したからって結局出なかったっけ。
    A子: パク・チニョンは、英語教師役でドラマ初出演だったけど、演技も自然で上手だった。
    C代: 元々プロデューサーだから、新人を育てるという役柄が実際の立場と同じで演じやすかったみたい。
    F奈: 主役の2PMのテギョン、ウヨン、Miss Aのスジはパク・チニョンの事務所JYP所属だし、キム・スヒョンはペ・ヨンジュンの事務所KEYEASTの所属だし、そのほかの助演もJYPとKEYEAST所属の子達が多かったよね。
    ヨンパク・チニョン
    ヨン様&パク・チニョン
    B美: あと、今人気絶調の女子高生歌手のIU、女性アイドルグループT-araのウンジョンもインパクトあってよかった!
    A子: キム・スヒョンは主役6人の中で一人だけ俳優なのに、歌も歌手顔負けの実力ですごく上手だったよね。
    テギョン
    テギョン
    ウヨン
    ウヨン
    スジ
    スジ
    キム・スヒョン
    キム・スヒョン
    IU
    IU
    ウンジョン
    ウンジョン
    E里: 話も主人公たちがそれぞれが困難を乗り越え成長していくっていうサクセスストーリーで、見やすかった。友情あり、愛情あり、葛藤あり、対決ありの夢を追いかけるベタな青春ドラマだけど。
    C代: 内容、1話ごとに問題が起こっては解決するっていう1話完結で、飽きずに見られた。
    F奈: 実際のアイドルの曲が挿入歌として流れたり、劇中のダンスの練習曲や課題曲として流れたり、K-POP好きには楽しめたよね。
    D香: 最後にサンドン(キム・スヒョン)がトップスターになってグラミー賞の舞台に立つんだけど、設定が大きすぎ(笑)!
    F奈: 視聴率も20%近くで良かったよね。アイドルファンたちがポンバンサス(本番死守)で見ていたのかな。

    <人気ドラマシリーズのパート2はいかに!?「逆転の女王」&「アテナ」> ※ネタバレあり
    A子: 「逆転の女王」は、女王シリーズ1の「僕の妻はスーパーウーマン」とまた違った意外な結末だったね。
    C代: ドラマ人気で11話延長になったものだから、当初の企画意図とは違った展開になったみたい。延長が決定した時点で、すでにテヒ(キム・ナムジュ)とヨンシク(パク・シフ)がラブラブだったから、2人がくっついてハッピーエンドになるとは思ったけど。
    F奈: でも、子どももいながら会社の社長の息子である年下の上司を好きになって結ばれるって、すごいストーリーだよね。家庭のある人からは反対意見も多かったみたい。
    D香: 元恋人に気持ちが揺れて自分を裏切った夫と別れてよかったっていう賛成派の人もいたけど。
    B美: 今回残念なのは、最初は労働者の悲哀をよく描いていておもしろかったのに、途中からストーリーが恋愛中心になってしまったことかな。
    A子: タイトルが「逆転の女王」だから、最後は仕事で逆転して常務くらいにまで上り詰めてほしかった!
    C代: 韓国の大企業の実情が描かれていたのは興味深かったよね。部長ライン、常務ラインなどの派閥にうまく乗らないと出世できないとか、リアルでおもしろかった。
    E里: キャストはとにかくパク・シフがかっこよかった!
    B美: 検事プリンセス」に続き、今回も人気だったね。好きな人を思い胸が痛むという「クボン(ク本部長)アリ(患い)」や口説きたい男という意味の「コプンナム(コシゴ シプン ナムジャ)」とか、パク・シフに関する流行語も登場したり。
    逆転の女王
    逆転の女王
    キム・ナムジュ
    キム・ナムジュ
    F奈: アイリス」のパート2「アテナ」は、ドラマよりもチョン・ウソン、イ・ジアの熱愛が話題になったね!美男美女でお似合い!
    E里: 劇中では元恋人の仲だったっけ。
    A子: カメオ出演も東方神起のチャンミン、格闘家の秋山成勲が出たりで豪華だった。
    B美: 秋山は1回目の出演で死んだのに、監督にまた出演させてほしいってお願いして再登場したらしいよ。1回目のラストシーンで、再登場したいもんだから指をかすかに動かせて死んでいないことをアピールしたんだって。
    D香: 序盤はおもしろかったけど、徐々に人気が落ちていったよね。視聴率も「アイリス」ほど伸びなかったし。
    アテナ
    アテナ
    チョン・ウソン
    チョン・ウソン
    イ・ジア
    イ・ジア

    <注目の水木ドラマ!「マイプリンセス」&「サイン」> ※ネタバレあり
    B美: MBC「マイプリンセス」の主人公のキム・テヒはやっぱりかわいかった!ブリブリのフリルやレースのついたお姫様ファッションも似合っていたよね。
    C代: でも、配役にちょっと無理があったな。明るくキャピキャピした27歳の女子大生役だけど、キム・テヒは30歳過ぎているし、もうちょっと若い子にやってほしかった。目のシワが気になっちゃった…。
    F奈: 前回の「アイリス」のようなシリアスな役で背伸びしなくても、こういう軽いラブコメのかわいいキャラクターの方がマッチしているよね。
    E里: ソン・スンホンは今回ラブコメ初挑戦だったけど、あんまりイメージとあっていなかった…。
    F奈: 「エデンの東」みたいな切ないストーリーの方があうよね。甘い表情よりも哀愁漂うしぶい視線の方がいい!
    D香: ソン・スンホンのセリフも、「シークレット・ガーデン」のキム・ジュウォンのようなオレ様発言や甘いセリフが多かったけど、ヒットしなかったね。
    A子: 脚本は、「シークレット・ガーデン」の脚本家の弟子が書いたみたい。
    C代: 女子大生が一夜にして皇室のお姫様になるっていうストーリーで、お姫様の相手役が財閥御曹司というところが、「シークレット・ガーデン」と「宮~Love in Palace」を合わせたような感じだけど、いまいちおもしろみに欠けたな。
    B美: 視聴率も序盤は好調だったけど、徐々に落ちていったよね。16話ですぐに終わったし。
    マイプリンセス
    マイプリンセス
    キム・テヒ
    キム・テヒ
    ソン・スンホン
    ソン・スンホン
    E里: SBSの「サイン」は久しぶりの硬派なドラマだったね。解剖医を扱ったドラマで、今回韓国初らしいよ。
    C代: 最後の方で、主人公のジフン(パク・シニャン)とダギョン(キム・アジュン)が手をつなぐくらいで、恋愛要素はほとんどなかったよね。
    F奈: 法医学者のジフンが犯人を捕まえるために、コーヒーに毒が入ったと知りながらもそれを飲んで死ぬっていうのは衝撃的な結末だったね。
    サイン
    サイン
    パク・シニャン
    パク・シニャン
    キム・アジュン
    キム・アジュン
    A子: 政治家の娘がお金で殺人の罪を隠蔽しようとして、ジフンが真実をあばくために犠牲になったんだっけ。
    B美: キム・アジュンのコッコジファッション、ナチュラルメイクのプリンメイクも話題だった。
    E里: 「シークレット・ガーデン」のキム秘書(キム・ソンオ)も犯人役で最後の方出ていたね。
    A子: キム秘書のときのおとぼけキャラとは違って、影のある凶悪連続殺人犯の役でインパクト大だった!

    <そのほかの気になるドラマ「パラダイス牧場」&「欲望の花火」> ※ネタバレあり
    A子: 東方神起のチャンミンがドラマ初出演した「パラダイス牧場」は、そんなにヒットしなかったね。
    F奈: 済州島(チェジュド)を舞台にオール事前撮影で話題にはなっていたけど。
    D香: 時間帯も月火21時だし、みんなあんまりドラマを見ない時間帯だもんね。
    E里: イ・ヨニもかわいくて人気なのに、このドラマではそんなにインパクトもなかったな。
    C代: ここ数年、アイドルの出演ドラマドラマが目立つね。
    B美: 新人俳優があんまりいないし、アイドルはデビュー前から演技トレーニングを積んでいるから基礎ができているし、高視聴率もマークできるしね。子役出身のアイドルも多いし。
    パラダイス牧場
    パラダイス牧場
    欲望の花火
    欲望の花火
    D香: 欲望の花火」は、財閥の権力争いがすごく生々しく描かれていて、とにかく興味深かった。
    E里: ソウとユ・スンホが主要人物なのかと思っていたけどあまり目立たずで、主役のシン・ウンギョンの一人舞台だったね。
    C代: 毎回叫んだりわめいたりすごくて、とにかく女優魂を感じたよ。
    B美: 終盤になって登場人物たちがこれまで表に出なかった秘密を暴露したりして、急展開でストーリーがめちゃくちゃになりこれぞマッチャンドラマ(無理やりな展開などが登場するドラマ)!って感じだった。

    <現在放送中の注目ドラマ> ※ネタバレあり
    A子: イ・ヨウォン、チョン・イル、ナム・ギュリ、チョ・ヒョンジェ、ペ・スビンが出ているSBS水木ドラマ「49日」を見ているけど、結構おもしろいよ!
    C代: 「シークレット・ガーデン」みたいな入れ代わり系で、脳死状態の女性の魂が恋人を失って生きる気力を失った女性にのりうつり、49日以内に自分のために心から泣いてくれる3人を探すという内容で、テーマも重たくなく見やすい。
    B美: 「シークレット・ガーデン」人気で、入れ代わり系のドラマがこれからブームになりそうだね。
    D香: 主演のイ・ヨウォンは「善徳女王」以来のドラマ出演だけど、あのときとはまた違ったかわいらしい魅力で好感持てるな。
    イ・ヨウォン
    イ・ヨウォン
    チョン・イル
    チョン・イル
    ナム・ギュリ
    ナム・ギュリ
    ソン・イルグク
    ソン・イルグク
    チャン・ヒョク
    チャン・ヒョク
    チソン
    チソン
    E里: 今シーズンは、30代の中堅男優が主役の作品が目立つね。
    A子: ソン・イルグクがKBS月火の「強力班」に、チャン・ヒョクがSBS月火の「マイダス」に、チソンがMBC水木の「ロイヤルファミリー」に出て活躍しているよね。
    B美: そういえば「マイダス」って、永登浦(ヨンドゥンポ)のショッピングモール「TIMES SQUARE」で撮影したらしいよ。
    F奈: 最近はアイドル出演のラブコメ系ドラマが多かったけど、30代の俳優たちが出演すると深みのあるドラマに仕上がって安心して見られる!

    <これから放送予定の気になるドラマ>
    B美: 5月から一斉に新しいドラマがスタートするみたいだね。
    D香: キム・スンウ、イ・ダヘ、ユチョン(JYJ)、カン・ヘジョンが出る「リプリー」は超豪華メンバー!
    E里: 主人公の女性が嘘を隠すためにさらなる嘘をつき、最後は嘘のためにすべてを失う危機に陥るという内容みたい。
    A子: 嘘をつく主人公はイ・ダヘに決まったみたいだけど、「推奴(チュノ)」に続き視聴者に反感買いそうなキャラクターだね…。
    B美: 私はユチョン好きだから絶対見る!「トキメキ☆成均館スキャンダル」に続いての2度目のドラマで、今回は現代劇でどんな演技を見せてくれるのか楽しみ。
    カン・ヘジョン
    カン・ヘジョン
    イ・ダヘ
    イ・ダヘ
    ユチョン
    ユチョン
    キム・スンウ
    キム・スンウ
    チャン・ナラ
    チャン・ナラ
    チェ・ダニエル
    チェ・ダニエル
    C代: チャン・ナラも5月から始まる「童顔美女」で、久しぶりにドラマ復帰するらしいよ。
    F奈: 中国ではドラマに出ていたけど、韓国では2005年のリュ・シウォンと共演した「ウェディング」以来の7年ぶりだよね。
    B美: 最近注目されている若手俳優のチェ・ダニエルも出るし期待大だわ。
    A子: 高卒の主人公が人生逆転するサクセスストーリーみたいだけど、チャン・ナラってこういう波乱万丈な奮闘劇が多いね。
    C代: 6月から始まる「美男(イケメン)ですね」に出ていたチョン・ヨンファとパク・シネが出る「あなたは私に恋をした」は、「美男ですね」ファンは要チェックだね!
    D香: 同じくCNBLUEのカン・ミニョクも出るらしいよ。
    F奈: 夢を追いかける若者の愛と友情を描いた青春ドラマで、気軽に見られそうだね。
    チョン・ヨンファ
    チョン・ヨンファ
    パク・シネ
    パク・シネ
    ※一部の写真・ポスター:ドラマ制作会社、放送局提供
    韓国ドラマNOW!のバックナンバー

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        注目のトピックス
          韓国語のあいさつ・基本フレーズ
          現地の人との会話にチャレンジ!旅行で役立つ実践韓国語
          ソウルのおすすめひとりごはんガイド
          利用しやすいメニューからチャレンジしたい鍋、焼肉まで
          韓国旅行の予算はおいくら?
          406人に聞きました!日本から韓国へ旅費の相場を大調査
          SIMカードとどう違う?eSIMのメリットや使い方を解説
          韓国旅行での使い方を徹底解説!
            最新記事
              韓国ドラマ視聴率ランキング2022
              韓ドラの新名作が続出!2022年話題の人気作は?
              韓国ドラマ視聴率ランキング2021
              韓ドラの新名作が続出!2021年話題の人気作は何位に?
              韓国ドラマ「海街チャチャチャ」撮影ロケ地ピックアップ
              大ヒット胸キュンドラマは浦項(ポハン)市で撮影
              韓国ドラマ「イカゲーム(オジンオゲーム)」撮影ロケ地ピックアップ
              世界的ヒットを記録した作品の撮影地はココ!
                最終更新日:11.03.31
              ※記載内容には細心の注意を払っていますが、掲載店との間で生じた損害・トラブルについては、当サイトは責任を負わないものとします。
              ※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
              設定