検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国文化と生活

  • 「父母の日」は、両親に感謝の気持ちを表す日
    韓国で毎年5月8日は「父母の日(両親の日、親の日)」。韓国語では「オボイナル(어버이날)」といいます。

    日本には「母の日(5月の第2日曜日)」、「父の日(6月の第3日曜日)」と別々に記念日がありますが、韓国では「お父さんとお母さん」を合わせて意味する「オボイ(어버이)」の日に、両親へ感謝の気持ちを表します。

    儒教特有の観念である親孝行の意識が強く残る韓国。それだけに「父母の日」は韓国人にとって特別な日と言えます。
    「父母の日」の由来
    韓国にも「母の日」があった?
    実は1956年から1972年まで、韓国にも「母の日(オモニナル)」がありました。

    ところが1973年、「父の日もあってしかるべきだ!」という声が高まるや、政府は「各種記念日などに関する規定(大統領令6615号)」により、「母の日」を「父母の日」に改称。以来、現在まで性別を問わず親を敬う日となりました。
    もうひとつ、意外な事実は「父母の日」は韓国で生まれた記念日ではないということ。韓国の「父母の日」は、キリスト教の四旬節(復活祭の46日前から始まる準備期間)初日から第4週目となる日曜日に両親の魂に感謝するため教会を訪れる、英国・ギリシャの風習に由来します。
    儒教文化がのぞくのは、韓国ならでは
    とはいえ、儒教文化が色濃く残る韓国ならではの特徴も見られます。

    まず、「母の日」でもなく「父の日」でもない「父母の日」という考え方。「父の日」が存在しないことを受けて「父母の日」となったのが最大の理由のようですが、儒教思想の影響では?と思われる部分もあります。

    儒教において「親子」とは、最も基本的な関係。その意味で父母の区別は特にしないのです。
    また、韓国で親子関係は社会的な関係にも適用される傾向があり、「下宿(ハスク)の大家さん」や「監督」など、普段「親」同然に接してくれている人に対しても、「父母の日」に花などを贈ることがあります。
    「父母の日」はどう過ごす?
    「父母の日」は、家族で集まったり外食をして過ごすのが一般的。記念日にホールケーキを囲む習慣がある韓国では、パン屋に「父母の日ケーキ」が並ぶこともあります。

    日本と同じく、韓国も「父母の日」の贈り物の定番といえば「カーネーション」!「父母の日」が近くなると、花屋の店先や街の所々に色とりどりのカーネーションのブーケや鉢植えが出現します。

    近年はあまり見かけませんが、コサージュのように胸元にカーネーションを一輪あしらったお父さんお母さんの姿を目にすることもあります。
    「父母の日」の贈りもの事情
    「父母の日」の予算は?
    30~50代の消費者400人中「父母の日」にプレゼントを準備する予定がある人は約6割というアンケート結果があります。※注1

    また、会社員約3,200人に対し行ったアンケートによると「父母の日」の予算総額は、既婚者は約330,000ウォン、未婚者は約250,000ウォンのようです。※注2

    この金額の多くは、お小遣いとして両親にプレゼントされます。韓国では「父母の日」のほか、誕生日などの記念日に親子間であってもお金や商品券を渡すケースが多くあるため、外食費や花束などのプレゼントにお小遣いまでを加味すると、決して少額ではないお金が動くようです。

    ※注1:2020年の中央日報記事内、韓国のオンラインショッピングサイト「eコマース」調査より
    ※注2:2018年放送のSBSニュース内、韓国の就業ポータル会社「インクルート」調査より
    「父母の日」に贈るプレゼントは?
    韓国の「父母の日」に、実際に韓国人は何をプレゼントしているのでしょうか。韓国のホーム家具企業が自社ブランドの会員1,472名を対象に行った調査によると「モノをプレゼントする」が44.0%、「お小遣い」が40.8%、「カーネーション」が11.6%、「旅行」が1.5%、「外食」が1.4%と続きました。※注3

    最近のトレンドとして、フラワーボックスや、ディフューザーも挙げられました。

    ※注3:2019年のソウル経済記事内、韓国のホーム家具企業「DECOVIEW」調査より
    一方で外食や公演チケット、旅行など、形として手元に残る物よりは思い出に残るプレゼントを選択する人や、若さや健康をプレゼントしたいということで化粧品健康食品、健康診断を贈る人もいるようです。
    「父母の日」に添えたいメッセージ
    韓国の「父母の日」に用いられる定例メッセージはありませんが、感謝を表す「감사합니다(カムサハムニダ、ありがとう)」や韓国では家族間でも用いられる「사랑합니다(サランハムニダ、愛しています)」などの言葉を添えるとよいでしょう。
    「父母の日」に使える!韓国語フレーズ
    ◆末永く一緒にいてください(長生きしてください)
    오래오래 함께 해주세요.
    オレオレ ハムッケ ヘジュセヨ

    ◆愛情をもって育ててくださりありがとうございます
    사랑으로 키워주셔서 감사합니다.
    サラウロ キウォジュショソ カムサハムニダ
    5月の韓国は「家庭の月」
    こどもの日、父母の日、成年の日先生の日とイベントが多くある5月を、韓国では「家庭の月(가정의 달、カジョンエ タル)」と呼びます。

    親しい人に感謝の気持ちを伝えられる良い機会である反面、支出が多い月との印象を持つ韓国人も多くいるのが事実。韓国の就業ポータル会社が行った調査によると、約7割の人が「父母の日」を負担に感じており、理由の多くは出費がかさむためと回答をしました。※注2

    ※注2:2018年放送のSBSニュース内、韓国の就業ポータル会社「インクルート」調査より
    日頃の感謝の気持ちを込めて…
    家族間の結びつきが深く、子どもが両親を思う気持ちが強い韓国。予算の高さやプレゼントの多様さにもそういった一面が反映されているようです。

    普段は照れくさくて、面と向かって言えない「ありがとう」のメッセージを伝えるチャンスでもあります。

    今年の「父母の日」も、韓国の街角では、誇らしげな顔で微笑むお母さん・お父さんの姿が見られるはずです。

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        注目のトピックス
          高速ターミナルで駅直結ショッピング!1dayモデルコース
          プチプラGOTOMALLから免税店まで!ご飯も網羅♪
          レンタサイクル(ソウル自転車「タルンイ」)
          旅行者もOK!公共自転車の借り方は?利用方法と注意点を確認!
          若者の街!弘大(ホンデ)おすすめスポットガイド
          アートから夜遊びまで!弘大エリアを徹底解説
          韓国ドラマ視聴率ランキング2020
          韓ドラの新名作が続出!2020年話題の人気作は何位に?
            最新記事
              三一節
              韓国の3大祝日の1つ。自由と平和をかみしめて
              韓国のクリスマス
              韓国のクリスマスは祝日!気になるケーキやプレゼント事情
              韓国の冬至
              韓国の冬至の食べ物といえば甘くない小豆粥で厄除け
              ペペロデー(韓国のポッキーの日)
              11月11日、韓国では大切な人に「ペペロ」を贈る!
              設定