検索
グローバルナビゲーション
サービス一覧

韓国文化と生活

  • 「サムルノリ」誕生30周年―創始者4人が10数年ぶりに集結!
    サムルノリといえば、チャンゴ(杖鼓)、ケンガリ(鉦)、チン(銅鑼)、プク(太鼓)の4種類の伝統打楽器を使った韓国の代表的な民俗音楽だ。ダイナミックでスリル感のある演奏は世界的にも人気があり、韓国人も自国の代表的な伝統芸能と思っている。 しかしこのサムルノリ、実は誕生して30年しかたっていない新しい芸能だ。30年前にサムルノリをはじめた4人の若者はいま50代の先生となったが、この4人が再び同じ舞台に立つ。サムルノリ誕生30周年記念公演が、ソウル市の世宗文化会館で行われる。4人が同じ舞台に集まるのは10数年ぶりのこと。歴史的なコンサートになりそうだ。
    創始者の一人、李光壽(イ・グヮンス)氏  創始者の一人、金徳洙(キム・ドクス)氏

    世界で受け入れられ、韓国の代表的な伝統芸能に育ったサムルノリ
    1978年、プンムルという伝統芸能のプロ奏者だった4人の若者が、韓国各地に伝わるリズムを抽出し再構成し、舞台用音楽として全く新しく作り上げた。彼らのチーム名が「サムルノリ」だった。 サムルノリはまず外国で受け入れられ、その後韓国でもブームとなった。82年、東京のサントリーホールでの舞台は成功を収め、映像としてもきちんと記録され、伝説となっている。
    4人のうちの一人、イ・グヮンス氏は「韓国人がまだ社会主義圏に行けない時代にも、モスクワもユーゴもどんな国でも行った。チャンゴやケンガリの4つの楽器があれば、どこに行ってもやっていける。飯は出てくるし、酒は出てくるし、かわいい・・・も出てくる」と笑う。
    50代となった彼をはじめ、キム・ドクス氏ら4人はサムルノリ創始者として、すでに韓国伝統芸能の大先生である。サムルノリは韓国の学校でも教えられるようになり、チームは星の数ほどある。
    あるチームのサムルノリ  さまざまな団体の
    公演がいつもどこかでされている
    彼らは男寺党(ナムサダン)という、村々をまわってプンムルを見せて食っていく旅芸人集団の出身だ。5、6歳から男寺党に加わって流浪の生活を送ってきた。男寺党最後の世代である彼らは、廃れていく旅芸人の技術を、現代に適した形に作り変え、成功したという訳だ。
    失われ変化し続ける農村の文化だったプンムルは、サムルノリという形で現代韓国に根付き、韓国の代表芸能にまで育った。4人の功績は、伝統打楽器の普及、各地のリズムの保存、男寺党の技術の継承という点でとてつもなく大きい。反面、昔ながらの味のあるプンムルが、技術や「魅せる」ことを重んじるサムルノリの影響を受けて現代的に変化しているという負の面も指摘されている。
    男寺党の技を受け継ぐ
    重要無形文化財団体の公演
    サムルノリの歴史を語る4人

    30周年記念公演に向けて、リハーサル開始
    サムルノリ30周年記念公演に向けて、4人のリハーサルが始まった。ケンガリはイ・グヮンス氏、プクはチェ・ジョンシル氏、チャンゴはキム・ドクス氏、チンは他界したキム・ヨンベ氏に代わって途中から加わっていたナム・ギムン氏だ。
    さすが創始者として世界中で公演していた4人。久しぶりの4人での演奏だが、演奏するにつれて息もあってきて、超絶技巧で魅せてくれる。
    4人はそれぞれが後進の指導、世界中での演奏などで活躍している。3月の韓国での公演のあと、日本の各都市を含めたワールドツアーに出発する予定だ。イ・グヮンス氏は「歳も歳だし、40周年は難しいだろう。これが最後のオリジナルメンバーでの演奏になるはず」と話していた。それでも彼らはまだ50代中盤。これからも活躍を続けるだろう。サムルノリのオリジナルメンバーが再び同じ舞台で演奏するというのは、韓国芸能界では歴史的なことだ。これからもこのような貴重な公演が行われることを願う。

韓国旅行おトク情報

    この情報を共有
        注目のトピックス
          韓国のコロナウイルス状況(随時更新)
          韓国での状況は今どうなっているの?
          初めての韓国旅行で気をつけたい13のこと
          知っておけば慌てない!韓国旅行初心者の注意点をご紹介
          韓国ドラマ視聴率ランキング2020
          韓ドラの新名作が続出!2020年話題の人気作は何位に?
          若者の街!弘大(ホンデ)おすすめスポットガイド
          アートから夜遊びまで!弘大エリアを徹底解説
            最新記事
              伝統舞踊
              三拍子のリズムにあわせて踊る、韓国伝統舞踊
              サムルノリ
              劇的な演奏展開が魅力。個性豊かな4つの楽器が奏でる音の遊び
              農楽(ノンアッ)・風物(プンムル)
              人々の生活とともに発展してきた伝統芸能。3拍子のリズムの虜に!
              パンソリ
              唱い手・鼓手・観客が一体となる「パンソリ」の世界へご案内
              設定